【80年代歌手】香西かおり歌手人生30年目にクロースアップ!「雨酒場」から「わすれ花」まで
2017年7月14日 更新

【80年代歌手】香西かおり歌手人生30年目にクロースアップ!「雨酒場」から「わすれ花」まで

デビュー30周年に記念の年にデビュー曲「雨酒場」から最新シングル曲「わすれ花」まで一気見!民謡歌手としてもレコードリリースしているその歌声に再注目!通算19回も出場しているNHK紅白歌合戦も一緒に振り返って聞いてみよう!

544 view

デビューは民謡?演歌?

香西かおりと聞けば女性演歌歌手と思うのですが、実は香西香という名前で民謡歌手としても活動しレコードもリリースしていたって知っていましたか?筆者は「雨酒場」でデビューした香西かおりしか知らなかったので少し驚いています。
香西かおり

香西かおり

こうざいかおり
生年月日:1963年8月28日
デビュー:1988年

幼い頃から民謡を歌い、香西香の名前でレコードリリースをしている。
一度は就職するも歌への想いを断ち切れず歌手としての道を選択。
民謡歌手としての経歴は本名でもあった香西香の名前で民謡歌手として活躍した経歴を持っています。レコードもリリースしていたとか。あの歌唱力は民謡で培われたものだったのですね。
民謡歌手として活躍した、もしくは民謡を習っていたという女性演歌歌手は多くいるようで、アイドル歌手としてデビューしトップアイドルとして活躍し演歌歌手へと転向した長山洋子やあの美貌を持ちながらおばあちゃんとしてのプライベートを過ごしている藤あや子などが有名です。
長山洋子

長山洋子

藤あやこ

藤あやこ

この2人は同時期に活躍し伍代夏子や坂本冬美とあわせて女性演歌5人衆と称した歌番組もあったほどです。この5人が活躍した時に女性演歌界は巻き返し新しい時代と今までの認識を変えていったと言ってもいいでしょう。それほど演歌界に貢献しているのではないでしょうか。

話が些か横道に逸れてしまったようなので元に戻しますが、香西かおりが香西香として活動してい頃の動画は見つかりませんでしたが、民謡を歌っている香西かおりの映像を見つけたので聞いてみましょう。

香西かおり/秋田長持唄(秋田県民謡)

この、「秋田長持唄」は香西香名義でレコードリリースしている記念の曲でもあり、香西かおりの名前でもアルバムなどに収録されているので数ある民謡の中でも自身がある逸曲なのでしょう。
少し画像は荒いのですが貴重なレコードジャケットを見つけたので見てみたいと思います。
秋田長持唄

秋田長持唄

今の香西かおりよりはあか抜けないという感じがするというか、幼少期から数ある民謡賞を受賞していた香西香とっては期待の1枚だったのではないでしょうか。香西香としてはこのほかに徳島民謡の「祖谷の粉ひき唄」もリリースしています。

祖谷の粉ひき唄/阿波よしこの 香西かおり 

貴重な映像と言えばこの2人が並んで演歌ではなく民謡を歌っているというのも珍しいのかもしれません。香西かおりと長山洋子の「南部俵積み唄」の歌唱映像です。

南部俵積み唄

どちらもとやはりすごい歌唱力で圧倒されます。民謡を演歌は切っても切り離せないといった感じでそこに見た目もプラスされ聞いてよし見てよしといった感じでしょうか。

デビュー曲がロングヒット!一躍有名に

民謡歌手として活動しそのままの流れで演歌歌手としてデビューとなったのかと思えばそうではなく一般人としていったんは勤めに出ています。社会人として就職した経歴を持っており、銀行員としての生活を始めますが、歌への想いを打ち消すことができず銀行を退行し歌手になるため上京しました。その後の1988年に演歌歌手としてデビューします。
雨酒場

雨酒場

1988年5月25日発売
民謡歌手として活動していた頃とは見違えるほどにあか抜けた印象の強いレコードジャケットで演歌歌手としてこれから活動をしていくという強い意志が感じられるようなジャケットなのがヒットへとつながったのかは知りませんが、このデビュー曲がロングヒットとなり演歌歌手、香西かおりが有名になる瞬間が訪れました。このロングヒットのおかげで第30回日本レコード大賞新人賞受賞という輝かしい功績を残しました。

雨酒場

51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【80年代歌手】その気風の良さから慕う後輩も大勢!姉御肌の伍代夏子の歌手人生

【80年代歌手】その気風の良さから慕う後輩も大勢!姉御肌の伍代夏子の歌手人生

80年代にデビューするも鳴かず飛ばずだった伍代夏子。芸名を伍代夏子に改名し再デビューするとヒット曲に恵まれ女性演歌歌手として人気を博し気風の良さから慕われることも多い伍代夏子の歌手人生とプライベートをチラッと覗き見!
はんまのまま | 1,030 view
【80年代歌手】再デビューしブレイク!あの美貌で孫がいるという演歌歌手、藤あや子の活躍

【80年代歌手】再デビューしブレイク!あの美貌で孫がいるという演歌歌手、藤あや子の活躍

80年代に演歌歌手としてデビューしたものの鳴かず飛ばず・・・芸名を変えて再デビューでブレイクし一気に演歌のスターへと変身した藤あや子。あの妖艶な美貌を持ちながらおばあちゃまだという。演歌歌手としての活躍とプライベート情報を織り交ぜながら振り返る!
はんまのまま | 1,739 view
【80年代歌手】男唄の代表と言われた坂本冬美の演歌歌手人生とその軌跡

【80年代歌手】男唄の代表と言われた坂本冬美の演歌歌手人生とその軌跡

80年代に猪俣公章の内弟子になり翌年には歌手デビューした坂本冬美。「あばれ太鼓」でデビューし大ヒット!そこから男唄の代表格として活躍するもある年のCM曲でそれまでとは違った一面を見せる。男らしく女性らしい坂本冬美の魅力に大注目!
【90年代歌手】魅力探求!「みもりん」こと水森かおりが「ご当地ソングの女王」となるまで

【90年代歌手】魅力探求!「みもりん」こと水森かおりが「ご当地ソングの女王」となるまで

「ご当地ソングの女王」と呼ばれる水森かおり。ロングドレスがトレードマークとなっていますが実はあまり大きい方ではないって知っていましたか?プリンセスのようないでたちと「ご当地ソングの女王」と呼ばれるようになるまでの水森かおりの魅力を探究します!
【70年代歌手】「私バカよねぇ」から始まった細川たかしの演歌歌手人生の天国と地獄

【70年代歌手】「私バカよねぇ」から始まった細川たかしの演歌歌手人生の天国と地獄

70年代半ばに妻子を故郷に残し1人上京した細川たかしがデビューから紅白常連歌手へと変わっていく歴史を振り返る。数々のヒット曲はもちろんその歌唱力、声量に驚かされる歌声をじっくり堪能してみよう!
はんまのまま | 5,265 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト