1978年の山口百恵と桜田淳子が歌うピンク・レディーの動画が人気に!
2017年2月1日 更新

1978年の山口百恵と桜田淳子が歌うピンク・レディーの動画が人気に!

山口百恵と桜田淳子がピンク・レディーの『渚のシンドバッド』を歌う映像が話題だ。1978年4月の音楽番組『夜のヒットスタジオ』の出来事で、リハーサルに間に合わなかったピンク・レディーの代役を急きょ山口百恵と桜田淳子が務めたワンシーンだ。

16,550 view

山口百恵&桜田淳子の「ピンク・レディー動画」が大人気

山口百恵(57才)と桜田淳子(58才)の30秒の動画が話題だ。
その動画とは、ピンク・レディーの『渚のシンドバッド』を歌う映像。

1978年4月に放送された音楽番組『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)のリハーサル時のことで、リハに間に合わなかったピンク・レディーの代役を急きょ2人が務めたワンシーンだ。

「夜のヒットスタジオ」でのリハーサル映像

当時19才の山口百恵と桜田淳子。
少し照れたようにはにかみながら歌いはじめる2人。淳子の手には自身が着る予定の衣装が握られ、よほど“緊急事態”だったことがわかる。

しかし、リハーサルでの振り付けや歌は完璧!
時折、不安げにチラリと隣を見やる箇所もあったが、サビは完コピであった。

6月中旬、SNSにこの動画がアップされるとまたたくまにネット上で拡散された。今や再生回数は100万回を超え、ツイッターで4000回以上リツイートされた。
70年代のトップアイドルだった山口百恵と桜田淳子

70年代のトップアイドルだった山口百恵と桜田淳子

百恵と淳子は1973年の同期デビューで、森昌子(57才)と合わせて「花の中三トリオ」と呼ばれた。
同じくこの頃は人気絶頂で、百恵は『プレイバックPart2』や『絶体絶命』『いい日旅立ち』をリリース、桜田も出せば「ベストテン入り」の時期だった。

「このリハーサルの時、ピンク・レディーはデビュー2年目でした。百恵や淳子ら超トップアイドルも平均睡眠3時間といわれる忙しさでしたが、彼女たちは1時間というありえない状況。リハーサルの時間さえなかったんです」(芸能関係者)

ちなみに1978年のレコード大賞はピンク・レディーの『UFO』と百恵の『プレイバックPart2』、沢田研二の『LOVE』の三つ巴戦で、ピンク・レディーが大賞を受賞している。そんな中の「奇跡のコラボ」に往年のファンは当時の興奮が蘇ったようだ。
本家・ピンクレディの「渚のシンドバッド」

本家・ピンクレディの「渚のシンドバッド」

≪リハーサル動画を絶賛するコメント≫

「国宝級ですよ! 幻の映像です! 本家顔負けです! もう一度見られてよかった!」(59才・会社員男性)

「百恵ちゃんたちの方が先輩なのに、代役を務めるなんてスゴイ。しかもうまい」(58才・主婦)

何度も何度も繰り返し見ているという声も多かった。

「もう一度、彼女たちの生歌を聴きたい」──そう思わずにはいられない。

山口百恵、桜田淳子、森昌子の「花の中三トリオ」

山口百恵、桜田淳子、森昌子の3人はオーディション番組「スター誕生!」から歌謡界にデビューした同い年、同学年の3人組であった。
デビュー当時は中学3年生(1973年度)であった為にそう呼ばれる事となった。
※デビューは森昌子が1期早い。

3人が進級するごとに、花の高一トリオ・高二トリオ・高三トリオと呼び名を変え、高校卒業時の1977年3月にトリオ解散となった。

≪山口 百恵≫のプロフィール

山口百恵 「としごろ」

山口百恵 「としごろ」

<愛称> モモタロー
<キャッチフレーズ> 「ひとにめざめる14才」「大きなソニー、大きな新人」
<本名> 山口百恵(現在は三浦百恵) 
<生年月日> 1959年1月17日

1972年「スター誕生!」に出場。同年12月、第5回決戦大会で準優勝した。
1973年の映画「としごろ」に出演し、同年5月21日に同名の主題歌「としごろ」で歌手デビュー。
翌年の1974年に「ひと夏の経験」で紅白歌合戦に初出場した。

≪桜田淳子≫のプロフィール

桜田淳子 「天使も夢みる」

桜田淳子 「天使も夢みる」

<愛称> ジュンペイ、淳ペー
<キャッチフレーズ> 「さわやか淳ちゃん」「そよ風の天使」
<本名> 桜田淳子(現在は東淳子) 
<生年月日> 1958年4月14日

1972年「スター誕生!」に出場。同年9月、第4回決戦大会でグランドチャンピオンになる。
1973年2月25日「天使も夢みる」で歌手デビュー。翌年の1974年に「黄色いリボン」で紅白歌合戦に初出場した。

≪森 昌子≫のプロフィール

森 昌子 「せんせい」

森 昌子 「せんせい」

<愛称> マコ
<キャッチフレーズ> 「あなたのクラスメート」
<本名> 森田昌子 
<生年月日> 1958年10月13日

1971年「スター誕生!」に出場。初代グランドチャンピオンになる。1972年7月1日「せんせい」で歌手デビュー。
翌年の1973年に「せんせい」でNHK紅白歌合戦に初出場した。
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

キャスケットはエンジェルハット?秋田出身の花の中3トリオ「桜田淳子」

キャスケットはエンジェルハット?秋田出身の花の中3トリオ「桜田淳子」

有名オーディション番組を経て芸能界入りした桜田淳子は番組史上最高得点をたたき出していた!そのビジュアルと歌声を心してみよ!キャスケット
はんまのまま | 3,810 view
歌姫「山口百恵」というカリスマ

歌姫「山口百恵」というカリスマ

結婚を理由に潔く芸能界を引退した歌手「山口百恵」。そのカリスマ性を今も感じることがあります。今でも熱狂的ファンがいるアイドル山口百恵の思い出に浸りましょう。
はんまのまま | 11,165 view
70年代のアイドルといえば、森昌子、桜田淳子、山口百恵の3人。花の中三トリオと高三トリオを比べてみました。

70年代のアイドルといえば、森昌子、桜田淳子、山口百恵の3人。花の中三トリオと高三トリオを比べてみました。

花の中三トリオとして華々しい活躍をした森昌子、桜田淳子、山口百恵の3人。その後も高1トリオ、高2トリオと続き、高校卒業時に花の高3トリオをもってトリオとしての活動を解消してしまいますが、3人の活躍は日本の音楽史に大きな足跡を残しました。
obladioblada | 2,330 view
花の中3トリオ、ものまね上手の森昌子に大注目!

花の中3トリオ、ものまね上手の森昌子に大注目!

桜田淳子、山口百恵と一緒に花の中3トリオとして活躍していた森昌子。歌手としての成功もさることながらものまね上手な女性としても有名でものまね番組に引っ張りだこ!そんな森昌子にクローズアップ!
はんまのまま | 3,880 view
思い出の「花の中三トリオ」

思い出の「花の中三トリオ」

1970年代に大活躍した森昌子・桜田淳子・山口百恵。この三人は同じ学年で「花の中3トリオ」としてセットでした。それぞれ個性のある三人を改めておさらいしてみましょう。
金色の女将 | 5,017 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト