ファミコン初期の名作「ダックハント」!プレイしたことある?懐かしくて嬉しいガンシューティングの傑作紹介!
2017年1月23日 更新

ファミコン初期の名作「ダックハント」!プレイしたことある?懐かしくて嬉しいガンシューティングの傑作紹介!

「ダックハント」は1984年に任天堂から発売されたファミコンのガンシューティングゲームです。 このソフトは、光線銃型コントローラー「ガン」を使って遊びます。子供心にとても楽しかったのを覚えています。さて、それでは説明していきましょう。

11,956 view

ダックハントとは?

プレイ画面

プレイ画面

「ダックハント」は光線銃シリーズの第2弾のゲームになります。
画面上を逃げ回るカモを打ち落とす。実に簡単なゲームですけど、そういうゲームの方がはまりますよね。
ワイルドガンマンは光線銃シリーズ1作目!

ワイルドガンマンは光線銃シリーズ1作目!

「ワイルドガンマン」は光線銃シリーズ1作目!のゲームです。
画面に登場する名うての早撃ち自慢との勝負。専用のガンホルダーを腰にまいてプレーすればッ臨場感抜群。あなたも西部の狙撃手みたいなかんじ?もしくはドラえもんののび太みたい?

ところで光線銃とは?

光線銃っていうか銃ってかんじですよね・・。

光線銃っていうか銃ってかんじですよね・・。

上記の物がファミコンで使用できる光線銃です。見た目未来っぽいかんじがまるで無いので、それこそ西部劇の銃みたいですよね。光線銃って感じではないです。
トリガーを引くとゲーム画面がターゲットの位置のみ白く表示される識別用の画面に切り替わり、銃口のセンサーがこれを感知して命中判定を行います。

なかなかハイテクですよね。この商品の考案者はゲーム&ウォッチ等を手がけた横井軍平さんです。さすがデス!!

光線銃の気になるお値段は?

これだけハイテクな光線銃だとお値段もさぞ高いんだろう?と思いますよね。
当時はファミコン本体が14800円。そして光線銃というか光線銃とソフト付属で8500円でした。
これは高いよね・・・。ということで、光線銃シリーズは成功とはいかなかったのかもしれません。
でも当時としては画期的なシステムです。
っていうか1度光線銃を買ったなら、「ワイルドガンマン」「ボーガンズアレイ」「ダックハント」と全部揃えた方がお得な気もします。実際そういう人は多かったと思いますけどね・・。
アマゾンで、光線銃販売してますけど、なんと45000円ぐらいでした!
新品ですけど、高い-!
中古だと5000円ぐらいで販売されているようです。

外国版のファミコン NESの光線銃はカッコいい!?

ファミコン版と全然違う!

ファミコン版と全然違う!

こちらファミコンの海外版NESの光線銃です。北米仕様ということですが、日本と全然違います。
こちらの方が”光線銃”って感じで未来的ですよね。
カッコいいと思うのは私だけでしょうか?

「ダックハント」のゲーム概要!

タイトル画面です。

タイトル画面です。

「ダックハント」には三つのゲームモードがあり、タイトル画面で選ぶようになっています。
・GAME A 1 DUCK・・・カモを撃ち落とすモードです。
・GAME B 2 DUCKS・・・カモを撃ち落とすモードです。でも2羽同時に出現しますのでAより難易度が高い。
・GAME C CLAY SHOOTING・・・クレイ射撃を行うモードです。ダックハントとは全く関係無いですが、面白いです。
以上三つですね。

ダックハントの画面構成!

プレイ画面ですよ!

プレイ画面ですよ!

56 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ファミコン「マグマックス」アーケードゲームの移植作!ロボットのパーツを集めて合体する所が魅力的だった!!

ファミコン「マグマックス」アーケードゲームの移植作!ロボットのパーツを集めて合体する所が魅力的だった!!

ファミコンソフト「マグマックス」は、日本物産から1985年に発売されたアーケードゲームの移植作品として1986年に発売されました。地上や地底が、平行して存在しており、どの場面でどちらを進んでも良いという設定になっていました。
星ゾラ | 5,529 view
初期ナムコ84年〜86年発売のファミコンソフトは箱やカセットにナンバーリングがされていました。

初期ナムコ84年〜86年発売のファミコンソフトは箱やカセットにナンバーリングがされていました。

初期のナムコから発売されたナンバーリングがされファミコンソフト、01 ギャラクシアン、02 パックマン、03 ゼビウス、04 マッピー、05 ギャラガ、06 ディグダグ、07 ドルアーガの塔、08 ワープマン、09 バトルシティー、10 パックランド、11 バーガータイム、12 スターラスター、13 タッグチームプロレスリング、14 ディグダグ II、15 スーパーチャイニーズ、16 バベルの塔、17 ワルキューレの冒険 時の鍵伝説、18 スカイキッド
M.E. | 123,289 view
【エキサイトバイク】何度もオーバーヒートしちゃったり、デタラメな面を作ったりしましたよね。

【エキサイトバイク】何度もオーバーヒートしちゃったり、デタラメな面を作ったりしましたよね。

「エキサイトバイク」ずいぶんと遊びました。自分では持ってませんでしたが友達の家でさんざん盛り上がった記憶があります。当時はなぜかソフトの値段が高かったんですよね、金色の箱だったりエディットモードが楽しかったのも憶えています。
青春の握り拳 | 27,699 view
【スパルタンX】「アチョー」「ヤー」「ワッハッハ」などの擬音が新鮮だったファミコン初期の名作!!

【スパルタンX】「アチョー」「ヤー」「ワッハッハ」などの擬音が新鮮だったファミコン初期の名作!!

「スパルタンX」人気ありましたよね~。雑魚キャラなのに手こずったつかみ男や全然倒せなかったラスボスのMr.MAX。そうそう、ヒロインのシルビアが真のラスボスだなんて噂も出回りましたね。
青春の握り拳 | 26,066 view
【1984年のテレビゲーム】コンピュータゲームが大きく発展した1980年代を、ファミコンを中心に1年ごとに丁寧に振り返る。

【1984年のテレビゲーム】コンピュータゲームが大きく発展した1980年代を、ファミコンを中心に1年ごとに丁寧に振り返る。

【1984年のテレビゲーム】1980年代に幼少期から青春時代を生きた私たちは、家庭用ゲーム期黄金世代と呼ばれる世代です。1983年のファミコン登場以降、家庭用ゲーム機が遊びの主流へと駆け上がる中で、私たちは「外遊び」「家遊び」「勉強」を巧みに使い分けながら、ファミコンを中心とした家庭用ゲーム機の進化を肌で味わってきたといえるでしょう。そんな1980年代を1年ごとに振り返る、今回は1984年について振り返ってみます。
青春の握り拳 | 20,195 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト