浮遊感のある電子音に、なぜか懐かしさを覚えたレイ・ハラカミの音楽
2017年1月23日 更新

浮遊感のある電子音に、なぜか懐かしさを覚えたレイ・ハラカミの音楽

レイ・ハラカミは1996年のケン・イシイによる変名プロジェクト「Flare」のリミックスでデビュー。UAやNUMBER GIRL、くるり、矢野顕子のリミックスも数多く手掛け、非常に高い評価を受けたレイ・ハラカミ。浮遊感のある音と叙情的なメロディが特徴だった。

942 view

数々のミュージシャンのリミックスを手掛けたレイ・ハラカミ

1970年生まれ、広島出身で京都在住。1996年にKEN ISHIIの変名プロジェクト「Flare」のリミックスアルバム「Re-Grip」においてリミックスで参加。

以後自己の作品の他にUA、Great3、Chocolat、イルリメ、ASA-CHANG&巡礼、二階堂和美などのプロデュースや、くるり、NUMBER GIRL、矢野顕子のリミックスなどを手がけており、トラックメイカーとしても有名である。
レイ・ハラカミ(rei harakami)

レイ・ハラカミ(rei harakami)

UA - SENKO (Rei Harakami Original Mix)

‘99年にセカンド・アルバム “opa*q”をリリースすると、海外での評価は更に拡大。
ドイツで開催されているWeimar Jazz Festival に出演を果たす一方で、Ninja Tune を主催する映像と音楽の融合のパイオニア Coldcut などのリミックスを手がけるなど、ライブとスタジオ・ワークの両面で目覚しい活躍をみせはじめる。

’01年には、サード・アルバム “Red Curb” を世に送り出す。
レイ・ハラカミ(rei harakami)

レイ・ハラカミ(rei harakami)

2005年には日立ビルシステムのCMで小坂明子の「あなた」をリミックスした楽曲を提供、またお台場・日本科学未来館のプラネタリウムで公開された「暗やみの色」の音楽全6曲を書き下ろし、翌年「レイ・ハラカミ feat.原田郁子」名義でサントラを発表。

また2007年から矢野顕子とスペシャルユニットyanokamiを結成。同年にアルバム「yanokami」をリリース。

2008年には映画「天然コケッコー」の劇中の音楽を手がけ、「第62回毎日映画コンクール」にて音楽賞を受賞している。

2011年7月27日19時頃に脳出血にて逝去。享年40歳。

Sayonara - yanokami

天然コケッコー(予告編)

1996年に参加したケン・イシイの「Flare」のリミックスアルバムでみせたレイ・ハラカミらしさ

「東洋のテクノ・ゴッド」と呼ばれるテクノミュージシャン、DJのケン・イシイによる「Flare」。
そのリミックスアルバム「Re-Grip」の3曲目に収録されたレイ・ハラカミの「Curved Flow (Rei Harakami Path Mix)」。

この作品がデビューとなった1996年当時の彼の音は、後年の音と比べて少し力強く感じられる。
リミックスということで、原曲から発想を拡げ、彼のエッセンスを足したようなイメージだろうか。
また、当時から後年に至るまでブレない「彼らしい音」を感じられる一曲でもある。

下記のAmazonのリンクページから視聴が可能。

【レイ・ハラカミ自身がデビューの経緯を語ったインタビュー記事】

1996年にFlareのアルバムをリリースしていたSublime Recordsにデモ(ファーストアルバムの3分の1が入ったカセットテープ)を送った事がそもそもの発端です。

デモを送って1週間もしないうちに、Sublimeの山崎マナブ氏から「リリースしたい」という話があって狂喜していたわけですが、その数カ月後、まだ電話でしか話した事のなかった山崎氏から「リミックスやってみる?もちろん良くなかったら没なんだけど…」と言われて、ダメ元で作ってみたら、なぜかリリースされたのです。という単純な経緯でリミックスが公でのデビューとなってしまったわけです。
レイ・ハラカミ

レイ・ハラカミ

≪リスナーの評価≫

ソニーからではなくサブライムレコードからリリースしたケンイシイの変名Flare名義のアルバムを全て収録曲同じでそれぞれをサブライム所属アーティストらがリミックスした作品。

小山田圭吾やサワワキヨシヒロなど当時の豪華メンツがリミックスに参加しているが、特筆すべきは当時まだ無名だったレイハラカミも参加しており、ケンイシイの曲を完全にハラカミサウンドに仕立てており注目だろう。

レイ・ハラカミは浮遊感のあるサウンドが特徴だった

こもっているようで浮遊感のあるサウンドと、どこか叙情的なメロディが特徴である。音源制作にはほとんどローランドのSC-88Proしか用いておらず、そのSC-88Proのサンプリング音を逆再生する手法で独特の音を奏でている。

細野晴臣とのラジオでOpcodeのEZ Visionをシーケンサーとして使用しているとの発言をしている(daisy holiday 2005年6月5日)。 既に開発停止していたことから、Mac OS 9 上で稼働させていた。

Rei Harakami - lust

32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

Zeebra会長による未来志向型イベント「クラブとクラブカルチャーを守る会」が11⽉3⽇に開催!小室哲哉も登壇!

Zeebra会長による未来志向型イベント「クラブとクラブカルチャーを守る会」が11⽉3⽇に開催!小室哲哉も登壇!

Zeebraが会長を務める「クラブとクラブカルチャーを守る会」が主催するクラブの学校が、11⽉3⽇(⾦・⽂化の⽇)に開催される。DJビギナー講座や小室哲哉氏を迎えてのクロストーク・コーナーなどが行われる。
ファットボーイ・スリム!イギリス発のクラブミュージックDJ!日本でも馴染み深い音楽がありますね!

ファットボーイ・スリム!イギリス発のクラブミュージックDJ!日本でも馴染み深い音楽がありますね!

ファットボーイ・スリムと言えば、ハウスマーティンズやビーツ・インターナショナルで成功を収めたアーティストですね!ファットボーイ・スリムは「ビック・ビート」という音楽ジャンルにおいて大御所でもあります!
ひで語録 | 1,284 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 641 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 274 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 220 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト