ロッキー山脈の麓から届けられた美しいメロディと歌声の持ち主「ジョン・デンバー」
2016年10月19日 更新

ロッキー山脈の麓から届けられた美しいメロディと歌声の持ち主「ジョン・デンバー」

まるでロッキー山脈の雄大な自然が目に浮かぶようなジョン・デンバーの美しい歌の数々。日本でも「カントリー・ロード」の曲名でも知られる「故郷へかえりたい」などが大ヒットしました。そのジョン・デンバーの全盛を極めた70年代前半の作品の数々をご紹介します!

662 view

John Denver

ジョン・デンバー

ジョン・デンバー

出生名:ヘンリー・ジョン・デュッチェンドルフ・ジュニア
生誕:1943年12月31日
出身地:アメリカ合衆国
ニューメキシコ州ロズウェル
死没:1997年10月12日(満53歳没)
ジョン・デンバーのミュージシャンとしてのキャリアは大学中退後の1965年にフォーク・グループのチャド・ミッチェル・トリオに参加したことから始まります。そしてチャド・ミッチェル・トリオを脱退した1966年に自主制作としてアルバム「John Denver Sings」を発表し、ソロ・キャリアが始まります。

特筆すべき点は、1967年にピーター・ポール&マリーが歌い全米第1位となるジョン・デンバー作詞・作曲の「悲しみのジェット・プレーン」が既に収録されていることでしょう。

John Denver - Leaving on a Jet Plane

悲しみのジェット・プレーン

Rhymes & Reasons

一般には1969年に発売された「ライムズ・アンド・リーズンズ」がジョン・デンバーのファースト・アルバムとされています。1966年の自主制作アルバムの中で発表された「悲しみのジェット・プレーン」は、タイトルが「Babe, I Hate To Go」となっており、本作で「悲しみのジェット・プレーン」として発表しています。
アルバムのプロデューサーは、ピーター・ポール&マリーと同じくミルト・オクンが担当しています。
ライムズ・アンド・リーズンズ

ライムズ・アンド・リーズンズ

1969年リリース

【収録曲】
1. ラヴ・オブ・ザ・コモン・ピープル
2. 他の蝶を捕えよう
3. デイドリーム
4. スピロ・アグニューのバラード
5. サーカス
6. ホエン・アイム・シックスティーフォー
7. リチャード・ニクソンの物語
8. ライムズ・アンド・リーズンズ
9. 黄色い猫
10. 悲しみのジェット・プレーン
11. マイ・ハート
12. マイ・オールド・マン
13. 自由な感じ
14. 人生の最初の休息日
ミッチェル・トリオを辞めてソロ・デビューした69年作が世界初CD化。初発売時にはヒットしなかったようだが,さわやかでちょっと哀しげな良い曲がたくさん。いろんな楽器を配したアレンジもとてもいい。政治家を揶揄した曲がジョン・ケージ流の辛辣さ。

Poems, Prayers & Promises

セカンド・アルバム「明日への希望」を1970年に発表するジョン・デンバーですが、ジョン・デンバーは多作です。
当初は大きなヒットにはならなかったものの質の高いアルバムを年に2~3枚発表しています。70年代を代表するミュージシャンの1人とはいえ発表した作品の質と量には驚くほかありません。
1970年ももう1枚サードアルバム「この自然は誰のもの」を発表しています。

明けて1971年には、先ず「Mary / Mary Travers」を発表します。このアルバムからは全米56位まであがったヒット曲「Follow Me」が収録されています。

Follow me - John Denver

1971年に、続いて発表されたアルバム「詩と祈りと誓い」。ヒットに恵まれずレコード契約も切れようとしていた矢先に発売された本作からは、ジョン・デンバーを代表する「故郷へ帰りたい」が全米第2位となる大ヒットを記録しています。
詩と祈りと誓い

詩と祈りと誓い

1971年リリース

【収録曲】
1. 詩と祈りと誓い
2. レット・イット・ビー
3. マイ・スウィート・レディ
4. 木彫りのインディアン
5. ジャンク
6. ゴスペル・チェンジス
7. 故郷へかえりたい
8. 彼はコロラドにいるだろう
9. 太陽を背にうけて
10. アラウンド・アンド・アラウンド
11. ファイヤー・アンド・レイン
12. ザ・ボックス
素晴らしいの一語です。LET IT BE も FIRE AND RAIN も私の好きなカバー曲です。もちろん故郷に帰りたい、SUNSHINE ON MY SHOULDERS は珠玉の2曲です。

John Denver - Take Me Home, Country Roads

故郷へかえりたい
更に1973年に「太陽を背にうけて」がシングル・カットされ全米第1位となっています!
これは、なんとも素晴らしい曲ですね。ジョン・デンバーをしらなくとも、「太陽を背にうけて」というタイトルをしらなくとも、聞き覚えがある人は多いのではないでしょうか?!
一度耳にすると離れなくなる優しく美しいメロディです。

「太陽を背にうけて」は、Dick Kniss と Mike Taylor との共同作品ですが、ジョン・デンバー曰く「この曲は、自分のライフスタイルを表現した」作品だそうです。

John Denver....Sunshine On My Shoulders !!!

太陽を背にうけて
「故郷へかえりたい」と「太陽を背にうけて」を含む「詩と祈りと誓い」は、ジョン・デンバーの代表作といってよいかと思います。
本作でジョン・デンバーは、音楽史に名を刻んだと言ってもよいでしょう。

大ヒット・アルバムを出しておきながら、1971年には驚くことにもう一枚「友への誓い」というアルバムを発表しています。

Rocky Mountain High

前年にロッキーの麓、コロラド州アスペンに新居を構えたジョン・デンバーですが、1972年に発表されたアルバム「ロッキー・マウンテン・ハイ」はまさにそのタイトルのイメージどおりの作品となっています。ジョン・デンバー=大自然のイメージを決定づけたアルバムであり、前作と並び代表作といえます。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1970年代に活躍したさだまさしと吉田正美のフォークデュオ【グレープ】の名曲「無縁坂」を聴き直す

1970年代に活躍したさだまさしと吉田正美のフォークデュオ【グレープ】の名曲「無縁坂」を聴き直す

1970年代に活躍したフォークデュオ【グレープ】は、さだまさしさんと吉田正美さんのフォークデュオでした。今回はその【グレープ】が残した名曲「無縁坂」を中心に聴き直してみたいと思います。
つきねこ | 385 view
さだまさしが所属していたフォークデュオ・グレープの相方「吉田正美」とは?

さだまさしが所属していたフォークデュオ・グレープの相方「吉田正美」とは?

「精霊流し」「無縁坂」といったヒット曲を生み出したフォークデュオ・グレープ。そこでさだまさしの相方であった「吉田正美」を皆さんご存知でしょうか?この記事では、さだまさしの陰に隠れがちな「吉田正美」にスポットを当ててみたいと思います。
伊勢正三が故郷・大分の復興イベントにサプライズ出演し名曲「なごり雪」を熱唱!

伊勢正三が故郷・大分の復興イベントにサプライズ出演し名曲「なごり雪」を熱唱!

シンガーソングライターの伊勢正三が、9月に故郷・大分県を直撃した台風からの復興イベントにサプライズ出演。名曲「なごり雪」を熱唱した。事前に知らされていない観客から大声援が巻き起こるなど、さすがは地元という歓迎ぶりを受けた。
飛行機内での歌唱で話題の松山千春が2年半ぶりの新作を10月発売!全国ツアーも開催!

飛行機内での歌唱で話題の松山千春が2年半ぶりの新作を10月発売!全国ツアーも開催!

松山千春が、通算78枚目となるシングル「初雪」と通算39枚目のオリジナルアルバム「愛が全て」を、10月18日に発売する。10月5日からは全国20カ所24公演をまわるコンサートツアーを開催する。
【70年代】かぐや姫の神田川の歌詞「三畳一間の小さな下宿」って今でもあるの?調べてみた!

【70年代】かぐや姫の神田川の歌詞「三畳一間の小さな下宿」って今でもあるの?調べてみた!

70年代を象徴する曲のひとつ、かぐや姫「神田川」。その歌詞には当時の世相を反映した単語がたくさん出てきます。 その中のひとつである「3畳一間の小さな下宿」にスポットを当て、現在もそういうアパートがあるのか調査しました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト