鳴り物入りで入団も…期待外れだったJリーグ助っ人外国人特集!
2017年12月12日 更新

鳴り物入りで入団も…期待外れだったJリーグ助っ人外国人特集!

2017年シーズンから、元ドイツ代表FW・ポドルスキが、Jリーグのヴィッセル神戸でプレーしています。11月末現在までのスタッツを見ると、破格の年俸のわりに結果は今一つ…。思えばこのような鳴り物入りで入団したのにもかかわらず、結果が伴っていない外国人選手は、これまでに何人もいたものです。そこで今回、期待外れだったJリーグの助っ人外国人を、何人かピックアップして紹介します。

8,394 view

マイヤー(オランダ)‐ヴェルディ川崎・1993年シーズン在籍

ヘニー・マイヤー…。彼の名は、1993年5月15日、日本サッカー史に未来永劫語り継がれることとなりました。なぜなら、この日行われたJリーグ開幕戦「ヴェルディ川崎vs横浜マリノス」において、記念すべきJリーグ第1号ゴールとなる豪快なミドルシュートを叩き込んだからです。
しかし、それ以降は目立った活躍もなく11試合2得点という成績を残し、わずか半年あまりで退団。重要な“始点”となる得点を記録したがため、1000ゴール、5000ボール、10000ゴール、20000ゴールと、メモリアルゴールの達成が近づくたびに、この無名外国人について言及されることになったのでした。同じ外国人でも、せめて、ラモン・ディアスあたりが決めてくれればよかったのですが…。

【公式】特集:J1通算20,000ゴールを決めるのは!?過去のメモリアルゴールを振り返る

ウーベ・ラーン(ドイツ)‐浦和・1993~1994年シーズン在籍

ブンデスリーガ通算106得点。ドイツ年間最優秀選手賞(1986年)、ブンデスリーガ得点王(1986~87シーズン)も獲得…。元ドイツ代表FWウーベ・ラーンの実績は、とにかく抜群でした。

しかし鳴り物入りで入団した浦和レッズにおいては、13試合出場で得点はわずか1。シーズン途中からは、故障者続出のチーム事情により、ボランチやセンターバックをやらされるという散々な扱いを受け、1994年シーズンは1試合も出場することなく、そのまま退団&現役引退してしまいました。

Best of Uwe Rahn - Skills and Goals

ゲーリー・リネカー(イングランド)‐名古屋・1993~1994年シーズン在籍

ご存じ、Jリーグ初期を彩るダメ外人の代名詞的存在。当時のJリーグ最高年俸となる3億円をもらっておきながら、2年間の通算成績は18試合出場・4得点。でも、ワールドカップメキシコ大会(1986年)や、プレミアリーグの異なる3つのクラブ(レスター・シティ、エヴァートン、トッテナム)で得点王に輝くなど、昔はすごい人だったんです!
ゲーリー・リネカー

ゲーリー・リネカー

ゲーリー・リネカー ゴール集

ミューレル(ブラジル)‐柏レイソル・1995年シーズン在籍

ブラジル代表として、56試合に出場して20得点。1986年、1990年、1994年のワールドカップにも出場したその実力は、間違いなく本物でした。1993年から柏に所属するカレッカとの「セレソンコンビ」で得点量産が期待されていたものの、リーグ戦11試合出場で5得点。しまいには、「妻がホームシックだから」とか適当な理由をつけて辞めていきました。
ミューレル

ミューレル

マッサーロ(イタリア)‐清水・1995~1996年シーズン在籍

イタリアの名門ACミランから、清水エスパルスへやってきたダニエレ・マッサーロ。当時世界最強リーグと謳われていたセリエAで、通算77ゴールをたたき出した実力者ゆえに、さぞかし大暴れするんだろうと期待されましたが、2年間で20試合10得点と今一つ。移籍初年度の途中からはベンチ入りすらできなくなり、華々しかった現役生活を異国の地・日本で、寂しく終えることとなったのでした。
ダニエレ・マッサーロ

ダニエレ・マッサーロ

©S-PULSE

元イタリア代表のマッサーロがJリーグ初ゴール!【あの年の今日】

ゴイコエチェア(スペイン)‐横浜・1998年シーズン在籍

1990年代前半、ヨハン・クライフ監督の哲学を体現したFCバルセロナ、通称“エル・ドリーム・チーム”における右サイドのスペシャリストとして躍動したのが、このゴイコエチェアです。1998年に横浜マリノス移籍後は、バルサ時代の同僚でFWのフリオ・サリナスとのコンビが期待されましたが、サリナスが得点を量産してチームの勝利に貢献する中、ゴイコエチェアは存在感を示せず。結局、わずか1年でスペインへ去っていきました。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

名古屋グランパスがJ2降格!Jリーグ開幕初年度から参加し続けた"オリジナル10"の1チームだった

名古屋グランパスがJ2降格!Jリーグ開幕初年度から参加し続けた"オリジナル10"の1チームだった

接戦となっていた残留争いは、名古屋グランパスが来季J2に降格することで決着した。クラブ初のJ2降格となった。かつては今期監督を務めた小倉隆史やリネカー、ストイコビッチ、福田健二らが在籍していた。また、90年代前半にはマラドーナ獲得の話もあった。
Jリーグ初期の期待外れで終わった選手たち

Jリーグ初期の期待外れで終わった選手たち

1993年に日本初のプロサッカーリーグである華々しくJリーグが開幕を果たし、天才と評された選手や、海外のスタープレイヤーがJリーグのピッチに立ちましたが、なかには期待外れと言わざるを得ない結果で終わった選手も。ここでは、そんな「Jリーグ初期の期待外れで終わった選手たち」にフューチャーしていきます。
yt-united | 46,390 view
DJ KOOが繋がりの深いフロンターレに勝利を呼び込む?フロンターレvsヴィッセル戦のゲスト出演!

DJ KOOが繋がりの深いフロンターレに勝利を呼び込む?フロンターレvsヴィッセル戦のゲスト出演!

フロンターレの応援歌「AVANTE」は、TRFの「CRAZY GONNA CRAZY」を原曲にしているなど、DJ KOOと繋がりがある。そのDJ KOOが、川崎フロンターレVSヴィッセル神戸戦にゲストとして登場し、会場を盛り上げた。
日本のプロ野球史で5人しかいなかった!助っ人外国人なのに捕手だった選手!

日本のプロ野球史で5人しかいなかった!助っ人外国人なのに捕手だった選手!

日本プロ野球80年の歴史において、これまで数えきれないほど多くの助っ人外国人が活躍してきました。しかし、しかし、捕手として選手登録された外国人選手は、これまでにわずか5名しかいません。そんな世にも珍しい外国人捕手の歴史を振り返っていきたいと思います。
こじへい | 3,389 view
自他ともに認めるトシちゃんファン!キングカズと田原俊彦、三浦りさ子を交えた3ショットが公開!!

自他ともに認めるトシちゃんファン!キングカズと田原俊彦、三浦りさ子を交えた3ショットが公開!!

カズこと三浦知良の妻・三浦りさ子が自身のブログにて、夫婦に田原俊彦を加えた3ショットの写真を公開しました。その若さ溢れる姿が、今ネットで話題となっています。
隣人速報 | 2,997 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト