日本の音楽界において特異な存在であり続けるムーンライダーズの貴重な映像で綴る70年代をご覧あれ!
2018年3月12日 更新

日本の音楽界において特異な存在であり続けるムーンライダーズの貴重な映像で綴る70年代をご覧あれ!

ムーンライダーズはカルトな人気を誇る一方、6人のメンバー全員がプロデューサーとしても活動しているという稀なバントで、日本の音楽界への影響は計り知れません。今の彼らからは想像できない70年代のムーンライダーズ集めてみました。

1,353 view
ヌーベルバーグ

ヌーベルバーグ

1. スイマー
2. ドッグ・ソング
3. アニメーション・ヒーロー
4. マイ・ネーム・イズ・ジャック
5. スタジオ・ミュージシャン
6. ジャブ・アップ・ファミリー
7. いとこ同士
8. 夜の伯爵/The Night Count
9. オールド・レディー
10. トラベシア
本作にはヌーベル・バーグ映画の題名をそのまま曲名にした「いとこ同士」などが収録されていますが、この傾向は次作「モダーン・ミュージック」にも受け継がれ、さらに次のアルバム「カメラ=万年筆」に結実することになります。

アルバムからのシングルカットはなく、この年にシングルはリリースされていません。当時の映像も残っていないようですので、1993年のライブから収録曲の「スイマー」を。

スイマー 【LIVE.1993】

モダーン・ミュージック

一時的だったとはいえ、この時期ディーヴォのような格好をしていたムーンライダーズが1979年10月25日にリリースした4thアルバム「モダーン・ミュージック」。
モダーン・ミュージック

モダーン・ミュージック

1. VIDEO BOY
2. グルーピーに気をつけろ
3. 別れのナイフ
4. DISCO BOY
5. VIRGINITY
6. MODERN LOVERS
7. BACK SEAT
8. BURLESQUE
9. 鬼火
シングルカットされた「モダーン・ラヴァーズ」は、なるほどディーヴォ的といえます。カップリングはヌーベル・バーグの名画と同名の「鬼火」です。

モダーン・ラヴァーズ

カメラ=万年筆

70年代最後を飾るのは1980年8月25日リリースの架空の映画のサウンド・トラックというコンセプトを持つアルバム「カメラ=万年筆」です。
収録曲を見てもらえると分かるように、ほとんどがヌーヴェルヴァーグ映画のタイトルを曲名としています。
カメラ=万年筆

カメラ=万年筆

1. 彼女について知っている二,三の事柄
2. 第三の男(Instrumental)
3. 無防備都市
4. アルファビル
5. 24時間の情事
6. インテリア
7. 沈黙
8. 幕間
9. 太陽の下の18才
10. 水の中のナイフ
11. ロリータ・ヤ・ヤ(Instrumental)
12. 狂ったバカンス
13. 欲望
14. 大人は判ってくれない
15. 大都会交響楽(Instrumental)
シングルとなったのは「彼女について知っている二・三の事柄」。ジャン=リュック・ゴダール監督の作品と同名ですね。

彼女について知っている二、三の事柄

更に貴重な当時の映像でもう一曲。これはフランス映画ではなく、1963年に公開されたイタリア映画のタイトルですね。アルバムの中でも疾走感のある印象深い「太陽の下の18才」です。

太陽の下の18才.

この後ムーンライダーズはジャパン・レコードへ移籍し、80年代には更に充実した作品をリリースしていくことになります。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • かもしか225 2019/6/25 00:51

    『火の玉ボーイ』は、2011年5月5日の『火の玉ボーイコンサート』におけるプレミアムーンシートの特典CDの中で、鈴木慶一氏が「ムーンライダーズのアルバムに多数ゲストが参加してくれたものであると決めた」と言っておられますが…

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【70年代歌手】ニューミュージックシンガー・渡辺真知子の抜群な歌唱力を振り返る!

【70年代歌手】ニューミュージックシンガー・渡辺真知子の抜群な歌唱力を振り返る!

70年代、音楽業界の様が変わろうとしたときに次世代のニューミュージックシンガーとしてデビューし、群を抜いた歌唱力で次々をヒット曲を世に送り出した渡辺真知子の歌、そのバイタリティーに注目してみる!
はんまのまま | 4,551 view
石原プロの魅力は渡哲也を抜きには考えられない。

石原プロの魅力は渡哲也を抜きには考えられない。

石原プロモーションが製作した作品は面白い。面白さの秘訣といえば莫大な制作費に豪華な出演者と制作陣。その中心にはいつだって渡哲也がいました。渡哲也主演による石原プロが製作した70年代のテレビドラマを中心に紹介します。
obladioblada | 9,146 view
昭和「仮面ライダー」シリーズ。第1期、その後半!

昭和「仮面ライダー」シリーズ。第1期、その後半!

昭和時代に放送された仮面ライダーシリーズは一般に第1期~第3期に分けられています。今回は昭和の第1期の後半、仮面ライダーX、仮面ライダーアマゾン、仮面ライダーストロンガーをご紹介します。改めて見ると、仮面ライダーって、やっぱり面白いですよ。
obladioblada | 7,641 view
【五十嵐夕紀】 アイドル文化黎明期・正統派アイドル「五十嵐夕紀」  なぜ引退したの?現在は?

【五十嵐夕紀】 アイドル文化黎明期・正統派アイドル「五十嵐夕紀」  なぜ引退したの?現在は?

アイドル文化が始まった70年代、テレビで毎日のように新しいアイドルが紹介される時代でした。 その中でも全国民が物真似をし、テレビで見ない日が無いくらい爆発的な人気を誇るピンクレディーは皆さんの記憶にも「懐かしい」のではないかと思います。 しかし、光が当たれば色濃くなる陰もあるように、実力はあるがブレイクしなかったアイドルも大勢いました。 今回はルックス歌唱力ともに評判の高かった「五十嵐夕紀」さんについてまとめてみました。
萌2020 | 1,114 view
生き方に憧れる人多し!の高田渡。音楽的絶頂期を飾る70年代のアルバムがこれです。

生き方に憧れる人多し!の高田渡。音楽的絶頂期を飾る70年代のアルバムがこれです。

近年、高田渡の生き方に憧れている人が多くいますね。その高田渡の音楽的な絶頂期は70年代。個性の強い曲ばかりですが、生き方同様に一度聴くと耳に残って忘れられなくなる優しい曲ばかりなんですよ。
obladioblada | 335 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト