お調子者のヤンキーバンド「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」どん底からの脱出!
2018年3月1日 更新

お調子者のヤンキーバンド「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」どん底からの脱出!

トレードマークだった白いツナギは、単に安く買えたからだそうです。当時お金がなかった彼らにとっては必然だったんですね。まさにどん底。ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの脱・どん底ストーリー!

4,377 view

ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

宇崎竜童 率いるダウン・タウン・ブギウギ・バンド。1973年にデビューし、1980年にダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンドに改名。
1981年には解散しますが、その後はスポット的に再結成しており、1987年1にはダウン・タウン・ブギウギ・バンド・リバイバルと名乗ったこともあります。
ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

左から
相原誠、和田静男、宇崎竜童、新井武士
デビュー時のメンバーは、宇崎竜童:ボーカル、トランペット、サイドギター、和田静男:リードギター、ボーカル、新井武士:ベース、ボーカル 、相原誠:ドラムス。
全盛期となると、やはりドラムスの相原誠の在籍時でしょう。デビューメンバーの相原誠は1976年に脱退してしまいます。

どん底

デビュー当時のダウン・タウン・ブギウギ・バンドは、どん底だった!ファースト・アルバムのタイトル「脱・どん底」がそれを実感させます。セカンド・アルバムのタイトルが「続 脱・どん底 」ということで、のっぴきならない状況だったことがよりリアルに伝わります。
「ウソじゃないんだ。どん底なんだ」という思い。満身創痍という言葉さえ浮かびます。
脱・どん底

脱・どん底

1. 山谷ブルース
2. 今日から他人
3. 青春すきま風
4. 哀しみの河
5. 知らず知らずのうちに
6. 黒の舟唄
7. 懐しのラク・タイム
8. 裏切りの前に
9. ダメな女の四畳半
10. 脱・どん底 傷だらけのブルース
アルバムタイトルもさることながら、記念すべきファースト・アルバムの1曲目が岡林信康の曲のカバーで「山谷ブルース」。生活感漂う収録曲のタイトルもただ事ではありません。

アルバムもデビュー曲「知らず知らずのうちに」も全くヒットしなかったわけですが、どん底で切羽詰まった状態は楽曲には良い影響を及ぼしたようで、魂の叫びとでも言いたくなるような尋常ではない切実感が漂っています。

知らず知らずのうちに

1973年12月1日発売のデビュー曲
セカンドアルバムに「続 脱・どん底 」と付けたことから分かるように、まだ当分はどん底状態が続くと考えていたのでしょう。

しかし、神は見ていました!
続 脱・どん底

続 脱・どん底

1. 棄てましょブギ(無茶坊弁慶ヨリ)|イン・ザ・ムード
2. アンタがいない
3. うらぶれた部屋で
4. ダウン・タウンならず者懺悔
5. ベース・キャンプ・ブルース
6. スモーキン’ブギ
7. 賣物ブギ
8. ジプシー・マリー|セントルイス・ブルース
9. 待ちくたびれた16歳
10. 恋のかけら
11. 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ
生活感漂うシリアス路線からお調子者の軽めのブギにチェンジしたことが功を奏し、「スモーキンブギ」がスマッシュ・ヒット。続く「カッコマンブギ」、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」が大ヒットし、一躍スターの座に上り詰めます。

カッコマン・ブギ

ブギウギ・どん底ハウス

「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ 」で一世を風靡したダウン・タウン・ブギウギ・バンドは、おそらくレコード会社からの要望だったのでしょう、同じ路線のシングル「商品には手を出すな」を発表します。
これまたヒットしたことで、今度は全くイメージの違う「裏切者の旅」を発表。ここから本格的に宇崎竜童の才能が開花することになります。

裏切者の旅

名曲「裏切者の旅」の三か月前に3枚目のアルバム「ブギウギ・どん底ハウス」が発売されています。さすがにどん底からは脱出できたようです。
ブギウギ・どん底ハウス

ブギウギ・どん底ハウス

1.ブギウギ・ブギ
2.街角のレディー・コマッシャー
3.涙のシークレット・ラヴ
4.赤坂一ツ木どん底周辺
5.トラック・ドライヴィング・ブギ
6.商品には手を出すな!
7.悲しきティーンエイジ・アイドル
8.ほいでもってブンブン
9.トランペット葬送曲
10.哀しみのディスコティック
アルバムには「商品には手を出すな!」は収録されているものの、「裏切者の旅」は入っていないところがシブいですね。
そして、次のシングルとなる「涙のシークレット・ラヴ」が収録されています。

涙のシークレットラブ

42 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1975年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1975年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

有望な新人が飛び出し、大御所も素晴らしい曲をヒットさせた1975年の邦楽シーン。演歌とポップスのバランスも良く、ヒットチャートを賑わせています。さぁ、売上枚数で見る1975年の邦楽ランキング、ベスト10です。
obladioblada | 1,047 view
軽く見られがちな世良公則&ツイストですが、日本の音楽界にロックを定着させたのは彼らの功績です!

軽く見られがちな世良公則&ツイストですが、日本の音楽界にロックを定着させたのは彼らの功績です!

世良公則&ツイストがデビューした当時、日本ではまだロックは市民権を得ていませんでした。つまり商売にならんと音楽界からは相手にされていなかったのです。曲もさることながらボーカルやバンドのスタイルをはじめメディア戦略まで彼らが成し遂げた功績は大きく偉大なのです!
obladioblada | 3,576 view
70年代のアイドルといえば、森昌子、桜田淳子、山口百恵の3人。花の中三トリオと高三トリオを比べてみました。

70年代のアイドルといえば、森昌子、桜田淳子、山口百恵の3人。花の中三トリオと高三トリオを比べてみました。

花の中三トリオとして華々しい活躍をした森昌子、桜田淳子、山口百恵の3人。その後も高1トリオ、高2トリオと続き、高校卒業時に花の高3トリオをもってトリオとしての活動を解消してしまいますが、3人の活躍は日本の音楽史に大きな足跡を残しました。
obladioblada | 2,951 view
『宇崎竜童』。ダウンタウンブギウギバンドも山口百恵も、輝いていた阿木燿子との最強コンビ。

『宇崎竜童』。ダウンタウンブギウギバンドも山口百恵も、輝いていた阿木燿子との最強コンビ。

ダウンタウンブギウギバンドでブレイクした後、多くの歌手にヒット曲を提供してきた宇崎竜童。その中でも、山口百恵は特別な存在でしたね。奥さんの阿木燿子との絶妙な詩曲コンビ。そんな彼の代表曲をご紹介しましょう。
ナベゲン | 3,780 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 145,334 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト