『ブルース・リー』の伝説:『燃えよドラゴン』(日本では1973年公開)から始まる「ドラゴンシリーズ」と後世への影響
2016年5月29日 更新

『ブルース・リー』の伝説:『燃えよドラゴン』(日本では1973年公開)から始まる「ドラゴンシリーズ」と後世への影響

『燃えよドラゴン』を中心に『ドラゴン危機一発』『ドラゴン怒りの鉄拳』『ドラゴンへの道』『死亡遊戯』をおさらいしてみましょう。ブルース・リーが後世に与えた影響は甚大です。そこも、さっくりと考察してみましょう。ブルース・リーの格闘の際に発する「アチョー」という独特の叫び声は「怪鳥音」(かいちょうおん)と呼ばれますが、ブーム当時、皆が、「アチョー」「アチョー」言いまくりました。

28,021 view

『ブルース・リー』の伝説:『燃えよドラゴン』(日本では1973年公開)から始まる「ドラゴンシリーズ」と後世への影響

ブルース・リー、リンダ・エメリー、息子のブランドン・リ...

ブルース・リー、リンダ・エメリー、息子のブランドン・リー、娘のシャノン・リー。

ブルース・リー(李小龍、Bruce Lee、出生名:李振藩,1940年11月27日 - 1973年7月20日)は、サンフランシスコ中華街生まれの中国人、香港人、中国武術家、武道家、香港の俳優、脚本家、映画プロデューサーである。

截拳道(ジークンドー)を創始したマーシャルアーティストとしても知られる。墓碑銘は『FOUNDER OF JEET KUNE DO』。リンダ・エメリーとの間に一男一女。息子はブランドン・リー、娘はシャノン・リー。

1973年7月20日に、リーは、『死亡遊戯』で共演予定の女優、ベティ・ティン・ペイ(丁珮) の香港の自宅で頭痛を訴え、鎮痛剤(アスピリンを含むEquagesic)を飲んでベッドに横になった。しかし、そのまま昏睡状態に陥ったため、ティン・ペイはレイモンド・チョウを呼び、そのままクィーン・エリザベス病院へ搬送されたが、死亡が確認された。32歳であった。
ブルース・リーの驚異的な能力

ブルース・リーの驚異的な能力

「Vシット」のまま体を持ち上げて30分以上キープ

「片手で指立て伏せ」ブルース・リーは、2本の指で片手「指」立て伏せが出来た。

ブルース・リーは、指で突くだけでジュースの缶に穴を空けることができた。

ブルース・リーが136kgのサンドバッグを蹴ると、天井にぶつかるほどパワーがあったという。また45kgのサンドバックは、ケリで破裂することも。

ブルース・リーは、極めてストイックなトレーニングメニューを日々こなしていた。その一端を紹介すると、キック2000回、パンチ5000回に加え、ウェストツイスト360回、シットアップツイスト100回、レッグレイズ100回、ラーニングツイスト200回、カエルキック200回……。
ブルース・リーはTART OPTICAL サングラスを愛用

ブルース・リーはTART OPTICAL サングラスを愛用

ブランド:TART OPTICAL
製品名:SURFER col.BLACK RED、SURFER col.WALNUT

『燃えよドラゴン』 1973年に公開され、世界各国で大ヒットとなった。ブルース・リーとカンフーが世界的なブームとなり、多くのフォロワーが生まれた作品である。

ブルース・リーの死後に、『燃えよドラゴン』が公開され、世界的に知名度が上昇

『燃えよドラゴン』(英題:Enter the Drag...

『燃えよドラゴン』(英題:Enter the Dragon・1973年8月17日に米国で公開)

『燃えよドラゴン』(英題:Enter the Dragon、中国語題名:龍爭虎鬥、日本では「龍争虎闘」とも)は、1973年製作、公開のブルース・リー主演のカンフー映画。

ゴールデン・ハーベスト傘下のコンコルド・プロダクション(香港)とワーナー・ブラザーズ(アメリカ)の合作。
配給、及びソフト化の権利は欧米と日本、韓国ではワーナー、日本、韓国以外のアジア(香港、中国、台湾等)ではゴールデン・ハーベスト(1993年からスターTVに移行)が保有する。2004年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。
リーの死後(1973年7月20日死去)、彼が待望していた主演作『燃えよドラゴン』がアメリカを皮切りに世界各地で公開され、ヒットした。

『燃えよドラゴン』でアクションスターとして世界的に知名度が上昇した時、すでにリーは亡くなっていた。死後、『ドラゴン危機一発』などの過去の映画が世界中に配給された。

『燃えよドラゴン』( 1973年12月22日に初めて日本公開)は日本でも大ヒット

『燃えよドラゴン』( 1973年12月22日に初めて日...

『燃えよドラゴン』( 1973年12月22日に初めて日本公開)は日本でも大ヒット

『燃えよドラゴン』(英題:Enter the Dragon)概要動画 - YouTube

1973年12月に初めて日本公開された時点で、ブルース・リー本人は既に故人となっていた(1973年7月20日死去)。

1970年前半は、カンフーは日本に普及していない頃だった。真樹日佐夫によると、当初ワーナーは本作品をメインとせず、他と抱き合わせて採算づけるために極真会館へ鑑賞を依頼した。真樹、兄の梶原一騎、大山倍達の3人がワーナー試写室に出向いて鑑賞し、大山は良く評価しなかったが(ただし公開時のパンフレットで好評と書いている)、梶原は「敵味方に関わらず銃を使えなくなる設定が良く、荒唐無稽さがなくて面白い」と絶賛している。結果として日本でも大ヒットに至った。
ブルース・リーの強いイメージと言えば「アチョー」と「ヌ...

ブルース・リーの強いイメージと言えば「アチョー」と「ヌンチャク」

劇中で使用する武器ヌンチャクは日本でブームになったが、リーが使ったものは正確にはタバク・トヨクとといわれるフィリピン武術・カリの武器である。

当時は、1日100回は「アチョー」と言ってる子供がいっぱいいました。
この写真がやはり「燃えよドラゴン」の象徴的な一枚。

この写真がやはり「燃えよドラゴン」の象徴的な一枚。

リーの妹スー・リンの仇のオハラをコテンパンに負かし処刑...

リーの妹スー・リンの仇のオハラをコテンパンに負かし処刑する。敵討ちをした最後の憂いのあるリーの表情が最高。

燃えよドラゴン ( リーVSオハラ ) 日本語吹替版 - YouTube

燃えよドラゴンで有名な場面。 リー(ブルース・リー)とオハラ(ボブ・ウォール)の試合。 オハラ達に追い詰められてリーの妹スー・リン(アンジェラ・マオイン)は自害していた。 試合中に妹の無念を思い出し宿敵オハラを倒す。
リーが地下に侵入する際にコブラを捕まえるシーンで、コブ...

リーが地下に侵入する際にコブラを捕まえるシーンで、コブラを掴むタイミングを誤り腕を噛まれた。幸いにも、コブラから毒は抜かれていたので傷だけで済んだ。

後のスーパースターであるジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウも『燃えよドラゴン』にやられ役で出演している

ジャッキー・チェン(やられ役)がリーに地下基地で首を折...

ジャッキー・チェン(やられ役)がリーに地下基地で首を折られ、別カットでは長棍で顔を攻撃される衛兵役、最後にヌンチャクで殴られ、プールに落ちる役として出演

この際、リーのヌンチャクが諸にジャッキーの顔面を捉え、その腫れ上がった顔を見るたびにリーはジャッキーに謝罪した。
ユン・ピョウも出ています・・・若い・・・

ユン・ピョウも出ています・・・若い・・・

78 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 思い出 2018/2/24 15:27

    中学の頃、ロードショー初日に観に行きました(横浜ピカデリー当時)
    入場後、燃えよドラゴン上映前と後に次回ロードショー予定の映画・パピヨンのテーマ音楽が延々と流れており、自分的にはブルースリー=パピヨンのテーマ=燃えよドラゴンと言う刷り込み現象が未だにあります。

    上映後、斜め後ろにいた女の子2人組からお声掛け。どこ中?、、(〇中)、、〇中?、、あー百恵ちゃんの(そうそう)じゃタメじゃん(君たちは中1に見える)うそーはははは(そっちは何中?)
    横浜市立〇中(知らん、、)私ミキ(ボク〇〇)ねぇ5,000円でどう(なにが)H(!)(お金ない)
    幾らならあるの?じゃ3,000円!(え、だって、どこで)持ってる3,000円?(…)じゃいこ(どこ)血圧急上昇)
    笑顔で、こっち(迷う、、手を引かれついてく)

    横浜って進んでる。電話boxも貼紙だらけでしかも手書き。まだ恋も知らないのに⤴と飛び越して子供の世界から抜け出したこの日の燃えよドラゴン

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あの伝説のカンフー映画「燃えよドラゴン」がリメイクされることが明らかに!!

あの伝説のカンフー映画「燃えよドラゴン」がリメイクされることが明らかに!!

1973年に公開され、世界各国で大ヒットとなったカンフー映画「燃えよドラゴン」が、米ワーナー・ブラザースによりリメイクされることが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,208 view
今年東映の倉庫で発見されたブルース・リー『ドラゴンへの道』のネガ。早速Blu-ray化され、新年に発売!

今年東映の倉庫で発見されたブルース・リー『ドラゴンへの道』のネガ。早速Blu-ray化され、新年に発売!

ブルース・リーが主演だけでなく監督も務めた『ドラゴンへの道』。同作の日本初公開時に使用されたオリジナルネガフィルムが、今年現像所「東映ラボ・テック」の倉庫で発見されたのを受け、アルティメット・エディションのBlu-rayが、2017年1月25日に発売される。
映画『ドラゴンへの道』香港映画初の海外ロケ作品 監督・脚本・武術指導は李小龍(ブルース・リー)男の子の憧れの的でしたね。

映画『ドラゴンへの道』香港映画初の海外ロケ作品 監督・脚本・武術指導は李小龍(ブルース・リー)男の子の憧れの的でしたね。

アチョー!男の子の憧れ、誰しも真似したヌンチャクは健在。ブルース・リーが初めて監督・脚本・武術指導・主演を兼任した作品。アジアを意識した作品に仕上がっている。あのハリウッド映画のアクションスター、チャック・ノリスが無名時代に出演している。
くれない | 1,163 view
あのヌンチャクを使った名シーンが観られる!ブルース・リーの遺作映画『ブルー・スリー 死亡遊戯』

あのヌンチャクを使った名シーンが観られる!ブルース・リーの遺作映画『ブルー・スリー 死亡遊戯』

1973年に映画『燃えよドラゴン』でカンフー・ブームの立役者となったブルース・リーが最後に出演した映画作品です。
星ゾラ | 55,317 view
【少林寺木人拳】ジャッキー・チェンが主演した最古の映画を振り返る

【少林寺木人拳】ジャッキー・チェンが主演した最古の映画を振り返る

少林寺木人拳はジャッキー・チェンが主演をした、日本で初めて劇場公開された最古の映画になります。その出来栄えは素晴らしく、ストーリーも重厚で、一撃でジャッキー・チェンのファンになりました(^^)/
つきねこ | 3,647 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト