『ガンプラり歩き旅』その66 ~「最初の」新世代ガンダム! 1/144 Zガンダム旧キット登場!~
2018年6月8日 更新

『ガンプラり歩き旅』その66 ~「最初の」新世代ガンダム! 1/144 Zガンダム旧キット登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開第一弾の第66回は、ひさびさに「ガンプラ」に帰ってまいりましたということで、いきなり『機動戦士Zガンダム』の主役・Zガンダムの、それも1/144の旧キットからのご紹介になります!

4,437 view
廃墟に等しいシャングリラコロニーで、一人の少年、ジュド...

廃墟に等しいシャングリラコロニーで、一人の少年、ジュドー・アーシタが、Zガンダムに乗り込んだ!

.
私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』( https://shimirubon.jp/series/146 )での、 再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。
今回紹介するのは、『機動戦士Zガンダム』の主役・Zガンダムの1/144旧キット。

ゼータガンダム 1/144 13 1985年8月 500円

1/144 Zガンダムのパッケージ。MSVパッケージの...

1/144 Zガンダムのパッケージ。MSVパッケージのリアル箱絵から、再びカラフルなデザインに戻った

.
というわけで、久々の「ガンプラ」復帰第1回は、ツボを抑えまくった『機動戦士ガンダム』(1979年)の続編『機動戦士Zガンダム』(1985年)中盤から登場する、真の主役ガンダム、Zガンダムの1/144 キットの紹介である。

『機動戦士ガンダム』のガンプラは、試験的商品であったフルカラーモデルを除けば、1983年3月の段階で、1/60 ゲルググ、1/100 ゾゴック、1/1200 マゼランで終了しており、その後、1983、1984年は、バンダイがメインスポンサーを務める、富野由悠季監督・サンライス制作の『聖戦士ダンバイン』『重戦機エルガイム』に登場する、オーラバトラーやヘビーメタルのキット化と並行して、ガンプラシリーズの自社二次創作とでもいうべき「モビル・スーツ・バリエーション(MSV)」が並行して展開していた。
2色で成型されたランナーとポリキャップ

2色で成型されたランナーとポリキャップ

.
その商品ラインナップも、アニメ版で没になったデザインから、メカデザイナーの大河原邦男氏によって独自に描かれたオリジナルMSの商品化、そしてその大河原氏に、商品化を前提に依頼した新規バリエーション機体、また当時大ヒットしていたガンプラ漫画『プラモ狂四郎』で登場したオリジナルモビル・スーツのキット化まで、一口にMSVといってもストリームは多岐にわたっていて、エンドユーザーも、完全スケールキットからの移行派や、ガンダム設定マニア、『プラモ狂四郎』ファンなど、多層構造でシリーズは2年に渡って展開された。
商品化ロボットが登場するアニメ原作がないロボットキットで、この規模で商品化が継続して盛り上がった例は、今に至る模型界でも他に例を見ない。

その中で、ガンプラも様々に試行錯誤を繰り返してそのフォーマットや技術レベルもブラッシュアップが積み重ねられていった。
関節可動も、首回転、肩回転、肩開き、上腕ロール、肘曲げ、手首回転、股間開脚、膝曲げ、足首自在接地など、初期ガンプラで個々にあった長所が均一で基本装備になり、その上で「首が前後に傾けられる」「肩が前後にスウィングする」等も取り入れられるようになっていた。
封入された塗装解説書では、まだこの頃はランナーに塗装す...

封入された塗装解説書では、まだこの頃はランナーに塗装する仕様で塗装が開設されていた

.
それら新技術と新規フォーマットが、この『Zガンダム』ガンプラでは、基本的に踏まえられることになる。

一方、MSVと並行する形でキット化が進んでいた『銀河漂流バイファム』(1983年)から、今では常識になったポリキャップが関節軸の保持に用いられることが基本になるようになり、ガンプラも『Zガンダム』からは、基本上腕ロール以外は殆どの関節保持にポリキャップが用いられることになった。
塗装して完成した1/144 Zガンダム

塗装して完成した1/144 Zガンダム

.
『Zガンダム』におけるZガンダムは、冒頭でも記したようにシリーズ中盤から登場する「真の主役機」であり、これは『戦闘メカザブングル』(1982年)以降の富野アニメの法則に従って「シリーズ中盤で主役メカが交代する」を、意図的に踏襲した結果、発想を逆転させるところから始まったアイディアであった。
他ならぬ「『ガンダム』の続編」であれば、その主人公メカには、「初代ガンダムと相似形」という要素と「新ガンダムとしての斬新さ」という要素の、2つの「続編で欠かしてはならないデザイン要素」が求められる。
Zガンダムのサイドビュー

Zガンダムのサイドビュー

.
「それ」を、サンライズ、富野監督サイドは、まず序盤をガンダムMK-Ⅱという、誤解を恐れない言い方をすれば「元のガンダムを“エルガイムのメカっぽく”パーツ配置やディテールなどをブラッシュアップしたデザインのモビル・スーツ」を主役として登場させて活躍させる。
静止画ならともかく、派手に動いているだけであれば、ガンダムMK-Ⅱのシルエットとカッコよさは、初代ガンダムに極めて近いものがある。
Zガンダムのバックビュー

Zガンダムのバックビュー

.
その上で、満を持して第21話『ゼータの鼓動』から、タイトルにもなっているZガンダムが颯爽と登場。ガンダムでありながら初代ガンダムとは顔や配色にその痕跡を遺すだけの意匠で、スパルタンなシルエットから高速戦闘機に変形して、シリーズ後半の敵と渡り合うという展開構想は、主役機交代劇が当たり前になっていた1985年でも、十分なインパクトがあった。
付属するオプション一覧。ビーム・ライフル、シールド、ビ...

付属するオプション一覧。ビーム・ライフル、シールド、ビーム・サーベル×2本。どれもノンギミック

.
さて、ここでようやく、今回の主役、1/144 Zガンダムのキットの解説に移ろう。
このキットは、テレビでZガンダムが初登場(1985年7/27)した直後の、1985年8月に、『Zガンダム』ガンプラではNo.13で登場した。
商品化順では13番でも、間に1/100のガンダムMK-Ⅱ、ハイザック、ガルバルディβ、リック・ディアスを挟むので、1/144としては9番目の商品である。
また、同月にリリースされた1/144のザクタンク、グフ飛行試験型、ザクキャノン等は、実質はMSV商品のパッケージ替えなので、『Zガンダム』完全新作の1/144 キットとしては、前月のマラサイに続き6番目の商品として捉えるのが正解かもしれない。
腕の構造状態。基本、可動すべき部分には全て可動軸が仕込...

腕の構造状態。基本、可動すべき部分には全て可動軸が仕込まれているが……

.
ここまでの1/144『Zガンダム』キット化は、ガンダムMK-Ⅱ(=ガンダム)、ハイザック、マラサイ(=ザク)、リック・ディアス(=ドム)、ガルバルディβ(=ゲルググ)と、どれも何かしら最初の『ガンダム』登場のモビル・スーツの、デザイン上の延長にある機体ばかりで、それらは手法的にはMSVデザインの系譜にあり、1/144 Zガンダムの直後のジムⅡも挟むと、MSVの箱替えキットがラインナップされているのを前提にすれば、バンダイ的には『Zガンダム』のビジネスというのを、MSVキットのユーザーを、そのまま取り込む意図があったことが推察できる。
組み上がった状態での可動範囲。まずは肩から、これが通常状態

組み上がった状態での可動範囲。まずは肩から、これが通常状態

.
肩ブロックの形状と上腕のデザインのため、精一杯広げても...

肩ブロックの形状と上腕のデザインのため、精一杯広げてもここまでが限度。ほとんど広がっていない

.
その中で、少なくともこの時点では、Zガンダムというデザインと存在感は、商品としては異端であった。
もっともアニメの方では既に、メッサーラやアッシマー、ギャプラン等の可変型モビル・スーツが先だって登場していたので、作品の画的にはそれほど極端な異端ではなかったといえよう。
MSV辺りからガンプラは、肩を前後にスウィングする機能...

MSV辺りからガンプラは、肩を前後にスウィングする機能を付け始めたので、このZガンダムでも若干ではあるが肩のスウィングが可能

.
さて、肝心の1/144 Zガンダムのキットの方だが。
満を持しての真打登場であり、主役のキットだけあって、基本的なシルエットとプロポーションの両立は、アニメ設定で見ても満点に近い。
今「アニメ設定で」と書いたのは、Zガンダム自体可変MSであり、ウェイブ・ライダーへ変形することを前提に置くと、胸のコクピット周りの青のパーツの配置や角度など、アレンジ云々以前の問題で、モビル・スーツ時とウェイブ・ライダー時で矛盾が多いのだ。
肘はこの時期にしては珍しく100度近く曲がり、また手首...

肘はこの時期にしては珍しく100度近く曲がり、また手首受けブロックも独立可動するので、この時期にしてはかなり優秀な可動領域を誇る

.
その上で、「アニメどおりに変形するZガンダム」は、バンダイはその後の10月に、1/100で商品化しており、誤解を恐れぬ言い方をするのであれば、「アニメでの変形」を正解とするのであれば、37年間のガンプラの歴史の中で、唯一「完全変形するZガンダム」は、この時の1/100しか、今はまだ存在していないのである。
続いては脚部の可動を見ていこう。まずは開脚。これが通常状態

続いては脚部の可動を見ていこう。まずは開脚。これが通常状態

.
腰のサイドアーマーが邪魔をして、精一杯開脚をしても殆ど...

腰のサイドアーマーが邪魔をして、精一杯開脚をしても殆ど見栄えが変わらない

.
なので、1/144 Zガンダムは、変形機構を最初からオミットして、モビル・スーツ時のプロポーションの再現に全力を注いだ結果、今の目で見ても「アニメ版としては」最高峰の出来を誇るクオリティに至っている。
その後、90年代のHG以降は、バンダイが「模型化しやすいように」「二次元の嘘に整合性をとれるように」元デザイン自体を変える手法が定着していったので、HG以降のZガンダムは、細部のデザインは純粋なテレビアニメ版とは細かく違ってきているので、そういう意味でもこのキットの存在価値は、現代においても色あせるものではないと言い切れる。
脚部の内部構造写真。膝裏の、2枚のプレートフレームが膝...

脚部の内部構造写真。膝裏の、2枚のプレートフレームが膝の屈伸を邪魔することになるのが分かるだろうか

.
キットの方は、上でも書いたが『Zガンダム』1/144 では、関節にポリキャップが標準装備されるようになっている。
この時代なので、ポリキャップは基本「小さくて、ストッパーが角で固定されるB」と「大き目で、ストッパーが円柱軸で、回転可動も可能なA」の2種類を使い分けており、典型的な運用例としては、肘や膝の可動はB、肩、股関節、足首にはAという使い分けが慣例的であった。
2枚のプレートフレームは、デザイン上は必須なので、この...

2枚のプレートフレームは、デザイン上は必須なので、この時期のバンダイは、愚直に立体化するしか選択肢がなかった

.
ランナーの方は、このシリーズから『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)時期までの1/144は、2色のランナーで構成されるフォーマットで統一されるようになる。
例えば、ガンダムMK-Ⅱであれば「グレーと紺」、ガルバルディβであれば「ピンクと赤茶」といった感じであり、このZガンダムも「青と白」であり、赤や黄色、グレーなどの部分は一切ないが、一切塗装せずに組んでも、意外と雰囲気はアニメイメージを崩さないレベルでとどまっている(いや、あくまで当時の印象の話なだけではあるが)。
なので膝関節の可動範囲もここまでどまりである

なので膝関節の可動範囲もここまでどまりである

.
間接可動の方は、これは現代でこそ、デザインとガンプラ技術開発がコラボして新メカを開発するという足並みが揃っているようになったが、この当時は(特に前年の『重戦機エルガイム』辺りから顕著に)プラモデル技術力の上昇と、メカデザインのインフレとが、悪い意味でバッティングしあった結果のキットというのが増えていた。
それでもなんとか、それらしく動かしてみる

それでもなんとか、それらしく動かしてみる

.
これがまだ、大河原邦男氏辺りのデザインだと、格好良さと可動性の実現を常に念頭においた新デザインを発信してくださるのだが、当時の新進気鋭のメカデザイナーの多くは、画としてのメカの格好良さや斬新さには尽力するのだが、それがいざ模型メーカーでキット化するとなった時に、そのデザインで果たして関節が動くのかというエクスキューズへの配慮は、充分とは言えないデザインも多く、ロボットプラモ界は、だからじりじりと市場規模が縮小へ向かっていた。
ビーム・ライフルの取り回しは、心配したほど不自由ではない

ビーム・ライフルの取り回しは、心配したほど不自由ではない

.
市場規模縮小への危機感が「ここはやはり『ガンダム』の続編を」という意見を主流にさせたのだが、では肝心の新主人公ガンダムのガンプラはというと、いざ出来上がったものは、二次元をガンプラ化したものとしては及第点で、ポリキャップなどのマテリアル技術点もハードルをクリアしているのだが、組んだ人ならば分かると思うが、このキット、肘と手首以外は、想像以上に「動いてくれない」キットなのである。
肘と手首の可動は優秀なので、ビーム・サーベルを持たせる...

肘と手首の可動は優秀なので、ビーム・サーベルを持たせるとポージングは悪くない

.
71 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 市川大河 2018/6/10 23:25

    禿信者さん、いつもコメントありがとうございます。
    私的な記憶ですが、MSVが、同時期の「テレビ商品」エルガイムプラモと並行して、どんどん技術力をあげて、スケールモデル化していった先で、ポリキャップ仕様やコストなどはエルガイム系列から、設計等はMSVから、それぞれ融合してスタートしたのが『Zガンダム』ガンプラだったという印象です。
    ただ、この時期、バンダイの技術に対してアニメメカデザイナーさんたちが足並みをそろえきれず「可動ギミックを仕込むのだけれども完成すると動かない」キットや箇所が散見されました。
    今となっては、そこも含めて楽しい思い出ですが。

    禿信者 2018/6/10 21:25

    お疲れさまです大河さん。
    今回は「Zガンダム」というより「ZZガンダムでのZガンダム」という内容でしたね。
    Zのキットはどれもポーズが堅すぎるのが玉に傷でしたが、スマートなディテール、箱のデザイン性などは未来を感じさせるシリーズでした。
    特に第一弾のMk2は、オープニングの格好良さを連想させる箱絵で、今でも自分の中の歴代プラモキットのベスト1です!

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その67 ~シャアが乗る、黄金のモビル・スーツ! 百年を越えろ、百式!~

『ガンプラり歩き旅』その67 ~シャアが乗る、黄金のモビル・スーツ! 百年を越えろ、百式!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。さて今回は、『機動戦士Zガンダム』から、クアトロ・バジーナと名を変えたシャアが乗り込む百式のご紹介。
市川大河 | 4,767 view
『ガンプラり歩き旅』その68 ~ゲルググなのにアムロ機! アムロ専用モビル・スーツなのにゲルググ系!~

『ガンプラり歩き旅』その68 ~ゲルググなのにアムロ機! アムロ専用モビル・スーツなのにゲルググ系!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 2,776 view
『機動戦士Zガンダム』のプラモデル、「HGUC MSZ-006 ゼータガンダム」が4月22日に発売!バンダイの新プロジェクト第1弾!!

『機動戦士Zガンダム』のプラモデル、「HGUC MSZ-006 ゼータガンダム」が4月22日に発売!バンダイの新プロジェクト第1弾!!

バンダイは、「ガンプラ」が2020年で発売40周年を迎えることに向けて、ガンプラの新しいプロダクトを始動することを発表。その第1弾商品として、「HGUC 1/144 スケール MSZ-006 ゼータガンダム」を4月22日より順次発売する。
red | 6,524 view
『ガンプラり歩き旅』その65 ~番外編 ゆけ! ゆけ! 勇者! ライディーン!~

『ガンプラり歩き旅』その65 ~番外編 ゆけ! ゆけ! 勇者! ライディーン!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は『ガンダム』の富野由悠季監督のロボットアニメ初監督作品『勇者ライディーン』(1975年)の、バンダイ製の当時のプラモデルや近年のキットを紹介していきます!
市川大河 | 3,071 view
『ガンプラり歩き旅』その52 ~元々は小説版から生まれた、G3ガンダムとシャア専用リック・ドム!~

『ガンプラり歩き旅』その52 ~元々は小説版から生まれた、G3ガンダムとシャア専用リック・ドム!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第52回のお題は、G3ガンダムとシャア専用リック・ドムの紹介です!
市川大河 | 6,411 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト