懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.2(生放送のハプニング・想定外の衝撃的な展開・トンデモない漫画)
2017年2月5日 更新

懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.2(生放送のハプニング・想定外の衝撃的な展開・トンデモない漫画)

懐かしい昭和の特撮やアニメの衝撃的な傑作エピソードや生放送番組でのトンデモないハプニング、つい笑ってしまうブラックユーモアな漫画を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。

79,302 view
女性ドライバー「やれやれ、まー名古屋の走り(ルール)を...

女性ドライバー「やれやれ、まー名古屋の走り(ルール)を・・・教えたるわ!」 信号は黄色になる。

名古屋の走り(ルール)を・・・教えたるわ!

教わっちゃ駄目!
「信号無視」
交通信号の切り替わり前後に交差点へ進入する、いわゆる信号残りと呼ばれる事象において、黄信号にあってはためらいなく進入し、赤信号に変わっても状況判断によっては進入することが見られ、名古屋走りの典型例とされている。

これを「黄色まだまだ、赤勝負」と形容することもある。
女性ドライバー「黄色・・・まだまだ・・・赤勝負!!」 ...

女性ドライバー「黄色・・・まだまだ・・・赤勝負!!」 ハイエースは止まったが、名古屋走りの女性は信号を無視して突っ込んでいった・・・。

名古屋走りの典型例「黄色まだまだ、赤勝負」・・・スピード超過に信号無視、絶対に真似しないでね。
都道府県別の交通事故発生ランキングの1位は愛知県。

都道府県別の交通事故発生ランキングの1位は愛知県。

『クレヨンしんちゃん』の初期作品

野原しんのすけ「じゃ・・・母ちゃんのお股に・・・」 野...

野原しんのすけ「じゃ・・・母ちゃんのお股に・・・」 野原みさえ「そうね、そこなら何でも入るし・・・」

これは、かなりヤバイネタ。

しんのすけ「カギはオラがあずかる」
みさえ「ダメよ、あんた失くしちゃうから」
しんのすけ「じゃ・・・母ちゃんのお股に・・・」
みさえ「そうね、そこなら何でも入るし・・・」
出典 p.twpl.jp
野原しんのすけ「あと一個は先生の恋人のチンチンだよ」 ...

野原しんのすけ「あと一個は先生の恋人のチンチンだよ」 吉永先生「そんなに小さかないわよ」

かなり強力な話。

吉永先生「しんのすけ君はな~に?」
しんのすけ「オラのチンチンと風間くんのチンチンとマーくんのチンチンと・・・先生にもあとでひとつ・・・」
吉永先生「えんりょするわ」
しんのすけ「だってあと一個は先生の恋人のチンチンだよ」 
吉永先生「そんなに小さかないわよ」
吉永先生「あらあら恥ずかしいのかな?しんのすけ君」

吉永先生「あらあら恥ずかしいのかな?しんのすけ君」

『クレヨンしんちゃん』の封印されている第一話。
吉永先生「コ、コラ・・・ダメでしょ・・・そんな所入っちゃー」

吉永先生「コ、コラ・・・ダメでしょ・・・そんな所入っちゃー」

吉永先生「ああっいい~」

吉永先生「ああっいい~」

吉永先生「ひえ~ソープに売るのだけは勘弁して~」 園長...

吉永先生「ひえ~ソープに売るのだけは勘弁して~」 園長先生「よしなが先生、ボクです・・・園長ですよ!!」

しんのすけ「(コンドームを膨らませている)まずい・・・...

しんのすけ「(コンドームを膨らませている)まずい・・・」 みさえ「フーセンガムじゃないのよ!!」

みさえ「そーよ、これはプロレスなのよ」 しんのすけにセ...

みさえ「そーよ、これはプロレスなのよ」 しんのすけにセックスしているところを見られて、「プロレスごっこ」とごまかす。

『宇宙特撮シリーズ キャプテンウルトラ』 特撮ヒーロー史上最も難解な最終回といわれる。

『宇宙特撮シリーズ キャプテンウルトラ』

名曲中の名曲の特撮ソング「キャプテンウルトラ」
歌:ボーカル・ショップ、東京マイスタージンガー、上高田少年合唱団

キケロ星人のジョー役が小林稔侍さん
最終回の花畑でのシーンは、特撮ヒーロー史上最も難解な最終回といわれるほど様々な解釈ができるものだった。

中田博久によれば、出演者たちも意味がわからず「これって天国なの」と聞いたほどだったという。

スタッフの説明によれば、ブラックホールを通り抜けた宇宙の果てには、天国のような素晴らしい世界が待っているかも知れないという暗示を込めたメッセージだったとのことである。
キケロ星人ジョー:「小林稔侍」(第12話まで)

キケロ星人ジョー:「小林稔侍」(第12話まで)

左は500万馬力のロボットの「ハック」。

前半12話は「バンデル星人編」と銘打たれ、太陽系への移住をもくろむ宇宙人・バンデル星人との戦いを中心に展開した。登場する怪獣は3体のみ。第13話から路線の修正が行なわれ、「怪獣ぞくぞくシリーズ」がスタート。キャプテンたちが毎回登場する新怪獣と、これらの引き起こす怪現象に立ち向かうストーリー展開になった。
ガリバー号に乗って火星に向かったケンジとミユキ・サユリ...

ガリバー号に乗って火星に向かったケンジとミユキ・サユリ姉妹は事故にあい行方不明になる。

『宇宙特撮シリーズ キャプテンウルトラ』第24話 「行け!キャプテン宇宙をこえて」(最終回)

火星で宇宙遊泳をしていてサユリが事故で「宇宙の果て」へ飛ばされていく。ケンジとミユキはサユリを救い出そうとするが、サユリ同様に行方不明になってしまう。3人とも「宇宙の果て」へ飛ばされてしまったようだ。

ケンジは「無限ゾーン」(画面描写としては真っ暗な何もない宇宙空間)でサユリを発見する。

宇宙の果て、無限、無限ゾーンといった出てくる専門用語の意味・定義が分かりにくいです。
ケンジとミユキ・サユリ姉妹を救うため、キャプテンが「無...

ケンジとミユキ・サユリ姉妹を救うため、キャプテンが「無限」への挑戦を志願した。

『宇宙特撮シリーズ キャプテンウルトラ』第24話 「行け!キャプテン宇宙をこえて」(最終回)

ガリバー号に乗って火星に向かったケンジとミユキ・サユリ姉妹は事故にあい行方不明になる。

彼らが「宇宙の果て」に行ったと推測したムナトモ達は、宇宙の切れ目から「無限」に落ち込めば助けられると判断。

キャプテンが「無限」への挑戦を志願した。銀河のはずれ、プロメテウス星の底なしクレバスから落ちていくキャプテンが見たものは…?(C)東映
無限への入り口につながっているプロメテウス星の底なしク...

無限への入り口につながっているプロメテウス星の底なしクレバスから落ちていくキャプテン

『宇宙特撮シリーズ キャプテンウルトラ』第24話 「行け!キャプテン宇宙をこえて」(最終回)

キャプテンたちはプロメテウス星(表面温度は零下200度で、過去と未来がつながっている星とキャプテンは言う。かなり謎が多い星。)に到着し、キャプテンとハックは地上に降りる。

「無限」への近道である「宇宙の切れ目」と思われる深い谷(無限ゾーンへの入り口)を発見するが、そこへ落ちてしまう。
104 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.1(面白い放送事故・想定外の衝撃的な展開・トンデモない漫画)

懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.1(面白い放送事故・想定外の衝撃的な展開・トンデモない漫画)

懐かしい昭和の特撮やアニメの衝撃的な傑作エピソードやトンデモない作品やテレビ番組、つい笑ってしまう面白い放送事故を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 91,423 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.8(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.8(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい昭和の特撮やアニメにドラマの衝撃的な傑作エピソードやバッドエンドな特撮作品を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 114,297 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.6(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.6(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい昭和の特撮やアニメの衝撃的な傑作エピソードや生放送番組でのトンデモないハプニングを振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 85,860 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.5(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・封印作品)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.5(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・封印作品)

懐かしい昭和の特撮やアニメ・漫画の衝撃的な傑作エピソードや子供のころに怖くてトラウマになった作品などを振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 70,794 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト