映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!
2016年9月23日 更新

映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!

9月22日から、ザ・ビートルズの公式ライヴ・ドキュメンタリー映画が遂に全国ロードショー!この機会に、ライヴ・バンドとしてのThe Beatlesの魅力を味わってみませんか?映画だけでなく、当時のライヴの模様を伝えてくれるレコードやCD、動画、DVD、なども併せてご紹介します。

2,045 view
 1963年は、精力的にイギリス国内をライヴ・ツアーで周った時期です。2月にシングル「Please Please Me」が英チャートの1位になったこともあり、ジョイント・ツアーでも次々と格上のアーティストを食ってしまい、徐々に主役の座を奪っていくことになりました。

 ラジオやテレビなどへの出演も増え、このころから、様々な映像が残されるようになりました!中でも特に印象的なのが、11月4日王室主催コンサートの模様ではないでしょうか。

 「安い席の方は手拍子を、それ以外の方は宝石をジャラジャラ鳴らしてください」というジョンのユーモア溢れる発言でも有名なこの映像は必見です。

John Lennon:"...just rattle your jewelry" + Twist and shout

 11月20日のマンチェスター公演は、ザ・ビートルズ最古の公式カラー映像として有名で、同年12月にイギリス国内の映画館で「The Beatles Come To Town」として上映されました。デビューからわずか1年ながら、イギリスでは早くもビートルマニアたちが熱狂していることが伝わってきます。

The Beatles Come To Town - Two Stories - Technicolor & Techniscope (1963)

12月7日にリバプールで行われたファンクラブ向け公演の模様が、BBC特番「 'It's The Beatles' Live」として残されてます。ここでも、観客の熱狂ぶりはすごいですね!

1963 TV Concert: 'It's The Beatles' Live

1964年

 1964年は、遂にアメリカでも人気を獲得し、世界のビートルズへと飛躍を遂げた時期です。
2月にエド・サリバン・ショーへの出演、さらにはワシントン・コロシアムやカーネギー・ホールでの公演も成功し、アメリカでの映像も多く残されてます。

 この後、4月には全米シングルチャートで1位から5位までを独占するという快挙を達成することになりますが、これらの映像からは、そんな勢いを感じることができますね!

The Beatles. Live At The Washington Coliseum, 1964.

Amazon.co.jp | ザ・ビートルズ ファースト U.S.ヴィジット [DVD] DVD・ブルーレイ - ザ・ビートルズ

Amazon.co.jp | ザ・ビートルズ ファースト U.S.ヴィジット [DVD] DVD・ブルーレイ - ザ・ビートルズ

Amazon.co.jp | エド・サリヴァン presents ザ・ビートルズ ノーカット完全版 [DVD] DVD・ブルーレイ - ザ・ビートルズ

Amazon.co.jp | エド・サリヴァン presents ザ・ビートルズ ノーカット完全版 [DVD] DVD・ブルーレイ - ザ・ビートルズ
 同年4月26日に英ウェンブリーで行われた、NME誌ポール・ウィナーズ・コンサートの模様も圧巻です!特にジョンのヴォーカルが凄まじく、ライヴ・バンドとしてのザ・ビートルズの魅力が全開!

The Beatles - NME - 1964 LIVE

1965年

 1965年は、前半を映画撮影やレコーディングに費やし、ツアーの開始時期が遅れた影響もあって、公演回数が激減。また、意図的に収容人数の多い会場でのライヴを増やしていったことも、公演回数が減った要因と言えそうです。

 4月11日に英ウェンブリーで行われた毎年恒例のNME誌ポール・ウィナーズ・コンサートを見ると、あいかわらずの熱狂ぶりであります。ここで初めて演奏された「Ticket To Ride」は、この年のヨーロッパ・ツアー、US&カナダ・ツアーでもセットリストに入る定番曲となりました。

The Beatles - Live Empire Pool - 1965 + Presentation

 そしてこの年、最大のトピックといえば、ザ・ビートルズ史上最大のライヴとなった、8月15日のシェイ(シェア)・スタジアム公演でしょう。初めての野球場で、5万人以上を動員。観客数、チケットの売り上げ、ともに当時の世界記録となりました。

 ある意味、ここがライヴ・バンドとしてのザ・ビートルズのピークだったと言えるかもしれません。

The Beatles at Shea Stadium

1966年

 1966年になると、さらにライヴの回数は減ってしまいます。この年にレコーディングされた傑作『Revolver』を聴けば分かりますが、凝りに凝ったレコーディングで芸術性を高めていく一方、当時の技術ではそれらの楽曲をライヴで再現できないというジレンマが生まれてしまいました。

 6月に行われた西ドイツでのライヴは、半年前のUKツアーとあまり変わらない構成で、唯一新曲の「Paperback Writer」が加わっただけ。徐々にライヴの限界が見えてきた、とでも言いましょうか。 
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

世界いたるところで、それこそ星の数ほどビートルズの楽曲はカバーされていることでしょう。しかし、そのビートルズもまた多くの曲をカバーし公式に残しています。それにしても余りにカバーが上手すぎてオリジナルかと思ってしまうほどです。
obladioblada | 6,921 view
ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

デビュー当時のようにオーバーダビングを極力行わずシンプルなアルバムを作ろうということで始められたレコーディング。ビートルズ最後のアルバムとなった「レット・イット・ビー」は、極端にオーバーダビングされメンバーの思惑を外れたものとなりました。なぜそんなことになったのか時系列で足跡を辿ります。
obladioblada | 8,356 view
95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』

95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』

1970年に解散したビートルズ。それから25年後の1995年に、『フリー・アズ・ア・バード』という新曲が発表されました。既にジョンがこの世にいない状況で、果たして、残された3人はどのように曲を完成させたのでしょうか?そんな「奇跡の一曲」が出来上がるまでの顛末を紹介していきます。
こじへい | 2,228 view
「ザ・ビートルズ」最初の5枚

「ザ・ビートルズ」最初の5枚

60年代を代表するに留まらず、いまだに大きな影響力を持っているザ・ビートルズ。永遠のアイドルにして音楽界きってのイノベーター。そんな彼らの初期のアルバムを辿ってみます。
obladioblada | 1,144 view
60年代から70年代に異彩を放ったフィル・スペクターのウォール・オブ・サウンド

60年代から70年代に異彩を放ったフィル・スペクターのウォール・オブ・サウンド

フィル・スペクターといえばウォール・オブ・サウンドと呼ばれる独特のサウンドを作り上げたことで知られています。その特徴的なサウンドは、多くのミュージシャンを虜にし、フィル・スペクターはビートルズからパンク・バンドまで幅広くプロデュースを手掛けた今や伝説のプロデューサーです!
obladioblada | 3,633 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト