「日本から世界へ挑んだ名牝ダンスパートナー」
2016年12月9日 更新

「日本から世界へ挑んだ名牝ダンスパートナー」

日本に生まれ、4歳クラシックで開花した才女ダンスパートナーは、フランス、香港と世界を駆け巡りました。 そんなダンスパートナーの競走馬人生を振り返ります。

1,625 view

ダンスパートナー誕生~競走馬デビュー

1992年5月25日、ダンスパートナーは父サンデーサイレンスと母ダンシングキイとの仔として北海道千歳市の社台ファームで誕生しました。
5月生まれというのは、成長過程の早い競走馬としては遅生まれで、しかも幼少期は奥手で怪我の多かったダンスパートナーは、まわりの幼駒と比較しても華奢で見劣りするような仔馬だったといいます。

遅れてきた天才少女

そんな幼少期を過ごしたダンスパートナーでしたが、血統背景を関西の白井調教師に見初められ、3歳の11月にようやく入厩しました。
ところがダンスパートナーはゲート入りが大の苦手で、調教が思うように進まず、年の明けた1月にようやくデビュー戦にこぎつけました。
ようやくのデビュー戦となった1月29日の小倉競馬4歳新馬戦 芝1200m。
1番人気になっていたダンスパートナーですがスタートで苦手のゲートにつまずき大きく出遅れました。
ここからの挽回は絶望的とも思われましたが、結果はなんと2着を2馬身近く離して圧勝。
その強烈な末脚は新馬戦レベルではモノが違いました。

出遅れ癖が治らず苦戦の4歳春

ところが2戦目のエルフィンステークス(京都競馬場 芝1600m)でもスタートで大きく出遅れ2着。
続く桜花賞トライアルのチューリップ賞(京都競馬場※ 芝1600mGⅢ)では鞍上を武豊騎手に強化し臨みましたが、やはりまた出遅れハナ差の2着となってしまいました。
出遅れ癖を克服できぬまま迎えた牝馬クラシック初戦の桜花賞(京都競馬場※ 芝1600mGⅠ)ですが、名手武豊の手腕をもってしても出遅れを防ぐことができず、結果はワンダーパヒュームに及ばずクビ差の2着という悔しい結果に終わりました。
せっかく「爆発的な末脚」という天賦の才能を備えているのに、この出遅れ癖が治らなければ、まさに宝の持ち腐れとなってしまいます。
白井調教師をはじめとした陣営はダンスパートナーの出遅れ癖を治すべく荒療治を決行します。
※・・・同年1月の阪神淡路大震災のため京都競馬場で開催

1995 桜花賞

 「厩務員で入った時から、上田先生には馬の可愛がり方、怒り方などいろんな経験をさせてもらった。その経験を生かして、この馬の才能を開花させてやれんかったら、調教師として半人前だと思いましたね。厳しいことも教え込む必要があった。担当の村田(調教厩務員)ばかりでなく、厩舎のスタッフみんなと相談して協力をお願いしたんですよ」
 人と馬との格闘が始まった。狭いゲートの中に30分近くも縛り付けたり、たてがみを引っ張って強引に押し込んだ。プライドの高い才女にすれば屈辱的な仕打ちに思えたに違いない。もちろん最初は抵抗したが、懸命な人間の思いが通じたのだろう。それがイジメによるものでないと理解した時、彼女は素直に従った。都合6回のゲート練習。出遅れの不安は90%解消した。

オークスで魅せた!天賦の末脚

厩舎スタッフの懸命な努力により、出遅れ癖を解消したダンスパートナーは万全の状態でオークス(東京競馬場 芝2400mGⅠ)へ挑みました。
このレースでは安藤勝己騎手騎乗のライデンリーダー、藤田伸二騎手のイブキニュースターに次ぐ3番人気に支持されました。
初めて出遅れずにスタートを切ったダンスパートナーは中団よりやや後方に位置取り、仕掛けどころをじっと待ちます。
最後の長い直線に差し掛かった時、名手武豊からのゴーサインに鋭く反応したダンスパートナーは、その天賦の豪脚を爆発させ前を行くライバルたちをまとめて差し切り、見事にオークスを制しました。

1995年優駿牝馬(オークス) - ダンスパートナー

武豊は牝馬のGIでは珍しく、右手で2回ステッキを高々と振り上げるガッツポーズ。喜びをストレートに表現した。
「スタートがよかったので道中はこの馬のペースで進むことができました。直線の伸びも期待以上でしたね。思った以上に楽な勝ち方。1戦ごとに確実に成長している。キャリアが浅いし、これからもっともっと強くなりますよ。先々が本当に楽しみです」
白井は開業17年目で初のGI制覇。自分の方針の正しさが証明され、なんともいえない満足感を味わった。
 「桜花賞は日程的にゲート練習ができなかった。その差が結果に出たと思う。そやから、なんとしてもオークスはと思っていたんです。これまでは出遅れといっても、ゲートの中で嫌がったというより遊んでいる状態だったんです。横を振り向いたり後ろを振り返ったりでね。ゲートの中で集中させる練習をした成果が出た。それにしても東京の歓声は凄い。GIの重みをしみじみ味わわせてもらったし、僕自身が舞い上がってしまった。最高に嬉しい」

世界への挑戦!フランスへ

47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

出馬表決定!G1競馬2018【優駿牝馬(オークス)】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

出馬表決定!G1競馬2018【優駿牝馬(オークス)】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

日本のクラシック競走のひとつとされる【優駿牝馬(オークス)】。第79回を迎える2018年の日程は5月20日(日)!みんなの勝ち馬予想アンケートを見て、レースの参考にしてみて下さい!(クイズは第1回~第78回までの結果から出題)
G1競馬2017【オークス】あなたの1着予想はズバリどの馬!~過去データを振り返るクイズ付~

G1競馬2017【オークス】あなたの1着予想はズバリどの馬!~過去データを振り返るクイズ付~

日本のクラシック競走のひとつとされる【オークス】。第78回を迎える2017年の日程は5月21日(日)。2017年、歴史あるG1レース【オークス】で、最速のパフォーマンスを魅せる牝馬は!?
影をも踏ませぬ逃走劇!坂路の申し子『ミホノブルボン』

影をも踏ませぬ逃走劇!坂路の申し子『ミホノブルボン』

戸山調教師のスパルタ調教により『坂路の申し子』として皐月賞、日本ダービーを無敗で制したミホノブルボン。 その衝撃的な逃げ馬の伝説を振り返ります。
taketake | 2,512 view
「新 芦毛伝説 ビワハヤヒデ」

「新 芦毛伝説 ビワハヤヒデ」

芦毛の名馬ビワハヤヒデ。半弟にナリタブライアンがおり、常に比較され続けたビワハヤヒデは、15戦連続連対というあのシンザンに次ぐ大記録も持っています。そんなビワハヤヒデの軌跡を振り返ってみましょう。
taketake | 2,096 view
「柴田政人の悲願! ウイニングチケットが叶えた日本ダービー制覇の夢」

「柴田政人の悲願! ウイニングチケットが叶えた日本ダービー制覇の夢」

第60回東京優駿(日本ダービー)優勝馬「ウイニングチケット」。そのドラマティックな競走馬としての生き様に魅了されたファンは多い。記録よりも記憶に残る名馬「ウイニングチケット」を振り返ってみましょう。
taketake | 3,585 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト