あの曲もそうだったの!?ブルーハーツの名曲を使用したテレビCM特集
2020年10月8日 更新

あの曲もそうだったの!?ブルーハーツの名曲を使用したテレビCM特集

時代を超えて愛されるブルーハーツ。解散から既に20年以上経過しているにも関わらず、いまだに新たなリスナーを開拓し続けている理由の一つは、彼らの残した楽曲がテレビCMに度々使用されているからでしょう。本稿では、そんなCMに使われたブルーハーツの楽曲について振り返っていきたいと思います。

30,267 view

『ラブレター』⇒2004年「KDDI(au)」

バラードでは初のシングルカット曲となった、1989年リリースの『ラブレター』。今では三太郎シリーズのイメージが強いauのCMソングに使用されてから、テレビ朝日系ドラマ『特命係長 只野仁』のエンディングテーマになったり、同名映画の挿入歌に使われたりと、人気が再燃しました。

KDDI(au)(2004年)

『青空』⇒2002年「生茶」

マーシーが作詞・作曲した『青空』。2002年に放送されたキリン「生茶」のCMで、坂口憲二が歌っていました。CM中にも歌唱されていた「生まれた所や皮膚や目の色で いったいこの僕の何がわかるというのだろう」というサビのフレーズは、いつの時代も胸に突き刺さります。

キリン生茶(2002年)

坂口憲二が歌う『青空」は、1:02~から

『情熱の薔薇』⇒2002年「グロンサン」、2011年「ドコモ」など

意外にもブルーハーツの楽曲でオリコン1位を獲得したのは、この1990年リリースのシングル『情熱の薔薇』だけ。「情熱の真っ赤な薔薇を~♪」というサビの印象が強い同曲ですが、このフレーズ、楽曲中は後半に1度きりしか出てきません。ヒロト曰く、屈折していた時期につくった曲のため、このような仕様になったのだとか。

グロンサン強力内服液(2002年)

ドコモ CM 渡辺謙 新井浩文 DoCoMo 「Beeカラ」篇

新井浩文と渡辺謙がデュエットで歌った

『夢』⇒1993年「LIGHTS(サントリー)」、2014年「Sorridere(しまむら)」など

読売巨人軍の監督を務める高橋由伸。彼が現役時代、打席に立つ際はこの『夢』をBGMにしていました。古くは1993年にサントリー・ビール「ライツ」のCMソングに使用された同曲は、2007年には、NTT東日本のBフレッツ、2014年にはしまむらで販売されるSorridereのCMで、替え歌が披露されています。

サントリー・ビール LIGHT'S「新ライツ」(1993年)

ギバちゃんが若い!

しまむら「Sorridere」(2014年)

西内まりやが替え歌で歌っているような演出

『1000のバイオリン』⇒2006年「ワンダ100年BLACK(アサヒ)」など

ブルーハーツ通算15枚目のシングル『1000のバイオリン』。1993年にリリースされてから13年の時を経て、缶コーヒー「ワンダ」に起用された同曲は、映画監督の深作欣二が「人生で最も好きな曲」として挙げたことでも話題になりました。

アサヒ「ワンダ100年BLACK」(2006年)

カップリングに収録されている「1001のバイオリン」(オーケストラバージョン)が起用

「earth music&ecology 」(2010年)

宮崎あおいが「earth music&ecology 」(春期)のCMで「1001のバイオリン」を歌っている。
以上のように、時代を超えて多彩のCMに使用され続けてきたブルーハーツの楽曲。きっとこれからも、本家・カバー曲・替え歌など、さまざまなカタチで、テレビからそのメロディ、その歌詞を聴くことになるのでしょう。


(こじへい)
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

本人出演の可愛らしいCMが多かった!JUDY AND MARYのCMタイアップ曲特集!

本人出演の可愛らしいCMが多かった!JUDY AND MARYのCMタイアップ曲特集!

昔を思い返してみると中高生向けと思われる可愛らしいCMって結構多かったですよね。JUDYANDMARYがCMソングを担当したCMもかわいらしいCMが多かったです。JUDY AND MARYのCMタイアップ曲をまとめました。
saiko | 1,457 view
織田裕二がドコモの契約終了直後にIDOのCMに出演した!?「cdmaOne」とは?

織田裕二がドコモの契約終了直後にIDOのCMに出演した!?「cdmaOne」とは?

1998年にサービスが開始となったIDOならびにDDIセルラーグループ提供の「cdmaOne」。そのサービス開始初期のCMに、直前までNTTドコモのCMに出演していた俳優の織田裕二が起用され話題となりました。
今年もたくさん耳にしました!2019年のCMに採用された昭和~平成の懐かしヒット曲!!

今年もたくさん耳にしました!2019年のCMに採用された昭和~平成の懐かしヒット曲!!

CMを彩るタイアップ曲・使用される楽曲は最新のものから懐メロまで色々ありますよね。CMとのタイアップがヒットの鉄則と呼ばれる時代もありました。この記事では、2019年に放送されたCMに使用されている、90年代以前の名曲にスポットを当ててみたいと思います。
隣人速報 | 3,584 view
聞けば懐かしい昔のOTC医薬品(市販薬)のCMソングあれこれ

聞けば懐かしい昔のOTC医薬品(市販薬)のCMソングあれこれ

薬のCMと言えば、最後に”ピンポン”という擬音やCM出演した有名人たちが直接発声するものまで色々あるのは超~有名ですが、その他にCMソングが聞こえただけで直ぐ物が判ってしまう超~知れ渡った医薬品のCMソングを皆様にお届けしようと思います。
義手の歌手に捧げられたブルーハーツの名曲「僕の右手」

義手の歌手に捧げられたブルーハーツの名曲「僕の右手」

ブルーハーツの3rdアルバム『TRAIN-TRAIN』。その中に『僕の右手』という楽曲が収録されています。この曲のモデルは、片腕のロック・ヴォーカリストMASAMI。1992年に36歳で死去した彼の人となりや楽曲にまつわるエピソードを知れば、きっと、この佳曲がより魅力的に聴こえることでしょう。
こじへい | 122,811 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト