80年代はホットハッチ全盛期♪ 「スターレットターボS」「シティターボⅡ」等、ブームを牽引したクルマたち
2020年10月21日 更新

80年代はホットハッチ全盛期♪ 「スターレットターボS」「シティターボⅡ」等、ブームを牽引したクルマたち

安価で使い勝手の良いハッチバックボディとスポーツカー顔負けのパワフルなエンジンを両立させたホットハッチは、当時多くの若者を魅了しました。「ボーイズレーサー」とも呼ばれた、ホットハッチブームを牽引したクルマたちを振り返ります。

226,531 view

【トヨタ】スターレット ターボS

【トヨタ】スターレット ターボS (1986年-)

【トヨタ】スターレット ターボS (1986年-)

1986年に3代目スターレットに追加された3ドア1300ターボS。
空冷式インタークーラー付きターボは、過給圧を高低2段階に調整する「2モード・ターボシステム」を装備。
“かっとびスターレット”の愛称で走り屋からも人気のあっ...

“かっとびスターレット”の愛称で走り屋からも人気のあった3代目スターレット

1984年のフルモデルチェンジでようやくFF化された、3代目スターレット。

スポーティーグレードであるSi/Riは、インジェクション仕様の直4SOHC12バルブ1.3リッターエンジンを搭載。自ら「かっとびスターレット」と名乗って、俊足をアピールしました。
86年には、インタークーラー付きターボでさらにスープアップしたターボS/Rを追加。軽量コンパクトという天性の資質に加えてターボという飛び道具を得た末弟は、「韋駄天ターボ」や「辛口ターボ」という看板に偽りなしの速さを見せた。
キャッチコピーは「辛口ターボ」

キャッチコピーは「辛口ターボ」

1989 トヨタ スターレット ターボ(EP71)TOYOTA STARLET - YouTube

【スズキ】カルタス GT-i

【スズキ】カルタス GT-i (1986年- )

【スズキ】カルタス GT-i (1986年- )

カルタスは1983年から生産がはじめられたコンパクトカーで、当初はリッターカーとして作られていましたが、過激モデルブームにのって発売されたのがこのGT-iモデルです。

このモデルには標準モデルが1リッターエンジンを搭載しているのに対して1.3リッターの直列4気筒DOHC16バルブエンジンという当時のコンパクトカーとしては非常に贅沢なエンジンが搭載されました。
GT-iはクラストップの出力(初期モデル97 PS・後期モデル110 PS)を生かし、当時の国内モータースポーツ(レース・ダートトライアル)では小排気量クラスの主力であった。

CM / SUZUKI CULTUS GT-i '86 - YouTube

スズキ カルタスGT-i CM CMキャラクター:舘ひろし

【プジョー】205GTI

【プジョー】205GTI (1986年- )

【プジョー】205GTI (1986年- )

欧州での発表は1983年。1986年の日本導入と同時に販売開始されたイメージリーダーとも言えるホットハッチです。
 (1634676)

当初は1,600cc(105PS/115PSが存在)の左ハンドル・5速マニュアルトランスミッションモデルのみ。

1988年にストロークアップにより排気量が拡大された1,900cc(100PS)モデルが導入されると同時に右ハンドルモデルが追加されました。
 (1634675)

プジョー車の特徴で「猫足」という言葉で表現される、しなやかなで路面に吸い付くような接地感のある足回りが人気でした。

【日産】パルサー ミラノX1 ツインカム

【日産】パルサー ミラノX1 ツインカム (1986年- )

【日産】パルサー ミラノX1 ツインカム (1986年- )

1986年5月のフルモデルチェンジでN13型に生まれ変わった3代目パルサーは、日本初のフルオート・フルタイム4WD(ビスカスカップリング方式)が高い評価を受け、日産初の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。
このX1ツインカムは、最もスポーツ性の強い最上位モデル。標準だと黒いプロテクターやスポイラー、ドアミラーなどが全てカラーとなる、総カラー仕立ての「フルカラースポーツ」仕様がカッコ良かったですね。

【フォード】フェスティバ GT-X

【フォード】フェスティバ GT-X (1986年- )

【フォード】フェスティバ GT-X (1986年- )

キャンバストップと呼ばれるオープンカー気分が味わえるサンルーフと、ヨーロピアンテイストのスタイルが人気を集めた「フェスティバ」のDOHCエンジン搭載モデル。

【三菱】ミラージュ サイボーグ

【三菱】ミラージュ サイボーグ(1987年- )

【三菱】ミラージュ サイボーグ(1987年- )

145PSのハイパワーを誇った1.6L DOHCターボの「サイボーグ」。
74 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • I.O 2019/11/22 11:13

    小型1000ccクラスのホットハッチといったらシティターボが有名で、シティターボに対抗するため、シャレード・カルタス・マーチ・スターレット(EP71型)にもターボが投入され、特にスターレットターボは発売するや否や大人気車種となりました。

    あよぶ 2017/12/13 16:02

    CR-Xはホットハッチに含まれないんでしょうか?
    リッター100馬力でものすごく軽量ボディ。上り坂の加速は誰にも負けませんでしたけどね。

    ゴリライモ 2017/12/4 00:12

    カローラⅡが無いなぁ
    ボーイズレーサーだとカローラⅡ 1,5RSかなぁ

    すべてのコメントを見る (3)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

国産車BIG3(トヨタ・日産・ホンダ)に御三家以外で唯一勝った名車達!!

国産車BIG3(トヨタ・日産・ホンダ)に御三家以外で唯一勝った名車達!!

国産車ではトヨタ・日産・ホンダの圧倒的な販売シェアBIG3があります、そんな中、御三家を脅かすほどヒットを飛ばした車(トヨタ・日産・ホンダ車以外で)をまとめてみました。2000年迄に製造販売された車で!!
ギャング | 13,926 view
《90年代の国産スポーツカー比較》スープラやRX-7など【今買うといくら?】

《90年代の国産スポーツカー比較》スープラやRX-7など【今買うといくら?】

「トヨタ スープラ」をはじめとした90年代の国産スポーツカー。現在の中古車市場において、どのくらいの価格で取引されているのでしょうか?
ソアラやマークII三兄弟など『ハイソカーブーム』の人気車種【10選】

ソアラやマークII三兄弟など『ハイソカーブーム』の人気車種【10選】

80年代のバブル期に巷を席巻していた「ハイソカー」。この記事では、当時高い人気を誇っていた10車種について特集してみたいと思います。
トヨタ「セルシオ」に追いつけ!追い越せ!で挑むも消えていった名車達!!

トヨタ「セルシオ」に追いつけ!追い越せ!で挑むも消えていった名車達!!

1980年代後半から1990年代前半にかけて高級志向が高まり、なかでもトヨタ「セルシオ」は絶対的な人気を誇っていました。自動車メーカー各社はセルシオに挑むも消えていった名車が有ります。そんな名車達をご紹介。
ギャング | 84,044 view
ミドル世代であれば誰もが憧れた「昭和の名車」を特集したムック『昭和の名車大全集』上下巻が好評発売中!!

ミドル世代であれば誰もが憧れた「昭和の名車」を特集したムック『昭和の名車大全集』上下巻が好評発売中!!

モーターマガジン社より、ミドルエッジ世代であれば誰もが憧れた「昭和の名車」を特集したムック『昭和の名車大全集』の上巻・下巻がそれぞれ好評発売中です。
隣人速報 | 2,141 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト