1975年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!
2019年6月11日 更新

1975年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

有望な新人が飛び出し、大御所も素晴らしい曲をヒットさせた1975年の邦楽シーン。演歌とポップスのバランスも良く、ヒットチャートを賑わせています。さぁ、売上枚数で見る1975年の邦楽ランキング、ベスト10です。

993 view

1975年

1975年。1975年を代表する出来事と言えば、3月に「ペヤングソースやきそば」が発売されたということに尽きるのではないでしょうか?!この事実は外せないですね。
ペヤング ソースやきそば

ペヤング ソースやきそば

製造販売:まるか食品
他にも缶コーヒー「ジョージア」が発売されたり、スーパー戦隊シリーズの1作目「秘密戦隊ゴレンジャー」が放映開始されたり。そうそう、ローソンが設立されたのもこの年です。
1975年もいろいろとあったわけですが、音楽はどうか?といますと、今でも歌い継がれている、忘れることの出来ない曲揃い。
それでは早速いってみましょう。レコードの売上枚数でみる「邦楽年間ベスト10」!

第10位 冬の色

いきなり大物の登場ですね。第10位は、52.9万枚を売り上げた山口百恵の「冬の色」です。昭和を代表する歌手の1人となる山口百恵ですが、この7枚目のシングルで初のオリコンシングルチャートの1位を獲得しています。
冬の色

冬の色

作詩:千家和也
作曲:都倉俊一
この時、山口百恵は15歳11ヶ月。この年齢でのオリコン1位は女性ソロ歌手としては当時の最年少記録だったそうです。

冬の色/山口百恵ちゃん

B面が「伊豆の踊子」となっていますが、これは同名の山口百恵主演の東宝映画の主題歌です。

第9位 我が良き友よ

かまやつひろし の「我が良き友よ」が70.1万枚を売り上げ第9位です。大ヒットして代表曲となったわけですが、かまやつひろし はこの歌詞のバンカラなイメージが嫌だったそうですよ。ムッシュというあだ名がついているくらい相当にスタイリッシュな人だっただけに嫌がったのも納得ですけどね。
我が良き友よ

我が良き友よ

作詞:吉田拓郎
作曲:吉田拓郎
作者の吉田拓郎とは前年「シンシア」で共演しています。旧知の間柄だっただけに、イメージをひっくり返したようなこの曲に かまやつひろし は相当驚いたそうです。

我が良き友よ - かまやつひろし

隠れた名曲として近年評価が高いB面の「ゴロワーズを吸ったことがあるかい 」(作詞・作曲:かまやつひろし)で、そのうさを晴らしています。(笑)

第8位 心のこり

近年、演歌というジャンルが注目されることが少なくなっているように感じますが、昭和と言う時代ではポップスと演歌のバランスが上手くとれていました。良いことです。
さぁ、8位に入りました。70.7万枚の売り上げ、細川たかし の「心のこり」です。
心のこり

心のこり

作詞:なかにし礼
作曲:中村泰士
4月1日に発売された「心のこり」は、細川たかしのデビュー曲です。この曲によって第6回日本歌謡大賞、第17回日本レコード大賞を始め、多くの新人賞をひとりじめしています。
62 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第四弾!「'70'80'90名曲Cover Song Best 永久保存版」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第四弾!「'70'80'90名曲Cover Song Best 永久保存版」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「'70'80'90 Best」シリーズ!今回の第四弾は怒涛の100曲!「'70'80'90 名曲Cover Song Best 永久保存版」です!そこで今回もプレイリストに収録した100曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。あんな曲やこんな人が「カバー」をしていたんだ!?と言う曲を懐かしみ、そして新鮮に感じて頂ければありがたいです!是非このラインアップをミドルエッジでご堪能ください。
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第二弾!「昭和歌謡がくれた季節(男性編)」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第二弾!「昭和歌謡がくれた季節(男性編)」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える第二弾!(今回は‘60もあるよ!)「昭和歌謡がくれた季節(男性編!)」に収録した63曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
芸能人のお見合い番組「ラブラブショー」に出演したカップル

芸能人のお見合い番組「ラブラブショー」に出演したカップル

昭和の40年半ばから50年代のかけて、日曜に放送されていたの「ラブラブショー」。芸能人の疑似お見合い番組です。ちまたで話題の男女がゲストカップルに選ばれ、ゲストの付添人数人も登場。ゲストの秘話などを明かしていきます。番組がきっかけで結婚した芸能人や「ラブラブショー」に出演したカップルを紹介します。
【週刊 20世紀Walker】特番! 「ただのアイドルとは違うのだよ!」S級、A級アイドル達のアナログレコードの世界!Vol6

【週刊 20世紀Walker】特番! 「ただのアイドルとは違うのだよ!」S級、A級アイドル達のアナログレコードの世界!Vol6

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
お調子者のヤンキーバンド「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」どん底からの脱出!

お調子者のヤンキーバンド「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」どん底からの脱出!

トレードマークだった白いツナギは、単に安く買えたからだそうです。当時お金がなかった彼らにとっては必然だったんですね。まさにどん底。ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの脱・どん底ストーリー!
obladioblada | 4,280 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト