80年代初頭、話題を呼んだ「めんたいロック」。あんまりなネーミングだがカテゴライズされているバンドは、ピリリと辛い曲者揃い!
2017年9月16日 更新

80年代初頭、話題を呼んだ「めんたいロック」。あんまりなネーミングだがカテゴライズされているバンドは、ピリリと辛い曲者揃い!

福岡出身ということで、博多の名物にひっかけて「めんたいロック」と呼ばれたムーブメントが80年代初頭にありました。「めんたいロック」とは脱力するようなネーミングですが、カテゴライズされているのはザ・モッズ、ルースターズにロッカーズ。シーナ&ザ・ロケットやARBなど一癖も二癖もあるピリリと辛いバンドばかりです!

8,505 view

めんたいロック

80年代初頭、福岡県から立て続けに生きのいいロックンロールバンドがデビューし、ひとつのムーブメントとなりました。福岡といえば、生きが良いといえば、そうです、今も昔も明太子!ということで、同時期に福岡から登場したバンドのことを、誰が名付けたのか「めんたいロック」と呼んだのでした。

音楽的な特徴としては、3分にも満たないような短い曲を、キャッチーなメロディーとビートに乗せていたことでしょう。その代表格が、ザ・ロッカーズです。

ザ・ロッカーズ

現在は俳優、タレントとして活躍している陣内孝則が在籍していたことで知られるザ・ロッカーズは、1980年「黒い眼をしてU.S.A」でデビューしています。

今の眼で見るとそうでもないものの、当時は衣装からステージングまでとても派手で、特にギターの鶴川仁美の金髪やメイクは珍しく目立っていました。
Th eRockers

Th eRockers

陣内孝則(ボーカル)
谷信雄(ギター)
鶴川仁美(ギター)
穴井仁吉(ベース)
船越祥一(ドラムス)
とにかく曲が短く、そして速い。チープでトリッキーなロックンロールをこんなにもカッコよく演奏できたのはザ・ロッカーズだけでした。
めんたいロックの中心バンドとして注目され、当時は他のバンドと比べ最もセールスが良かったにも拘らず、現在までフォロワーを生まないのは個性が際立っているからでしょう。

TH eROCKERS 黒い眼をしてU.S.A.

ザ・モッズ

60年代のイギリスではモッズ、ロッカーズという独特のライススタイルを持った若者文化が誕生しましたが、福岡にもロッカーズとモッズがいました。
面白いことに、どちらかと言えばザ・ロッカーズのファッションはモッズで、ザ・モッズの方がむしろロッカーズっぽいんですよね。

ただ、共にパンクの影響を受けて出てきたバンドということでは共通しています。

ザ・モッズのデビュー曲は「崩れ落ちる前に」で1981年6月21日のリリースでした。
ザ・モッズ

ザ・モッズ

森山達也(ボーカル・ギター・ブルースハープ)
苣木寛之(ギター・ボーカル)
北里晃一(ベース・ピアノ・ボーカル)
梶浦雅裕( ドラムス)
「めんたいロック」と呼ばれるバンドの中でも、デビュー当時の曲作りの上手さではトップだったのではないでしょうか?!パンキッシュな出で立ち、音作りの中に、キラリと光るポップなセンスが魅力的です。

デビュー曲から4ヶ月後の10月にリリースされたセカンド・シングル「ゴキゲンRADIO」は、タイトル通りまさにご機嫌な1曲です!

THE MODS/ゴキゲンRADIO

ザ・ルースターズ

1980年11月にシングル「ロージー/恋をしようよ」でデビューしたザ・ルースターズ。1988年に解散しているにも関わらず、今でも多くのフォロワーを生んでおり、リスペクトするプロのミュージシャンも多くいます。

「ロージー」はスカのリズムを持った曲ですが、当時の日本の音楽シーンにスカを演奏するバンドはほとんど居ませんでしたし、スカという言葉自体浸透しておらず、このリズムがスカだということを知らずに聴いていたリスナーがほとんどだったと思われます。

それにしてもカッコイイ曲。いまだに色あせることのない名曲と言っていいでしょう。
THE ROOSTERS

THE ROOSTERS

大江慎也 (ボーカル、ギター)
花田裕之 (ボーカル、ギター)
井上富雄 (ベース)
池畑潤二 (ドラムス)
出典 ameblo.jp
しかし、「ロージー」よりも衝撃的だったのはカップリング曲の「恋をしようよ」の方だったかもしれないですね。何が衝撃的かと言うと、性急なロックのリズムに乗って歌われる男の本音、下心まる出しの歌詞です。
彼女がいくらオシャレをしてきても、そんなことは気にしていない、俺はお前とやりたいだけなんだ!というストレートすぎるその内容に度肝を抜かされた男どもは数知れません。

THE ROOSTERS "恋をしようよ"

ドライブするリズム隊と大江慎也のぶっきらぼうなボーカルが最高です!

シーナ&ザ・ロケット

ザ・ロッカーズ、ザ・モッズ、ザ・ルースターズがほぼ同時期にデビューしたことで福岡が注目されるようになったのですが、この3バンドに大きな影響を与えた福岡のバンドがあります。

サンハウスです。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • チャーリー 2018/4/30 01:10

    あんまし知ってないかなと思ってたら全部知ってた。シーナは亡くなって陣内頭真っ白やし、時が経ってしまったんだね。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「シーナ&ロケッツ」鮎川誠の愛するシーナと音楽の人生ドラマ

「シーナ&ロケッツ」鮎川誠の愛するシーナと音楽の人生ドラマ

九州発祥の「めんたいロック」の先駆者、鮎川誠の活動と「シーナ&ザ・ロケッツ」の妻シーナとの出会い。 結婚や娘達との人生ドラマ。愛用楽器について。
今では考えられない!マクセルカセットテープのCMには大物ミュージシャンがバンバン出てたんですよね。

今では考えられない!マクセルカセットテープのCMには大物ミュージシャンがバンバン出てたんですよね。

ザ・モッズ、山下達郎、久保田利伸にTMNなどなどマクセルカセットのCMには、彼らの曲が使われているだけではなく、本人が出演していたんですよね。今となってはその豪華なラインナップに驚くばかりです。
obladioblada | 6,515 view
日本のロック史を語る上で外すことの出来ない重要なミュージシャン多数参加の暴動映画「爆裂都市」

日本のロック史を語る上で外すことの出来ない重要なミュージシャン多数参加の暴動映画「爆裂都市」

ザ・ロッカーズ、ザ・ルースターズにザ・スターリンなどなど80年代のロックファンには堪えられないミュージシャンが参加したカルト映画「爆裂都市」。ストーリーなど特になく、フラストレーションの高まりを圧倒的な疾走感で表現しています。
obladioblada | 7,988 view
博多っ子という言葉を定着させた名作「博多っ子純情」。漫画を忠実に再現した映画も秀逸ですよ。

博多っ子という言葉を定着させた名作「博多っ子純情」。漫画を忠実に再現した映画も秀逸ですよ。

今でこそアジアの玄関口と言われ注目されることも多い福岡ですが、博多っ子純情が連載されていた70年代は只のいち地方都市に過ぎませんでした。博多っ子という言葉もこの漫画からで、原作者の造語です。博多っ子のバイブルであり、伝説ともなっている博多っ子純情を見ると福岡のことがよく分かるりますよ。
obladioblada | 1,029 view
陣内孝則率いるザ・ロッカーズ!結成40周年でアルバム再発売など、再始動!

陣内孝則率いるザ・ロッカーズ!結成40周年でアルバム再発売など、再始動!

1980年代を駆け抜けためんたいロックのザ・ロッカーズ。その彼らが結成40周年を迎え、アルバムを再発売やトークライブを行うなど再始動する!陣内孝則率いるザ・ロッカーズは九州出身者で固められ、上京後も人気を博した。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト