映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!
2016年9月23日 更新

映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!

9月22日から、ザ・ビートルズの公式ライヴ・ドキュメンタリー映画が遂に全国ロードショー!この機会に、ライヴ・バンドとしてのThe Beatlesの魅力を味わってみませんか?映画だけでなく、当時のライヴの模様を伝えてくれるレコードやCD、動画、DVD、なども併せてご紹介します。

2,045 view

The Beatles Live At Circus Krone 1966

西ドイツ・ツアー初日、6月24日公演からの抜粋動画

来日公演!

 そして、この年は待望の日本公演が実現!前述のとおり、既にライヴ・バンドとしてのピークは過ぎてしまっていた感は否めませんが、それでもザ・ビートルズのライヴを生で観ることが出来た当時の人たちが羨ましいです!

 今や当たり前となっている武道館でのロック・コンサートですが、ザ・ビートルズが最初だったのです!公演の模様は日本テレビで何度か放送されたことがありますが、フル・ヴァージョンで商品化(ビデオ、DVDなど)されたことが無いのは、残念ですね。ぜひオフィシャルでリリースしてほしいものです。

(Snippets) The Beatles - Live At The Nippon Budokan Hall - June 30th, 1966

The Beatlles 日本武道館公演

 この年、8月29日のUSツアー、サンフランシスコ公演がザ・ビートルズにとって最後のコンサートとなってしまいました。この時期、ネガティヴな事件・騒動が重なったことも、ライヴを止めた原因になったのだと思いますが、メンバーの興味がライヴからスタジオに移行したことで、革新的なレコードを次々と発表してくれたことを考えると、これはこれで正解だったのかな、と思わざるを得ません。

1969年

 最後は、1969年1月30日の「ルーフ・トップ・コンサート」です。
この時、原点回帰をコンセプトにしたゲット・バック・セッションを行っていたザ・ビートルズは、アルバムの制作過程を撮影し、ドキュメンタリー映画『Let It Be』として完成させます。そのエンディングを飾るのが、まさかの屋上ライヴ!

 映画自体は、メンバー間の関係がぎくしゃくしているのが分かる、重苦しい内容なのですが、最後のライヴ演奏で救われる思いがします。残念ながら、この映画もオフィシャルにはDVD化されていないので、中古ビデオかブートレッグを探して観るしかないのが残念でありますが。

 ポールがヘフナーのベースを、そしてジョンがエピフォン・カジノを弾いてるだけで、絵になりますね!ザ・ビートルズ後期の生演奏を観ることが出来る、ありがたい映像です。

The Beatles - Don't Let Me Down

以上、ザ・ビートルズのライヴ関連情報を簡単にまとめてみましたが、いかがでしたか?他にも印象的なライヴは多々あったかと思われますので、皆さんもいろいろ探してみてください。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

世界いたるところで、それこそ星の数ほどビートルズの楽曲はカバーされていることでしょう。しかし、そのビートルズもまた多くの曲をカバーし公式に残しています。それにしても余りにカバーが上手すぎてオリジナルかと思ってしまうほどです。
obladioblada | 6,969 view
ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

デビュー当時のようにオーバーダビングを極力行わずシンプルなアルバムを作ろうということで始められたレコーディング。ビートルズ最後のアルバムとなった「レット・イット・ビー」は、極端にオーバーダビングされメンバーの思惑を外れたものとなりました。なぜそんなことになったのか時系列で足跡を辿ります。
obladioblada | 8,378 view
95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』

95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』

1970年に解散したビートルズ。それから25年後の1995年に、『フリー・アズ・ア・バード』という新曲が発表されました。既にジョンがこの世にいない状況で、果たして、残された3人はどのように曲を完成させたのでしょうか?そんな「奇跡の一曲」が出来上がるまでの顛末を紹介していきます。
こじへい | 2,237 view
「ザ・ビートルズ」最初の5枚

「ザ・ビートルズ」最初の5枚

60年代を代表するに留まらず、いまだに大きな影響力を持っているザ・ビートルズ。永遠のアイドルにして音楽界きってのイノベーター。そんな彼らの初期のアルバムを辿ってみます。
obladioblada | 1,144 view
60年代から70年代に異彩を放ったフィル・スペクターのウォール・オブ・サウンド

60年代から70年代に異彩を放ったフィル・スペクターのウォール・オブ・サウンド

フィル・スペクターといえばウォール・オブ・サウンドと呼ばれる独特のサウンドを作り上げたことで知られています。その特徴的なサウンドは、多くのミュージシャンを虜にし、フィル・スペクターはビートルズからパンク・バンドまで幅広くプロデュースを手掛けた今や伝説のプロデューサーです!
obladioblada | 3,643 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト