「ぶ~け」という少女マンガ雑誌を知っていますか
2018年4月3日 更新

「ぶ~け」という少女マンガ雑誌を知っていますか

「ブーケ」でもなく「ぶーけ」でもなく「ぶ~け」。ちょっと小さめで分厚い月刊少女マンガ雑誌。1980年代を中心に意識高めの女子の心の友だった雑誌を見てみます。

2,468 view

「ぶ~け」というタイトルも装丁もこだわった少女マンガ誌

「ぶ~け」は、1978年創刊の少女マンガ雑誌です。
出版社は集英社。
当時は「マーガレット」「少女フレンド」「少女コミック」の三大雑誌、
ちょっと下の世代向けの「りぼん」「なかよし」
そこに後発で勢いのある白泉社「花とゆめ」「LaLa」が出てきたころです。
「ぶ~け」創刊号 1978年9月

「ぶ~け」創刊号 1978年9月

何がこだわってるって、まずタイトル。
「ブーケ」でもなく「ぶーけ」でもなく「ぶ~け」。

当時の集英社の「マーガレット」と「りぼん」
この二つを束ねて「ぶ~け」ということらしいです。
なので、「マーガレット」に執筆していたマンガ家と
「りぼん」に執筆していたマンガ家が、どちらもこの雑誌には描いていました。
「ぶ~け」1989年6月号

「ぶ~け」1989年6月号

しかも厚い! 分厚い!
この画像だと版の大きさが分かりにくいのですが、サイズはA5です。
んでこの厚さ。だいたい700ページ以上あったはず。
「コロコロコミック」とほぼ似たようなものだと思し召し下さい。

そして表紙だけでなく、裏表紙にも絵があるのが、「ぶ~け」だったんです。
ここにもアートに対するこだわりが見えますね。

「再録」が目玉の月刊誌

「ぶ~け」は、もちろん「マーガレット」「りぼん」の作家の
描き下ろしを掲載する雑誌ではあるのですが
それまでこの2誌に掲載・連載されていて、まだコミックスにはなっていない作品とか
コミックスにするほどではないけどまとまって読んでみたい作品とかを
まとめて再録する特集を目玉としていました。
「ぶ~け」1979年12月号

「ぶ~け」1979年12月号

この号は一条ゆかり「有閑倶楽部」の総集編vol.1ですね。
でもこの特集は、本誌で行う頻度はどんどん少なくなって
1980年以降は「ぶ~けデラックス」とか「ぶ~けセレクション」とかの
増刊号での特集に移行していきました。

本誌で活躍するマンガ家が、とてもいい勢いで育って
印象的な作品をたくさん掲載するようになってきたからでしょう。

「ぶ~け」といえば思い浮かぶマンガ家たち

「ぶ~け」がなんで「意識高い女子」向けと思えるのかと言えば
掲載されている作品に、いくつか共通点があるんです。

●とにかく絵がきれい、線がきれい、アーティスティックである
●従来の少女マンガのセオリーからはずれ、ストーリー性が高い
●ジャンルにこだわりがない

逆に言えば、少女マンガに恋愛や波乱万丈なドラマ性を求める層には
向かないマンガ雑誌でもあったわけです。

内田善美 ラファエル前派を愛した細密描写

『星の時計のLiddell』内田善美 集英社

『星の時計のLiddell』内田善美 集英社

マーケットプレイスでの出品ですね。
ハードカバー3冊で13000円以上します(涙
女子美術大学に在学中の1974年に1974年に「なみの障害物レース」(『りぼん』7月号)でデビュー。卒業制作で忙しくなるまで、一条ゆかりのアシスタントをしていた[1]。内田に紹介されて代わりに一条のアシスタントになった松苗あけみは、内田は一条の『5愛のルール』(雑誌「りぼん」1975年5月号 - 12月号掲載)で背景などを描いていたと述べている[1]。当時の美大出身の少女漫画家たちと同じくヨーロッパ絵画や挿絵などの影響を受けており、ラファエル前派やバーン=ジョーンズを好んだという[1]。1978年創刊の『ぶ〜け』誌には創刊号から参加、1983年頃まで、同誌の看板作家の1人として活躍した。美麗な画風で繊細な細い線と細密な画、衒学趣味的なネームを特徴とする。初期は、叙情的な短編が多かったが、次第に幻想的な要素が強くなり、1982年から1983年にかけて、代表作であり、集大成的な色彩が強い長編『星の時計のLiddell』を連載。
当時から、細かく描きこまれた細密な人物や背景、
哲学的で幻想的なネームなど、
とにかく良質な幻想文学の挿絵がそのままマンガになったような作品に
びっくりした人が多かったはず。
「ぶ~け」の表紙もかなりの数描いていますが、美しさは一目瞭然でした。
「ぶ~け」1979年4月号

「ぶ~け」1979年4月号

創刊号、12月号も内田善美ですね。
『星の時計のLiddell』より 内田善美 集英社

『星の時計のLiddell』より 内田善美 集英社

描き込みがハンパないです。
この作品に関しては全編こんな感じ。
ですが、1984年の『草迷宮-めらんこりかるShopping-』を最後に、断筆してしまいます。

『星の時計のLiddell』で、描きたいことはすべて描いてしまったとのこと。
その後、『消えたマンガ家』で大泉実成が、内田善美の消息をたずねますが
本人から出版社を通じて「そっとしておいてほしい」と返答があったそうで
当時出版され今は絶版(品切れ)になっている著作についても
再版はされていません。

なので、当時出版されたコミックスやハードカバー本は、
今は品薄どころかものすごいプレミアがついていたりします。

吉野朔美 無垢さと精神世界と

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

―あの青い瞳と哀しい旋律に狂おしいほど魅かれたのだ― 吉井和哉をモデルにした青年との狂おしい恋… 矢沢あいが描いた『下弦の月』。その内容に迫ります!

―あの青い瞳と哀しい旋律に狂おしいほど魅かれたのだ― 吉井和哉をモデルにした青年との狂おしい恋… 矢沢あいが描いた...

美しい絵柄でりぼんっ子を引き込ませた「下弦の月」。しかし、ただただただ緻密に組み込まれた作者・矢沢あいさんのあざやかな手腕に呑まれたのではないのでしょうか。改めて読んでみるとまた違う発見ができるかもしれません。では参りましょう!
me*me | 577 view
23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

90年代少女漫画の金字塔『姫ちゃんのリボン』の番外編を収録した『姫ちゃんのリボン 短編集』が発売。当時を知るファンから感嘆のコメントが相次いでいる。また、同作の新刊が刊行されるのは23年ぶりとなる。
時代を回り続けるファッション【70年~80年代】

時代を回り続けるファッション【70年~80年代】

名前や形を少しずつ変えながらも似たファッションが過去から現代へと繋がっていく様はまるで人間の根本的嗜好は変化しないのだと、まるで見透かされているようだ…。
地域や世代でバラバラ??小中学生の時一度はやった?!指遊びで恋占い!!

地域や世代でバラバラ??小中学生の時一度はやった?!指遊びで恋占い!!

小中学生の女の子、ませて片思いしたり異性が気になり始めるお年頃…♡そんなときに面白半分でやっていた指占いを図とともに紹介していきたいと思います。世代や地域差もあったのでは?!あなたはどんな言葉でやっていましたか??
ローズリー | 443 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

オトナ女子必見!「セーラームーン」の襟付きナイトブラ登場!!

オトナ女子必見!「セーラームーン」の襟付きナイトブラ登場!!

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」が、あのセーラームーンをモチーフにした『おやすみ用ブラ』『ブラカップ付きタンクトップ』『ルームパンツ』の予約受付を開始しました。かつてセーラームーンに憧れたオトナ女子は必見です!
隣人速報 | 4,846 view
知る人ぞ知る“超展開”マンガ「バレエ星」が48年の時を経て単行本化!サブカル好き必見!

知る人ぞ知る“超展開”マンガ「バレエ星」が48年の時を経て単行本化!サブカル好き必見!

かつて、小学館の学年誌に頻繁に掲載されていた「バレエ漫画」。そんなバレエ漫画の中でも異色の作品、谷ゆき子の「バレエ星」が、連載から50年近い時を経てついに単行本化を果たしました。その超展開ワールドを是非堪能してみましょう!
隣人速報 | 1,710 view
【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

講談社なかよしでセーラームーンキャラクター人気投票が行われ、1993年3月号に結果が掲載されました。38位までが発表された中からトップ10のキャラクターを振り返ります。1位はやっぱりあの人かな…
ローズリー | 12,172 view
少女漫画『ときめきトゥナイト』が女性誌BAILAとコラボ!婚姻届が付録!初キスシーン等が描かれる!

少女漫画『ときめきトゥナイト』が女性誌BAILAとコラボ!婚姻届が付録!初キスシーン等が描かれる!

池野恋による少女漫画『ときめきトゥナイト』。同作と女性ファッション雑誌BAILA(バイラ)7月号の別冊付録「婚BAILA」と連動した企画で、スペシャルな婚姻届が登場する。
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト