輝かしい天才少年!サッカーボーイ!
2016年11月25日 更新

輝かしい天才少年!サッカーボーイ!

尾花栗毛の輝かしい姿とスピード溢れる走りで見るものを魅了した 馬がいた。その名はサッカーボーイ、圧勝と不可解な惨敗もあった サッカーボーイの輝かしい戦歴をたどっていきたい。

1,038 view

貴公子の再来

サッカーボーイのデビュー戦は2歳の夏、そこを9馬身差で圧勝する。
2戦目は敗れたものの、3戦目は10馬身、4戦目のG1レースは8馬身と
規格外の走りで2歳チャンピオンに昇り詰める。その美しい栗毛姿から
人々はテンポイントの再来だとサッカーボーイを讃えた。

函館
 (1625682)

結果を出せない春

クラシックでは当然最有力候補となるはずだったサッカーボーイだったが
弥生賞を3着に敗れると、石を踏んで蹄が悪化する。皐月賞は回避し
ダービーのトライアルNHK杯を使うも敗退。続く日本ダービーも一番人気に支持されるが
15着惨敗と結果を出せずにいた。こうして春のクラシックは結果を出せずに終わってしまった。
【サッカーボーイ】が死亡 - 【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com (1625676)

復活の夏と日本レコード

サッカーボーイは体制を立て直し、G3の中日スポーツ賞に出走する。
ここで同期の皐月賞馬ヤエノムテキを下し、復活を遂げると、続いて出走した
函館記念は先輩ダービー馬メリーナイスとシリウスシンボリに5馬身をつける
圧勝。1分57秒8の日本レコードを記録した。
未来に語り継ぎたい名馬 (1623043)

出典 prc.jp

今なお残る函館芝2000 レコード 今は洋芝に変わったので、よほどの事が無い限りは抜かれないだろう

G1制覇と引退

秋、サッカーボーイは天皇賞秋か菊花賞を目標としていたが、捻挫で両方とも
使えず、マイルチャンピオンシップに出走する。このレースを4馬身差で制覇すると
続くグランプリ有馬記念は同期のオグリキャップやスーパークリーク、現役最強馬のタマモクロスを相手に3着となる。
翌年も現役を続ける予定だったサッカーボーイだったが、脚部不安でレースを使えず
引退。種牡馬入りを果たす。
サッカーボーイ 88年マイルCS: TURF☆DUST (1623044)

種牡馬としての活躍

内国産馬不遇の時代において、サッカーボーイは活躍馬を多数輩出した。
G1レースを3勝したヒシミラクルや菊花賞馬ナリタトップロード、秋華賞馬ティコティコタック、長距離で活躍したアイポッパーなど、オグリキャップやスーパークリークに比べるとサッカーボーイの種牡馬成績は抜群であった。
代表産駒の一頭ナリタトップロード

代表産駒の一頭ナリタトップロード

ダートの長距離で活躍したキョウトシチー

ダートの長距離で活躍したキョウトシチー

産駒の特徴

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

平成最後の〝有馬記念〟と来年40周年を迎える「機動戦士ガンダム」がコラボ!〝有馬戦士ガンダム〟の特設サイトが始動!

平成最後の〝有馬記念〟と来年40周年を迎える「機動戦士ガンダム」がコラボ!〝有馬戦士ガンダム〟の特設サイトが始動!

各分野とのコラボ実績、及びその完成度に定評のある日本中央競馬会(JRA)が超大物とコラボレーション! 今回のお相手は、2019年に40周年を迎える「機動戦士ガンダム」! 定番の動画はもちろんのこと、プレゼント企画と連動したゲームやキャンペーンが展開されている。「アリマ、行きまーす!」の声はもちろん古谷徹さん!
ニュースFレン | 2,783 view
締切間近!?元ミニスカポリスの宮内知美がMCを務める「競馬好き飲み会」が5/24(水)に開催!

締切間近!?元ミニスカポリスの宮内知美がMCを務める「競馬好き飲み会」が5/24(水)に開催!

2017年5月24日(水)19時から東京カルチャーカルチャー・渋谷で第2回『競馬好き飲み会』を開催!競馬仲間との新たな出会い!仲間を増やして競馬をもっと楽しもう!
皇帝の息子は帝王!トウカイテイオー

皇帝の息子は帝王!トウカイテイオー

トウカイテイオーはシンボリルドルフの代表産駒である。 皇帝ルドルフの子が帝王というネーミングとは裏腹にシンボリルドルフの絶対的な強さに比べ、トウカイテイオーは強さと脆さ両方持ち合わせていた。しかし、それがまた彼の人気を高める要因でもあった。
hirokibulk | 3,257 view
芦毛伝説を継ぐ名優!メジロマックイーン

芦毛伝説を継ぐ名優!メジロマックイーン

1990年、中央競馬を賑わせたオグリキャップが引退した。しかし、その年の菊花賞で新たな芦毛のスターが誕生した。 それがメジロマックイーンである。親子三代天皇賞馬という偉業も達成した彼の軌跡を追いたい。
hirokibulk | 1,758 view
フランス生まれの快速牝馬!ファビラスラフイン

フランス生まれの快速牝馬!ファビラスラフイン

外国産馬全盛の時代、クラシックには出走できなかったが クラシックでは無い牝馬三冠最後のレース秋華賞を制し 初代女王となったのがファビラスラフイン 一年間の短い現役生活だったが、中身の濃い現役生活だった。
hirokibulk | 1,692 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト