70年代の青少年の心を鷲掴みにした「青い体験」。胸騒ぎするパンチラシーンは極めて珠玉。
2017年5月25日 更新

70年代の青少年の心を鷲掴みにした「青い体験」。胸騒ぎするパンチラシーンは極めて珠玉。

パンチラシーンのある映画は星の数ほどありますが、「青い体験」のそれは極上も極上!年上の女性へのあこがれ、性への興味といった青少年の揺れ動く心情をとても上手く表現しています。深夜に隠れてこっそり観るのにふさわしいエロティックコメディの傑作です。

129,794 view

青い体験

エロティックコメディというジャンルの映画が1970年代から1980年代にかけてイタリアで爆発的に流行しました。1973年に公開された「青い体験」はその代表作で、内容は少年の初体験ものです。
「青い体験」と聞いただけで、現在40代後半~50代前半の男性であれば印象深いものがあるのではないでしょうか?!

原題は「Malizia」で「悪意」という意味です。好きな女性に対して意地悪をしたくなるという青少年にありがちな感情を上手く言い表したタイトルですね。もっとも「悪意」というタイトルでは日本ではヒットしなかったのではないかと思います。その点、女性へのあこがれ、興味、初体験といったことを「青い体験」という邦題は上手く含んでいますよね。
青い体験

青い体験

監督:サルヴァトーレ・サンペリ
脚本:オッタヴィオ・ジェンマ、アレッサンドロ・パレンゾ、サルヴァトーレ・サンペリ
製作:シルヴィオ・クレメンテッリ
出演者:ラウラ・アントネッリ
音楽:フレッド・ボングスト
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
編集:セルジオ・モンタナリ
公開:1973年3月29日(イタリア)
上映時間:98分
製作国:イタリア
このイメージポスターはよく出来ていますよねぇ。「青い体験」そのものです。美しい年上の女性のパンチラシーンに70年代に青春時代を過ごした男性は心奪われたことでしょう。

青い体験

スカートの中を見るために、高いところにある本を取ってくれと頼む少年。しかし、思わぬしっぺ返しを食らうことに…
「青い体験」はコメディ映画です。リアリティはありませんが、その分笑いながら気楽に楽しむことができます。できますが、それは今の若者もしくは大人に限られます。70年代のティーンエージャー達(男のみ)は、そういうわけにはいきませんでした。
あり得ない話ではありますが、ドキドキ、ハラハラものです。あり得ないと分かってはいるものの、リアリティを感じずにはいられないという、なんとも矛盾した映画なのです。

登場人物

登場人物は限られていますが、皆さんそれぞれに魅力的です。
少年の初体験もののエロティックコメディには美しい女性と可愛らしい少年が必須ですが、「青い体験」もそこのところはしっかりと基本どおりに作られています。

年上の女性役は、ラウラ・アントネッリが演じています。
ラウラ・アントネッリ

ラウラ・アントネッリ

本名
Laura Antonaz

生年月日:1941年11月28日
没年月日:2015年6月22日(満73歳没)
出生地:イタリア・ポーラ
(現在のクロアチア プーラ)
死没地:ローマ
国籍:イタリア
この映画はラウラ・アントネッリにつきます。彼女なしには「青い体験」は成り立たなかったのではないかと思えるほど輝いています。「青い体験」をきっかけに注目を集めるようになったラウラ・アントネッリは、1970年代のヨーロッパを代表するセックス・シンボルと言われるようになりました。

相手役を務めたのがアレッサンドロ・モモで、ニーノという主人公の少年です。
アレッサンドロ・モモ

アレッサンドロ・モモ

生年月日:1956年11月26日
没年月日:1974年11月19日(満17歳没)
出生地:ローマ
国籍:イタリア
性に目覚めた少年の複雑な心情を上手く表現したアレッサンドロ・モモ。当時はおそらく世界中のティーンエージャー達(男のみ)が共感したと思われる役どころを、役得と妬まれながらも(おそらく)見事に演じ切っています。

アレッサンドロ・モモは、本作で注目を集め「続・青い体験」でもラウラ・アントネッリと再び共演をはたしたのですが、「青い体験」公開の翌年1974年に17歳という若さで交通事故で亡くなっています。

あらすじ

ニーノ(アレッサンドロ・モモ)は両親と兄、弟の5人で暮らしていましたが、母親が急死してしまうところから物語は始まります。

性への好奇心旺盛のニーノは、葬儀の帰り車の中で…

Malizia - Ritorno a casa

あり得ないと分かってはいてもドキドキのシーンです
あってもなくてもよいようなシーンですが、冒頭にこのシーンがあるために一気にテンションが上がります。つかみはOKとはまさしくこのことです。

さて、葬儀から戻ってみると、母親が生前に頼んでいたという家政婦のアンジェラ(ラウラ・アントネッリ)が居り、美人で気立てのいい彼女を気に入った一家は彼女を雇い入れます。
一緒に生活することになったアンジェラを父親と長男は口説こうとやっきになり、そんな父と兄の態度を苦々しく思うニーノなのでした。
 (1866510)

思わせぶりな態度でセクシーポーズを見せつけるアンジェラ
「青い体験」には本筋とはあまり関係のないエロティックなシーンが出てきます。友達の美人なお姉さんに自転車の乗り方を教えるという場面もそのひとつです。

あってもなくてもよいシーンですが、なくては困る!そういったシーンでもあります。
友達のお姉さんとニーノ

友達のお姉さんとニーノ

ミニスカートで自転車。ガーターベルトもセクシーですが、体にフィットした黄色いセーターが最高です。
「家族全員が同意すれば」という条件のもと、父親からのプロポーズを受けるアンジェラでしたが、ニーノの妨害にあいます。それが嫉妬心だと看破したアンジェラは、激しい雨の夜に自分の方からニーノを誘うのでした。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

70年代のセックス・シンボル「ファラ・フォーセット」。全世界で1200万枚も売れた伝説のポスターは今でも新鮮!

70年代のセックス・シンボル「ファラ・フォーセット」。全世界で1200万枚も売れた伝説のポスターは今でも新鮮!

70年代にセックス・シンボルとして世界中の男性をとりこにしたファラ・フォーセット。ファラ・フォーセット・メジャーズと名乗って出演していたテレビ番組「チャーリーズ・エンジェル」は日本でも大ヒットしました。その当時発売されたファラ・フォーセットのポスターは、なんと1200万枚も売れたそうですよ。
obladioblada | 9,801 view
脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

今回ご紹介するこれらのドラマは是非とも見て頂きたい!「雑居時代」「パパと呼ばないで」「池中玄太80キロ」など名作と言われ、その後のドラマにも多大な影響を与えた松木ひろしのホームコメディドラマ。70年代の作品はどれもこれもまさに“神”。
obladioblada | 1,264 view
70年代に活躍した漫画家「芳谷圭児」の代表作。 それが青春エロ漫画の金字塔「高校生無頼控」だ!

70年代に活躍した漫画家「芳谷圭児」の代表作。 それが青春エロ漫画の金字塔「高校生無頼控」だ!

70年代に小池一雄とのコンビで爆発的な人気を誇った芳谷圭児の青春エロ漫画。その代表作が「高校生無頼控」です。タイトルからして何やら不穏な感じ。当時はセックスをメインテーマとした作品が一般誌にはなかったんです。大ヒットしたのも頷けます!
obladioblada | 2,532 view
懐かしの1970年代を代表するCMがコレだぁ!

懐かしの1970年代を代表するCMがコレだぁ!

CMはその時代の世相を反映すると言われます。確かに!振り返ると思い当たります。70年代の代表的なCMをピックアップしてみました。さぁ、果たして何が見えてくるでしょうか?
obladioblada | 1,796 view
1970年代、各年別ヒット商品(食品編)いってみよう!

1970年代、各年別ヒット商品(食品編)いってみよう!

70年代に発売されていながら、今もって現役。考えてみると、それってスゴイことですよね。そうした食品が思いのほか多くあるんです、70年代ものには。それらを各年毎に紹介します。
obladioblada | 4,329 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト