初期セガを支えた2つの名作、【スペースハリアー】と【ファンタジーゾーン】。
2017年1月24日 更新

初期セガを支えた2つの名作、【スペースハリアー】と【ファンタジーゾーン】。

セガ(後のセガ・インタラクティブ)が1985年に発表した【スペースハリアー】と、翌1986年に発表された【ファンタジーゾーン】。 テイストの全く異なる2作品ですが、どちらもその後、続編が発表されたり多くの媒体に移植され、初期セガを支える人気作となりました。 2つの作品の間に隠された秘密も含め、その魅力を紹介していきます。

22,937 view

まずは「スペースハリアー」から。

 (1510315)

1985年11月発表。
超能力戦士ハリアーを操作し、敵や障害物を避けながら、全18ステージを疾走していく擬似3Dシューティングゲームです。
【ストーリー】

銀河系のはるか彼方にあるドラゴンランド。永遠に続くかと思われる平和を享受していたこの世界に、突然、凶悪な魔物たちが現れ、世界は闇に包まれた。
ドラゴンランドに住む正義のドラゴン・ユーライアは、荒れ果ててしまったこの世界に光を取り戻すべく、超能力戦士ハリアーに救援を求めた。
未知なる魔物たちが巣くうドラゴンランドに単身乗り込んでいくハリアー。真の戦士となるための孤独な戦いが始まろうとしている…

出典 http://vc.sega.jp/vca_harrier/
ユーライア

ユーライア

映画『ネバーエンディング・ストーリー』のファルコンを思い出してしまう貴方は、ミドルエッジ世代。

ゲームセンターに突如現れた「体感ゲーム」!

「スペースハリアー」の大きな特徴が、コックピット型の大型マシンと操縦桿による操作システムです。
レバー動作によって座席ごと前後左右に動くアトラクション感に、当時高校生だった筆者も度肝を抜かれたものですが、それはゲーム業界にも大きな衝撃を与えました。
スペースハリアーの筐体

スペースハリアーの筐体

飛行機のように、操縦桿を引くと機体が上昇し、倒すと下降します。
そのため、上下操作が通常と逆になるというのが「スペースハリアー」の大きな特徴でした。
(ただし、その後移植されたコンシューマ版では、上下の挙動を選択できるものが多いです)
出典 スペースハリアー-Wikipedia
後に、この筐体を用いた戦闘機のゲーム「アフターバーナー2」も登場しましたが、ではこのコックピット型の筐体というアイディアは、どうやって生まれたでしょうか?
AMショーでの発表までは自機が戦闘機だったが、ハードウェア機能の制約から自機キャラクタは表示パターンを削ってでも大きく表現したほうがいいと判断され、宙を浮く人間(超能力戦士)に変更された。
出典 スペースハリアー-Wikipedia
AV-8B ハリアーⅡ

AV-8B ハリアーⅡ

VTOL、すなわち垂直離着陸機の代名詞です。

なお、後に移植されたセガマークⅢ版では、自機をこのハリアー戦闘機に変更できる裏技がありました。
スペースハリアーの「ハリアー」は言うまでもなくVTOL戦闘機の「ハリアー」。元々はそのハリアー機が主役として開発されていて、途中内容が変わったものの名前だけが残ったというのは有名な話。では、「スペース」とは?それは「スペースコブラ」の「スペース」。寺沢武一の漫画「コブラ」のTVタイトル「スペースコブラ」から来ています。
英和辞典で原語「harrier」を引くと、「チュウヒ」(鷹の一種)と出てきます。
そう、鷹から命名された戦闘機の名残だったんです。

また「harrier」にはクロスカントリー競技の選手、という意味もあるそうです。
道なき道を疾走する、というイメージも重ねたのかもしれません。
ちなみに、コブラ。

ちなみに、コブラ。

自機が超能力戦士へと変更になってから、左手にサイコガン内蔵というコブラの設定も参考にされたと思われます。

スペースハリアーの魅力とは?

 (1510321)

筐体だけでもインパクト十分だったのですが、加えてリアルな3D表現、圧倒的なスピード感、巨大なキャラクターの造形・色彩の豊かさ、BGMの素晴らしさなど枚挙にいとまがありません。
「キャビネットが自機にあわせて可動する」というかつて無いプレイ感覚に、「よけて撃つ」のみという虚飾を廃したシンプルが故に圧倒的に高いゲーム性。なめらかな超高速3Dスクロールに32,000色の当時としては比類無く美麗なグラフィック、そしていつまでも耳に残る美しいサウンド。1985年当時のゲームセンター内でも文句なしにずば抜けた存在で、その迫力と臨場感はこれからのビデオゲームの未来を感じさせずにはいられないタイトルだったのだ。
パワーアップ等は一切なく、敵弾や障害物を避けながら敵を倒すだけ!と、実にシンプルなゲーム内容でしたが…

ここはもう、実際のプレイ画面を観ていただきましょう!

アーケード版・プレイ画面

1ステージが短めで、テンポが良いのもよく分かります。
(プレイヤーが神!というのもありますが…)
いまだに30年前のゲームとは思えないです…
60 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

これが王道?「グラディウス」スタート時の自機パワーアップ手順!たまにミスって"DOUBLE"とってしまうと即リセット!!

これが王道?「グラディウス」スタート時の自機パワーアップ手順!たまにミスって"DOUBLE"とってしまうと即リセット!!

横スクロールシューティングゲームの王道といえばコナミの「グラディウス」。数々の続編も登場したこのシリーズ、初期作品に入れ込んだ人も多いことと思います。このグラディウス、ゲーム開始時の自機パワーアップはほぼお約束のパターンだったと思います。
青春の握り拳 | 15,541 view
ファミコン『バーガータイム』襲ってくる食べ物をコショウで攻撃!巨大なハンバーガーを作るアクションゲーム!

ファミコン『バーガータイム』襲ってくる食べ物をコショウで攻撃!巨大なハンバーガーを作るアクションゲーム!

ファミコン『バーガータイム』は、1982年にデータイーストから発売されたアーケードゲームの移植作品です。1985年にナムコから発売されました。追いかけてくる敵から逃げて、巨大なハンバーガーを完成させるというパズル要素を含んだアクションゲームでした。
星ゾラ | 3,491 view
ファミコンで最初にハマったバイクレースゲーム「ジッピーレース」、アイレム初期の名作です。

ファミコンで最初にハマったバイクレースゲーム「ジッピーレース」、アイレム初期の名作です。

「ジッピーレース」ファミコンやセガなどで遊んだ人も多いことでしょう。アイレムから83年に登場したバイクレースゲーム、当時はファミコンカセットの光るランプも印象的でした。
青春の握り拳 | 9,046 view
【1985年のテレビゲーム】コンピュータゲームが大きく発展した1980年代を、ファミコンを中心に1年ごとに丁寧に振り返る。

【1985年のテレビゲーム】コンピュータゲームが大きく発展した1980年代を、ファミコンを中心に1年ごとに丁寧に振り返る。

【1985年のテレビゲーム】1980年代に幼少期から青春時代を生きた私たちは、家庭用ゲーム期黄金世代と呼ばれる世代です。1983年のファミコン登場以降、家庭用ゲーム機が遊びの主流へと駆け上がる中で、私たちは「外遊び」「家遊び」「勉強」を巧みに使い分けながら、ファミコンを中心とした家庭用ゲーム機の進化を肌で味わってきたといえるでしょう。そんな1980年代を1年ごとに振り返る、今回は1985年について振り返ってみます。
青春の握り拳 | 20,496 view
懐かしのレースゲームが家庭で遊べる『スーパーハングオン』

懐かしのレースゲームが家庭で遊べる『スーパーハングオン』

1985年に登場した、セガの人気アーケード体感ゲームの第1弾「ハングオン」より二年後、1987年にパワーアップして登場した「スーパーハングオン」のメガドライブ移植作品。アーケード版にはなかった「オリジナルモード」の追加など、家庭用の要素もプラスされた本作を紹介します。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト