プロ野球「現役最終試合」特集!90年代に活躍した選手に限ってみても、有終の美を決めたり、盟友に送り出されるなど色々いました!
2019年2月7日 更新

プロ野球「現役最終試合」特集!90年代に活躍した選手に限ってみても、有終の美を決めたり、盟友に送り出されるなど色々いました!

プロ野球において引退を覚悟した選手が時に大仕事をやってのける日があります。それが「現役最終試合」です。一時代を築き、ファンに愛された名選手たちの現役最後のプレーを振り返ります!

24,486 view
プロスポーツ選手にとって、引退は避けられない節目です。
プロ野球の世界においても、私たちは最後の打席や最後の登板など数々の節目を目の当たりにしてきましたね。

ユニフォームを脱ぐことを決意した選手。そんな彼らの現役最終試合のプレーをまとめてみました!

巨人・原辰徳 (はら たつのり)

1995年10月8日 引退

原は三塁手として出場し、引退試合でホームランを放った。
試合後の引退セレモニーでは「巨人軍の4番打者には何人も侵すことが出来ない聖域がある」と語り、「今日、私の夢は終わります。しかし私の夢には続きがあります」との言葉を残した。

原辰徳 382号(引退試合) - YouTube

憧れの長嶋茂雄をも超えたホームラン

21年前、同じ「4番・三塁」で引退試合に出場した、長嶋茂雄監督も引退当日のダブルヘッダー第1試合で通算444号弾を放ったが、第2試合はシングルヒット1本のみ。
原は憧れであり、目標であり、なかなか超えられなかった背番号3ができなかった、引退試合での惜別弾で自ら花道を彩った。

近鉄・山本和範 (やまもと かずのり)

1999年9月30日 引退

山本は最終打席で篠原貴行からカウント0ストライク3ボールで決勝ホームランを放つ。

山本 和範 - YouTube

6:42~
最終打席のシーン

地元・福岡のファンも歓喜

球界最年長となった41歳を迎えた年には、結果的にシーズン中に1試合も出場する機会がなく、球団は最終戦の福岡ドームのダイエー戦に引退試合として最高の舞台を用意しました。

福岡のファンも、カズ山本の最後の勇姿を見ようと思い、多くのファンで超満員になり「山本コール」が起こりました。
そんな中、現役最終打席でホームランを放つと言う偉業を達成しました。

この時点ではまだ現役続行を望んでいたカズ山本選手ですが、この時のホームランの大歓声を聞いた時に「これ以上の感動は今後もう作り出せないだろうな」と思い引退を決意したそうです。

阪神・広澤克実 (ひろさわ かつみ)

2003年10月27日 引退

日本シリーズに入り、大不振。六打席連続三振の
シリーズタイ記録の作ってしまい、しばらくメンバーから外れた。
そして、最終戦、敗色濃厚の、九回ツーアウトとなったところで、
矢野の代打に、広澤が送られた。
大抵の人は察しがつく、「現役最終打席」だった。
そこで彼はホームランを放った。とことんまで「千両役者」だった。

2003日本シリーズ 阪神広澤 現役最終打席代打ホームラン - YouTube

涙する広澤が打席に立つ

56 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

157km/hの「剛球投手」・与田剛 そのスピードゆえに肩や肘の故障と闘った野球人生でした

157km/hの「剛球投手」・与田剛 そのスピードゆえに肩や肘の故障と闘った野球人生でした

「剛球投手」・与田剛。剛速球を投げる新人として、異例のオールスター先発を果たすなど華々しいデビューを果たしました。しかし、その後は怪我に苦しみます。そんな波乱万丈な投手与田剛の野球人生を追います。
ひで語録 | 7,900 view
巨人・西本聖。天下一品のシュートを武器に打者を打ち取りまくった負けず嫌いな大投手でした!

巨人・西本聖。天下一品のシュートを武器に打者を打ち取りまくった負けず嫌いな大投手でした!

西本聖。長嶋監督も天下一品と認めるシュートを用いて、打者を内野ゴロに仕留めていました。巨人時代には江川とWエースの座として活躍。3冠王落合との名勝負もありました。
ひで語録 | 22,015 view
甲子園未経験ながら巨人ドラフト1位・木田優夫 メジャーでも活躍し、セパを渡り歩いた息の長い投手でした

甲子園未経験ながら巨人ドラフト1位・木田優夫 メジャーでも活躍し、セパを渡り歩いた息の長い投手でした

投手・木田優夫。巨人にドラフト1位で入団し、先発や中継ぎ、抑えとして活躍しました。日本とメジャーの各球団に所属した彼の野球人生を追います。
ひで語録 | 3,849 view
マサカリ投法・村田兆治 「昭和生まれの明治男」と呼ばれ、フォークを武器にロッテ一筋で完投にこだわった野球人生でした

マサカリ投法・村田兆治 「昭和生まれの明治男」と呼ばれ、フォークを武器にロッテ一筋で完投にこだわった野球人生でした

ロッテの大投手、マサカリ投法の村田兆治。「サンデー兆治」や「昭和生まれの明治男」と呼ばれました。途中、フォークボールを習得後、更に成績を伸ばしました。最後までロッテで過ごし、完投にこだわりを持った大投手でした。
ひで語録 | 12,241 view
【木田勇】2013年の田中将大投手まで33年間現れなかった1シーズン22勝をルーキーイヤーにやってのけた投手。

【木田勇】2013年の田中将大投手まで33年間現れなかった1シーズン22勝をルーキーイヤーにやってのけた投手。

1980年の日本プロ野球を大いに沸かせた驚異の新人投手、木田勇。日本ハムに入団した彼はルーキーイヤーの1980年に22勝を挙げて史上初のルーキーイヤーに新人王&MVPに輝きました。22勝という勝利数は、その後2013年の田中将大投手まで33年間抜かれることがありませんでした。
青春の握り拳 | 6,685 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト