2016年11月25日 更新

やっぱり【山口高志】が史上最速の豪速球投手だ!

日本プロ野球史上最速の投手は誰か? この問いに対して必ずあげられるのは、1970年代後半に阪急ブレーブスで活躍した山口高志だ。では、この答えは本当に正しいのだろうか?

77,172 view

太く短かった投手人生

 1975年にドラフト1位で阪急ブレーブスに入団。身長は公称171センチ、本当は169センチだった。小柄な体から腕を地面に叩きつけるようなフォームで全力投球し続けた。あくまで速球主体の投球にこだわり続け、怪我もあり、活躍期間は4年間と短かった。現役引退は1982年。
 最も活躍したのは、入団1年目の日本シリーズだった。赤ヘル旋風を巻き起こした広島相手に、6試合中4試合に登板し、1勝1セーブ、24回3分の1を投げて21もの三振を奪った。阪急に悲願の日本一にもたらした。そして翌年翌々年の日本シリーズでは、巨人を2年連続で破り阪急の3年連続日本一に貢献した。

50勝43敗44セーブ 防御率3.18
新人王(1975年)
日本シリーズMVP (1975年)
パリーグプレーオフ優秀投手賞(1975年)
オールスターゲーム出場4回(1975年-78年)
最優秀救援投手(1978年)
山口 高志投手(阪急ブレーブス) (1530100)

証言その1 江夏豊(阪神ー南海ー広島ー日本ハムー西武)

高志と同世代には「剛」のタイプの選手はいないかもな。巨人の堀内恒夫、大洋の平松政次、近鉄の鈴木啓示らも、確かに速かった。だが、ボールの威力という点では、高志の直球のほうが上だった。
たとえ短い期間だったとしても、高志が物凄いボールを放っていたのは紛れも無い事実。プロ野球史上最速は誰か。この問いに答えるのはやはり難しいが、デビューからの4年間に限れば、間違いなく最速は高志だったよ。

証言その2 山本浩二(広島)

スピードガンのない時代。何年も過ぎてから当時の映像をもとにテレビ番組で解析した際には154キロを計測したという。「山口の高めのストレートは速かった。ボール球と分かっていても、ついバットが出てしまう。160キロは出ていたんじゃないか」と対戦した打者は口々にそう証言した。シリーズで対戦した広島の4番・山本浩二外野手は「球の初速と終速の差があまりない投手」と指摘した。
【1月26日】1975年(昭50) 222勝右腕よりスゴイ!剛速球山口高志、3球で「モノが違うで」(野球) — スポニチ Sponichi Annex 野球 日めくりプロ野球09年1月 (1530272)

剛速球を武器に活躍した山口。肩を痛め5年目以降は精彩を欠いたが、阪急の3年連続日本一の原動力となった。

証言その3 金田正一(ロッテ)

山口の一番いいのは体全体を使って投げていること。そのフォームに若さと迫力がる。ウチはこれから先も山口に全部負けてしまいそうだ」
阪急ブレーブス 山口高志投手 | Yasushi O.guro 野球の部屋 (1530192)

証言その4 長嶋茂雄(巨人)

山口君、覚えているね。体は大きくなかったが、腕の振りがよく、ボールがホップしていたねえ。逃げるのが嫌いなタイプで、ストレートで勝負するピッチャーに見えました。性格的にも力で押すタイプだったんじゃないのかな。印象は村山さんの若い時と同じですね。豪快なストレートとドロップを投げていた村山さんの姿と重なりますよ」

yamaguchi takashi - YouTube

He was Great pitcher of Hankyu Braves.

証言その5 高田繁(巨人)

1976年の日本シリーズで対戦した巨人の高田繁は「山口は明らかに(全盛期の)江夏よりも速かった」と漏らしている。
出典 山口高志-Wikipedia

yamaguchitakashi4.mov - YouTube

証言その6 村田康一(パ・リーグ元審判部長)

パ・リーグ元審判部長の村田康一は「山口が球速No.1」だと断言している(2007年の証言)
出典 山口高志-Wikipedia

証言その7 フレッド・リン(南カリフォルニア大学ーボストン・レッドソックス)

 フレッド・リンは、1975年に史上初めてMVPとルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得したメジャー・リーガー。後に2001年のイチローが2人目となった。山口とは1972年第1回日米大学野球選手権で対戦した。
フレッド・リンはメジャー入り後「ヤマグチほどのスピードボールを投げる投手はメジャーにもそういない」と語っている。
出典 山口高志-Wikipedia

証言その8 ブリーデン(阪神)

山口高志が全盛期を過ぎて、オールスターで阪神のブリーデンと対戦した時に第1球ド真中のストレートを見て顔が引きつっていた。試合途中のインタビューでブリーデンに山口の速球について尋ねたところ、『あんな速い投手はメジャーにもいないよ!』と言い切った。
ブリーデンは大リーグのブレーブスでハンク・アーロンとクリーンアップを打ってたバッターだっただけに、山口高志の球の凄さを改めて思い知った。
 (1533230)

1975年日本シリーズでの”圧巻の投球”

圧巻はこの年の日本シリーズ、初優勝に沸く広島東洋カープを山口は寄せ付けなかった。

第1戦の8回、先発足立が8回につかまって3-3になってマウンドに上がった山口は、一死一、三塁から、代打山本一義、水沼四郎、外木場義郎を連続三振。3.2回を投げて1被安打6三振、3四球。引分け。68球。

第3戦は先発して9回4自責点で完投勝利。広島は5回までノーヒット。これは記録を生むかと思えたが、6回に三村が初安打を打ってから4失点した。まるで高校野球のように広島の各打者はバットを短く持っていた。157球。

第4戦は7回から救援登板して延長戦も投げ抜き7回110球。凄まじい酷使。引分け。

第5戦も最終回に登板して三者凡退11球。

第6戦はまた5回から救援し4回52球を投げた。

まるで昭和30年代のような快投だった。所在無げに空振りをするカープナインの困惑した表情は今も記憶に焼き付いている。阪急の4勝2分け、カープは1勝もできなかった。

山口は5試合24.2回で21三振6自責点ERA2.16。408球。日本シリーズMVP。このシリーズでは山口は打者としても10打数4安打だった。
 (1533232)

”我が投手人生に悔いなし”

 1978年はリリーフに転向し、13勝4敗14Sで最優秀救援投手に輝いた。しかし、その年の日本シリーズで打撃練習中に腰を痛めてしまった。翌年も腰痛は癒えず、左アキレス腱の故障もした。
だが、山口は軟投派への転向を拒んだ。
あくまでも、打者を着払いにさせる、あの快速球を追い求めたのである。
もし、腰痛が治っていなかったら、変化球投手への転身を考えていたかも知れない。
しかし、なまじ腰痛が治ったものだから、いつかあの快速球も戻ってくるに違いないと信じて、山口は投げ続けた。

全盛時代、山口の投球の8割がストレートだった。
高めのボール球はみんな振ってくれるから、変化球を投げる必要がなかったのである。
今さら変化球を覚えようとしたって、マスターするには3年はかかる。
それならば、あの快速球が戻ってくるように鍛えた方がいい。
それでダメなら、引退だ。
山口は変化球投手に変身して細く長く生きるよりも、速球派として太く短く散る方を選んだのである。
山口は、「新しい変化球は試合で使えるようになるのに3年かかる。今の球が通用しなくなってから研究しても遅い」と早い時期から変化球の習得に取り組んだチームの先輩・山田久志と自らを比較して、「そこが山田さんと僕の違うところだった」と述懐している[6]。しかし、自身の現役人生については「僕は80パーセントでは投げられない。だから下位打線だろうが常に全力投球。こんな小さい体(170cm)でそんなこと続けたんだから、4年でつぶれても当たり前。後悔は全くない」と語っている
出典 山口高志-Wikipedia
山口高志・オールスターで見せた伝説の剛速球! | 週刊ベースボールONLINE (1530188)

 当時小学生の筆者はとにかくびっくりした。テレビ中継は巨人戦のみで、普段はパ・リーグの試合を見る機会はなかったので、ある種のカルチャーショックだった。我らがジャイアンツを破った赤ヘル軍団のバッターを、バッタバッタと三振に仕留めてしまう投球にただただ唖然とした。腕を上から下に地面に叩きつけるような迫力あるフォームとそのボールの球威に圧倒された。山口は75年の広島との日本シリーズのような投球はできなかったが、翌年翌々年と阪急は2年連続で我らが巨人を倒した。
 当時は独特のフォームで投げる投手がたくさんいた。阪急の山田、ロッテの村田、阪神の江夏、巨人の堀内、高橋一三など、少年たちはよくモノマネをした。そして、山口高志も少年たちのレパートリーの1つだった。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

マサカリ投法・村田兆治 「昭和生まれの明治男」と呼ばれ、フォークを武器にロッテ一筋で完投にこだわった野球人生でした

マサカリ投法・村田兆治 「昭和生まれの明治男」と呼ばれ、フォークを武器にロッテ一筋で完投にこだわった野球人生でした

ロッテの大投手、マサカリ投法の村田兆治。「サンデー兆治」や「昭和生まれの明治男」と呼ばれました。途中、フォークボールを習得後、更に成績を伸ばしました。最後までロッテで過ごし、完投にこだわりを持った大投手でした。
ひで語録 | 10,491 view
昭和最後の完全試合投手【今井雄太郎】を変えたコップ1杯のビール

昭和最後の完全試合投手【今井雄太郎】を変えたコップ1杯のビール

今井雄太郎は1970年代から80年代にかけて活躍した阪急ブレーブスの「主戦(エース)投手」。大酒飲みだったことから授かった称号が”酒仙投手”。酒にまつわる逸話とともに今井雄太郎について振り返る。
tiro | 10,139 view
あなたも甲子園のマウンドに!?甲子園のリリーフカーを体感できるVRが甲子園歴史館に登場!!

あなたも甲子園のマウンドに!?甲子園のリリーフカーを体感できるVRが甲子園歴史館に登場!!

甲子園歴史館で導入されている「VR映像」に、このたび第3弾として「プロ野球リリーフカー体感VR」が登場!憧れのプロ野球選手になりきりたい親子は必見です!
隣人速報 | 145 view
浪商エース・牛島和彦 ドカベン香川と組み甲子園で活躍!ビッグマウスでも実力はピカイチだった!

浪商エース・牛島和彦 ドカベン香川と組み甲子園で活躍!ビッグマウスでも実力はピカイチだった!

牛島和彦(うしじま かずひこ)。大阪・浪商高校時代の春選抜甲子園で準優勝!プロ入り後も救援投手として多くのセーブを記録。数々の豪快な逸話も取り上げます!!
ひで語録 | 13,890 view
先発、抑えとマルチな才能を発揮する【佐々岡真司】はどんな選手だったのか!

先発、抑えとマルチな才能を発揮する【佐々岡真司】はどんな選手だったのか!

抑えして1軍で活躍し、先発で出場すればノーヒット・ノーランを達成。最多勝、最優秀防御率も達成する90年代を代表する広島の名投手。佐々岡真司はどんな投手だったのか。ご紹介しましょう。
takaboo | 8,046 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト