20世紀最後の大スター「オグリキャップ」地方でも中央でも燦燦と輝いた芦毛の怪物!!
2016年11月25日 更新

20世紀最後の大スター「オグリキャップ」地方でも中央でも燦燦と輝いた芦毛の怪物!!

地方での圧倒的強さをもって中央へ飛躍。ハイセイコー以来の超人気馬として競馬界に君臨し、熱狂的な競馬ブームを巻き起こしたサラブレッド、「オグリキャップ」を振り返る

13,537 view

芦毛頂上決戦

中央入り後、負け無しの6連勝。しかもすべて重賞勝ちという圧倒的強さを誇るオグリキャップの前に、大きな大きな壁が現れます。
同じ芦毛の「白い稲妻・タマモクロス」です。
この年、他の古馬たちをことごとく破り、天皇賞(春)、宝塚記念等々、重賞5連勝中の古馬最強馬です。乗り越えるにはあまりにも高い壁です。
「芦毛の怪物」対「白い稲妻」の激突が始まります。

天皇賞(秋) 東京芝2000m 10月30日

対決第1戦目はオグリキャップが1番人気、2番はやはりタマモクロス。タマモクロスが休み明け初戦ということもあり、2番人気となりましたが、実力は伯仲。しかも相手は史上初の春秋連覇を狙っています。今まで以上に力の入る1戦となりました。

レジェンドテイオーが先頭でレースを引っ張り、タマモクロスは2番手、オグリキャップは中団後方につけます。
ラスト200m付近でタマモクロスが先頭に、オグリキャップは大外から猛然と突っ込んできます。が、追いつけない。1馬身の差をつけられて2着でゴール。
第1戦はタマモクロスに軍配があがりました。
出典 youtu.be

第8回ジャパンカップ 東京芝2400m 11月27日

対決第2戦目となったのは、外国馬を招いての国際レース。
1番人気はタマモクロス。2番人気は凱旋門賞馬トニービーン(イタリア)。
オグリキャップは3番人気となりました。

オグリキャップは先行集団。タマモクロスは後方待機。3コーナー付近からタマモクロスが大外を回り前方に出ます。オグリキャップは一旦下がってしまいました。直線に入るとタマモクロスとペイザバトラー(米国)が先頭争いをしますが、ペイザバトラーは大きく内側にヨレてそのままトップに出ます。大外からオグリキャップが突っ込んでくる。ゴールまでの300mの壮絶な叩き合いを制したのはペイザバトラーでした。2着にはタマモクロス。オグリキャップは3着となりました。
出典 youtu.be
またもタマモクロスに敗れたオグリキャップ。しかも、2戦とも並ぶことさえできませんでした。白い稲妻「タマモクロス」は大きな壁となってオグリキャップの前に立ちはだかったのでした。しかし、このレースは終盤のコーナーで不可解なことがあったのです。河内騎手は先行集団からオグリキャップを一旦さげたのでした。あれがなければもしかしたら、という陣営の思いが募るのもうなづける騎乗でした。
このままでは終われない陣営は、次走「有馬記念」に雪辱を期すことになります。

第33回有馬記念 中山芝2500m 12月25日

1番人気はタマモクロス。オグリキャップは2番人気。鞍上は河内騎手から岡部騎手に変更となりました。タマモクロスはこのレースを最後に引退を表明しており、頂上決戦はこれが最終戦となります。2戦2敗のオグリ。一矢報いることができるでしょうか!?

タマモクロスは最後方、オグリキャップは先行集団の後につけました。
3コーナー付近からタマモクロスが上がってくる。直線で前を行くオグリキャップに並び残り200mは2頭の壮絶な叩き合いとなりました。ジワジワと前に出るオグリキャップ。差し切れないタマモクロス。半馬身差をつけてオグリキャップが1着でゴール!!
出典 youtu.be
3度目の正直、そして最後の頂上決戦を見事制したオグリキャップは、グランプリ馬という栄冠をも手にしたのでした。
名実ともに最強馬になった瞬間でした。

戦線離脱

1989年5歳となるオグリキャップは、天皇賞(春)に合わせローテーションを組みましたが、2月・4月と立て続けに脚部故障を起こし戦線離脱。9か月もの間、療養調整を余儀なくされることになります。しかも、馬主の佐橋五十雄氏が脱税容疑となり、中央での馬主資格剥奪。新たなオーナーとして近藤俊典氏がなったのでした。佐橋氏は以前「競馬はビジネスだ」という発言をしていたこともあり、「あんな人間のために走らされていたなんて」という同情論も巻き起こりました。後日、売却額は5億5千万と明かされますが、この莫大な金額がのちのちオグリキャップにのしかかってくることになるのでした。

新たな戦い「平成3強」

休み明けの初戦は、9月17日オールカマー(中山)。
人間社会の身勝手なゴタゴタに振り回されているオグリキャップに、待望と同情と期待と様々な思いを持ったファンが中山競馬場に集結しました。そして、鞍上は南井騎手に変更となっていました。あの、白い稲妻タマモクロスの主戦騎手です。このこともあり、オグリキャップは単勝1.4倍というダントツの1番人気で推されたのです。そして、レースは見事1着でゴール!期待に答えたのでした。

毎日王冠 東京芝1800m 10月8日

前走からわずか3週間での出走となりました。
そして、後に「平成3強」(オグリキャップ・スーパークリーク・イナリワン)と呼ばれるうちの1頭、イナリワンが待ち構えていました。

オグリキャップは後ろから3頭目。イナリワンはオグリをマークするようにすぐ後ろにつけます。オグリキャップが4コーナーを大外から上がってくると、スタンドから大歓声があがります。残り200mからの先行6頭の壮絶な叩き合い。ゴール前、オグリキャップとイナリワンが抜け出し2頭並んでゴールイン。写真判定の結果、ハナの差でオグリキャップが1着。史上初の連覇となりました。
この激戦はこの年の「ベストマッチ」に選ばれことになるのでした。
出典 youtu.be
67 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

大井競馬場でデビュー後、4歳まで地方で競走馬生活を送り、5歳になってやっと中央入り、その後GⅠ制覇を果たし、オグリキャップ・スーパークリークとともに「平成3強」と呼ばれるまでになった「イナリワン」を振り返る。
ナベゲン | 3,618 view
昭和・平成の競馬ブームの立役者である競走馬たち

昭和・平成の競馬ブームの立役者である競走馬たち

1970年代に起こった第一次競馬ブームと1980年代に起こった第二次競馬ブームの立役者となった競走馬たちを集めてみました。
90年代空前の競馬ブームを作った一人・天才ジョッキー武豊

90年代空前の競馬ブームを作った一人・天才ジョッキー武豊

現在も、有馬記念やに日本ダービーなどビックレースでは、10万人以上の観客を集め、人気が高い競馬。ただ、1990年代は今と比べ物にならないほどブームとなっていました。そのブームを牽引していたのが天才ジョッキーと言われている武豊だ。
yt-united | 1,653 view
南関東の雄から年度代表馬へ!イナリワンの小さな身体に秘めた底力

南関東の雄から年度代表馬へ!イナリワンの小さな身体に秘めた底力

地方から転厩してたった1年の間に、中央G1のタイトルを3つも獲得。オグリキャップ、スーパークリークと共に平成三強として第2次競馬ブームを引っ張った。そんなシンデレラボーイの戦績を振り返っていこう。
はるころん | 2,866 view
【グランプリ連覇】勝っても負けても鮮やかな逃げ馬メジロパーマー

【グランプリ連覇】勝っても負けても鮮やかな逃げ馬メジロパーマー

勝つときは鮮やかな逃げ切り勝ち、負けるときは4コーナーで失速して惨敗。どのレースもハラハラドキドキの逃げ馬メジロパーマー。1992年のグランプリレースを連覇するほどの実力馬ですが、実は障害に転向した経験も。そんな個性的逃げ馬の足跡をたどります。
izaiza347 | 252 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト