永遠の名曲「マイ・シャローナ」に泣いたザ・ナック
2016年10月23日 更新

永遠の名曲「マイ・シャローナ」に泣いたザ・ナック

ザ・ナックのことを知らなくても「マイ・シャローナ」、それもイントロだけで聞き覚えがあるという方は多いと思います。あまりにも印象的な曲を出したがために、その後は茨の道を歩くことになったザ・ナックの物語!

3,372 view

ザ・ナック

名前を言われても分からない。顔を見ても気づかない。しかし、曲を聴くと「知っている」!
しかも、その曲は永遠に輝きを失わない。
そんなミュージシャンが古今東西けっこう存在するわけですが、ザ・ナック、彼らもそのひとつと言っていいのかもしれません。
The Knack

The Knack

ザ・ナックは、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスで結成し、1979年、アルバム「ゲット・ザ・ナック」でデビューしました。
このアルバムは、全米6週連続1位を記録し、シングル・カットされたデビュー曲「マイ・シャローナ」も5週連続1位に輝く大ヒットとなりました。

そうです。このデビュー曲「マイ・シャローナ」こそが、歌ってる人はしらなくとも、曲を聴けばそれと分かる永遠に輝く一曲です。

メンバー

ダグ・ファイガー

ダグ・ファイガー

1952年8月20日 - 2010年2月14日
リードボーカル/リズムギター
出典 yaplog.jp
バートン・アヴェール

バートン・アヴェール

1952年12月13日
ギター/ボーカル
プレスコット・ナイルズ

プレスコット・ナイルズ

1951年3月2日
ベース
ブルース・ゲイリー

ブルース・ゲイリー

1951年4月7日 - 2006年8月22日
ドラムス
ドラムスのブルース・ゲイリーは、2006年8月22日に非ホジキンリンパ腫のため死去。
そして、ボーカルを担当していたダグ・ファイガーも、脳腫瘍と肺癌を併発し、 2010年2月14日死去されました。

ゲット・ザ・ナック

Get the Knack

Get the Knack

1979年6月リリース
チャート最高順位:全米1位
このデビューアルバムはたったの11日間でレコーディングは終了したそうです。

【収録曲】
1.レット・ミー・アウト "Let Me Out"
2.ユア・ナンバー・オア・ユア・ネイム "Your Number or Your Name"
3.オー・タラ "Oh Tara" (Doug Fieger)
4.セルフィッシュ "(She's So) Selfish"
5.メイビー・トゥナイト "Maybe Tonight" (D. Fieger)
6.グッド・ガールズ・ドント "Good Girls Don't" (D. Fieger)
7.マイ・シャローナ "My Sharona"
8.ハートビート "Heartbeat" (Bob Montogomery, Norman Petty)
9.モンキー・アンド・ミー "Siamese Twins (The Monkey and Me)"
10.ルシンダ "Lucinda"
11.リトル・ガールズ・ドゥ "That's What the Little Girls Do" (D. Fieger)
12.フラストレイテッド "Frustrated"
「ナック」という名前や、「マイ・シャローナ」という曲名は知らなくても、あのベースとギターによるシンプルなオクターブのリフを聴けば、多くの人が「ああ!これね!」と言うことと思います。「マイ・シャローナ」以外の曲もキャッチーな出来で一度聴いたら耳に残るようなものばかりです。基本的に二本のギターにベースとドラムという編成で、ノリの良いロックンロールナンバーと甘いバラードで構成されたアルバムです。60年代から70年代初めのブリティッシュポップロックのエッセンスがほど良く加味されたスタイルはとてもかっこよいです。
 それにしても何時聴いても楽しい気分にしてくれる素晴らしいアルバムです。このようなポップな楽曲群を生み出す彼らの作曲やアレンジの才能には驚かされます。また「マイ・シャローナ」のようなシンプルな曲をあそこまでかっこよく聴かせるハイレヴェルな演奏力とダグ・フィージャーのセクシーなヴォーカルも聴きものです。
 まさに一家に一枚の名盤!。
アルバムからは、「マイ・シャローナ」と「グッド・ガールズ・ドント(全米11位)」の2曲がシングル・カットされました。
My Sharona

My Sharona

日本版はアルバムと同じ写真が使われている「マイ・シャローナ」のジャケットですが、アメリカ版は味があってとても良いですねぇ。
MY SHARONA

MY SHARONA

「マイ・シャローナ」なばかりが取り上げられることの多いザ・ナックですが、「グッド・ガールズ・ドント」も本当にいい曲です。
Good Girls Don't

Good Girls Don't

38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 4 2019/1/4 18:38

    分はわけるの意です。理解する意思はありません。
    ②方は人を表す詞ではありません。插入不要。ファン〇

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

グラム・ロックに咲いた伝説のバンド、T・レックス

グラム・ロックに咲いた伝説のバンド、T・レックス

グラム・ロックと呼ばれるムーブメントの中心であった、マーク・ボラン率いるT・レックス。そのあまりに強烈だった光と影。
obladioblada | 6,927 view
ピンク・フロイドの素晴らしすぎるジャケット・デザイン

ピンク・フロイドの素晴らしすぎるジャケット・デザイン

ロック界での名声を欲しいままにしているピンク・フロイド。毎回爆発的なセールスを記録したアルバムですが、音楽同様に話題となったアルバム・デザインは、ヒプノシスというデザイン集団が制作したものです。
obladioblada | 10,147 view
【ヴァン・ヘイレン】「ジャンプ」の大ヒットで80年代を代表するロックバンドへ!

【ヴァン・ヘイレン】「ジャンプ」の大ヒットで80年代を代表するロックバンドへ!

 1978年、「ユー・リアリー・ガット・ミー」(キンクス・カバー、シングル)でデビュー。その後、マイケル・ジャクソンの「ビート・イット」ではエドワード・ヴァン・ヘイレンのみ参加、そして、「ジャンプ」で一躍、世界的大ヒットを生み出した偉大なバンド。特に「ジャンプ」収録のアルバム「1984」を中心にまとめてみます。
Yam | 17,351 view
クイーン フレディの4オクターブが凄かった!

クイーン フレディの4オクターブが凄かった!

ロック御三家の中の唯一の英国バンド 実は日本から人気に火がついたことをご存じでしたか? フレディが亡くなりましたがまだクイーンとして活動は続いています。
momoko | 5,783 view
BOOK OFF  元店長のオススメ  アーティスト&アルバム   ザ・ビートルズ  編 PART1

BOOK OFF 元店長のオススメ アーティスト&アルバム ザ・ビートルズ 編 PART1

昭和から平成の初めに活躍したアーティストたち。時代の大きなうねりを私たちに音楽と言う安定剤を処方し続けてくれた作品をマニアックに紹介できればと思っております!今回は洋楽!ビートルズです!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト