セイブ開発が開発し、テクモが世に放った90年代名作シューティングの一つ『雷電』
2018年4月17日 更新

セイブ開発が開発し、テクモが世に放った90年代名作シューティングの一つ『雷電』

『雷電』は、1990年にセイブ開発が開発、テクモが発売したアーケードゲーム用縦スクロールシューティングゲームです。超高空戦闘爆撃機「雷電」を操り、地球や宇宙を舞台に熾烈な戦いが繰り広げられます。とことんまでシンプル、それなのに奥深い。そんな魅力が少しでも伝われば幸いです。

1,048 view

1990年代の名作シューティング『雷電』

『雷電』は、1990年にセイブ開発が開発、テクモが発売したアーケードゲームで、ジャンルは縦スクロールシューティングゲームです。とことんまでシンプル、それなのに奥深い。そんな魅力を少しでも伝えるべく、この記事ではゲーム内容の紹介、作品の評価、同年に発売された他のゲームソフトなどについて触れていきたいと思います。
プレステ移植版『雷電プロジェクト』

プレステ移植版『雷電プロジェクト』

『雷電II』とのカップリング移殖でした。開発は原作と同じ、セイブ開発が担当されています。
移植度が高いと評判のプレイステーション版『雷電』のパッケージです。
Amazonでは現在新品で20,000円(※価格変動あり)、中古なら450円(※価格変動あり)で取引されています。
ゲームアーカイブス等では遊べないので、中古がお得でしょうね~。

ストーリー

AD2090・・・地球は、突如として現れた外宇宙生命体の侵略を受けた。

激戦の続く中、世界連合軍は破壊された敵の戦闘機を基に
世界中の優秀な技術者を集め、 超高空戦闘爆撃機「雷電」を作り出したが
あまりに高性能・高機動であったため、実戦に耐えられるパイロットは、僅か2名しか残らなかった・・・


・・・そして今、地球の運命を賭けて、2機の戦闘機が出撃する・・・

『雷電』のゲーム内容

当時いわゆる「大作主義」が主流だったシューティングゲームの中にあり、本作は極めてシンプルで、異彩を放っていた。これがユーザーに好評を以て受け入れられ、最終的には全世界累計で2万枚以上を売り上げるなどアーケード基板としては大ヒット作となった。
プレステ移植版『雷電プロジェクト』パッケージ裏

プレステ移植版『雷電プロジェクト』パッケージ裏

操作方法は8方向レバー+ショット・ボムボタンのみというシンプルなもので、ステージ構成は全8面。何週もできる無限ループ式です。アイテムを取ってパワーアップしながら進むという、実にオーソドックスな飾りのない王道シューティングでした。ただ難易度は比較的高めでしっかりとした手応え、やりごたえがあります。

プレイ動画

『雷電』 ノーミス1周クリア

※動画はリンク切れの場合があります。

スタッフ

プロデューサー     濱田均

ゲーム・デザイン    川口哲也

プログラマー      K.KONDO、川口哲也、S.MORI

グラフィック・デザイン T.WADA、M.KOMAZAWA、T.MATSUZAWA、H.MATSUO

ミュージック&SFX    佐藤亜希羅

『雷電』の評価

ゲーム誌『ゲーメスト』の企画「第4回ゲーメスト大賞」(1990年)で、読者投票により大賞8位を獲得している。その他に、ベストシューティング賞で2位、プレイヤー人気で7位、年間ヒットゲームで7位を獲得している。また、1991年にそれまで稼働されていたアーケードゲーム全てを対象に行われたゲーメスト読者の人気投票によるゲーメストムック『ザ・ベストゲーム』では54位を獲得した。また、「ビデオゲームフルリスト」の紹介文では、「驚異的な高難度だったが、逆に人気が集まり、90年度のシューティングゲームの中では高インカムを得ている」と評されている。
『雷電DX』パッケージ

『雷電DX』パッケージ

こんなものもありました!

1990年に発売された他のゲームタイトル

・スーパーファミコン『F-ZERO』(1990年11月、任天堂)
・ファミコン『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』(1990年2月、エニックス)
・ファミコン『ファイナルファンタジーIII』(1990年4月、スクウェア)
『F-ZERO』

『F-ZERO』

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

表向きは硬派なシューティングゲーム『バトルガレッガ』その裏の顔は……。

表向きは硬派なシューティングゲーム『バトルガレッガ』その裏の顔は……。

『バトルガレッガ』は、1996年にアーケードゲームとして販売されたシューティングゲームです。 セガサターン、PS4、XBOX Oneにも移植されており、シューティングゲーを語る上では欠かす事の出来ない傑作なのですが、その独特な「ランク」システムと求められる知識量が多すぎるために、大きく賛否が分かれる作品です…。
テクモ初の3D格ゲー、「世界で一番美しい格闘ゲーム」と自負する『DEAD OR ALIVE』の魅力は美麗ポリゴンにあった!

テクモ初の3D格ゲー、「世界で一番美しい格闘ゲーム」と自負する『DEAD OR ALIVE』の魅力は美麗ポリゴンにあった!

『デッド オア アライブ』(DEAD OR ALIVE)は、テクモより販売された3D対戦格闘ゲームです。アーケードゲームとして1996年10月稼動を開始しました。テクモ初の3D格闘ゲームとして世に送り出した人気シリーズの第1弾です。
岸辺ミル | 2,904 view
「かすみ」のバストの揺れは、ここから始まった!!1996年登場の対戦型格闘ゲーム『デッドオアアライブ』!!

「かすみ」のバストの揺れは、ここから始まった!!1996年登場の対戦型格闘ゲーム『デッドオアアライブ』!!

1996年登場の対戦型格闘ゲーム『デッドオアアライブ』。全てはここから始まりました!!「かすみ」のバストは進化し続けています!!21年前から現在を追ってみましょう!!
よっちゃん | 8,468 view
伝説のグラビア雑誌「URECCO」が待望の復刊!誌面を飾るグラビアアイドルの第2弾オーディションを開催!!

伝説のグラビア雑誌「URECCO」が待望の復刊!誌面を飾るグラビアアイドルの第2弾オーディションを開催!!

ネットサービス「マシェバラ」と大洋図書の発行するグラビア誌「URECCO」が、コラボ企画として「新星URECCO誌面復刊第2弾おしゃれグラビア枠選抜オーディション」の参加者を現在募集中です。
隣人速報 | 2,298 view
「シルフィード(SILPHEED)」という名のシューティングゲームを、プレイしたことありますか!?

「シルフィード(SILPHEED)」という名のシューティングゲームを、プレイしたことありますか!?

パソコン版と、メガCD版の「シルフィード(SILPHEED)」は名作だと思います。とても面白いゲームで、パソコン版、メガCD版、ともに、ハードの限界に挑戦した作品であったと思います。
よっちゃん | 832 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト