まさに魔球!すごい変化球を投げた往年の名選手たち
2018年3月10日 更新

まさに魔球!すごい変化球を投げた往年の名選手たち

プロ野球史を彩る往年の名選手たち。その中には、見た事もないような軌道を描き、強打者のバットに空を切らせる「魔球」を放つ名ピッチャーも存在ました。そこで今回、記憶に残る変化球を投げていたかつての名投手を振り返っていきたいと思います。

5,669 view

小山正明(パームボール)

フォークやスライダーに比べてマイナー感のある変化球「パームボール」。パームとは英語で「手のひら」を意味し、親指と小指・薬指でボールを掴み、手のひらで包んで押し出すように投げることからこのネーミングになったといわれています。

このパームは近年においても、西武などで活躍した帆足和幸や中日の浅尾拓也などが使い手として知られていますが、最大の名手と名高いのが通算320勝の大投手・小山正明。1960年代前半、当時一本足打法を取得したばかりの王貞治にホームランを打たれまくっていた小山は、野球雑誌を参考に独学で習得したパームボールを実戦で多用し始めます。その結果、1962年は王に7本塁打を許したところから、翌年は本塁打0に抑えることに成功。同時に自身初となるシーズン30勝も達成したのでした。
小山正明

小山正明

村田兆治(フォーク)

マサカリ投法で一世を風靡した村田兆治。彼の持ち味は150キロを軽々と超える伸びのあるストレートでしたが、落差30センチ以上と言われる鋭いフォークも決め球の一つでした。

その威力は往年の大投手・杉下茂をして、野茂・佐々木と並んで「本物のフォークを投げていた投手」と評されるほど。しかも、引退以降もトレーニングを継続し、66歳時点で131kmを計測したというから、この人、ふつうじゃありません。

1989 村田兆治の投球

北別府学(スライダー)

現役時代、抜群のコントロールを誇った広島東洋カープのレジェンド・北別府学。ストレートはほとんど投げず、スライダー、シュート、カーブ、シンカーと多彩な球種を織り交ぜる巧みな配球術で、現役19年で215もの勝ち星をマークした彼ですが、中でもシュートは絶品。鋭い変化で意図したところに放るその様は、まさに「精密機械」の異名そのままでした。

北別府学の投球

伊藤智仁(スライダー)

2018年1月3日に放送された『消えた天才 一流アスリートが勝てなかった人 大追跡』(TBS系)において、ヤクルト時代の恩師・野村克也氏が25年ぶりの謝罪をしたことで話題となった伊藤智仁。強烈な横回転がかかったスライダーは並み居る強打者をきりきり舞いにし、古田敦也をして「受けてきた中で一番凄いスライダー」と言わしめたほど。1年目から先発で7勝2敗。規定未到達でありながら防御率0.91という驚異的な記録を叩きだし、将来を嘱望されていました。

しかし、それ以降は怪我との戦いが続き、11年間の現役生活のうちリハビリに4年間を費やし、2003年に引退。ノムさんは1年目から伊藤を酷使し続けた自分のせいで、そのキャリアを縮めてしまったと責任を感じ、先述の謝罪を敢行したというわけです。いずれにしても、もし怪我なく選手生活を歩んでいれば、間違いなく、とてつもない通算成績を残したことでしょう。

【これは打てない】全盛期の伊藤智仁のスライダー

野田浩司(フォーク)

かつて阪神タイガースから大型トレードでオリックスに移籍する際、「フォークのお化けが消えた」とヤクルトの野村克也監督(当時)から喜ばれていた野田浩司。ノムさんがいうように、彼の武器は、打者の視界から消えるほど鋭利に落ちるフォークボール。特に本領を発揮したのは、オリックスに移籍してからの3シーズンで、3年連続2桁勝利と200奪三振を達成。中でも、1995年4月21日の対ロッテ戦で成し遂げた1試合19奪三振の日本新記録は今でも語り草です。

しかし、桑田真澄・佐々木主浩などと同様、フォークの名手の宿命として肘を故障してからは、本来の力を取り戻すことができず、2000年に引退。引退試合で現役最後の一球として、自身の代名詞だったフォークを放るも、まったく落ちず、その変わり果てた球威に涙する姿がなんとも哀愁を誘ったものです。

野田浩司 オリックス 1995年 1試合19奪三振 日本記録 のダイジェスト

潮崎哲也(シンカー)

現役時代、魔球・シンカーの名手として鳴らしたのが、西武で活躍した潮崎哲也です。150キロのストレートと130km台の鋭利なスライダー、そして、100キロ前後で大きく曲がって沈むシンカーを駆使する全盛期の彼の投球は、見る者を魅了するエンターテイメント性に満ちていました。

潮崎哲也 ピッチング集

佐々木主浩(フォーク)

横浜スタジアムで登板すると用具係が片付けを始めるとの逸話が残るほど、横浜ベイスターズの絶対的守護神だった大魔神・佐々木。多くのクロ―ザーがそうであるように、彼は速球派の投手で、最速154キロを記録する伸びのあるストレートを武器としていました。

そのストレートを最大限活かしたのが、「2階から落ちる」と評されたフォークボールです。佐々木はフォークを遅いタイプと140キロの速いタイプ、2種類を投げ分けられる技巧を持ち、その使い分けにより、並み居る強打者を翻弄したのでした。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

タブチくん、マツイくん、ササキ様…野球選手のギャグ漫画特集!

タブチくん、マツイくん、ササキ様…野球選手のギャグ漫画特集!

いつの時代も大衆から愛されるプロ野球のスター選手。その中には、漫画家によってディフォルメされ、キャラ付けされ、ついには漫画作品になったプレイヤーも存在しました。そこで今回、野球選手を主役にしたギャグ漫画にはどんなものがあるのか調べてみました!
こじへい | 1,379 view
週刊少年ジャンプ  マニアック連載特集  Part2  野球少年が1度はチャレンジした魔球「スカイラブ投法」と言えば異色野球漫画「アストロ球団」!!

週刊少年ジャンプ マニアック連載特集 Part2 野球少年が1度はチャレンジした魔球「スカイラブ投法」と言えば異色野球漫画「アストロ球団」!!

1968年に創刊された少年雑誌「週刊少年ジャンプ」。そのなかでもマニアックな印象的な連載をビックアップしてお送りするわ!第2回は、野球少年がチャレンジする「魔球」のひとつ「スカイラブ投法」が登場する「アストロ球団」よ!
【スター選手の引退試合・阪急ブレーブス編】(山田久志、福本豊)

【スター選手の引退試合・阪急ブレーブス編】(山田久志、福本豊)

スター選手の引退試合、現役最後の試合をまとめています。ここでは同じ年に阪急ブレーブスに入団し、そして奇しくも同じ年に引退した山田久志、福本豊選手の引退試合を紹介します。毎年何百人というプロ野球選手が入団し、そして引退していきます。「私、引退します」と言ってプロ野球生活に別れを告げられる選手はほんの一握り、更に言えばこの様な「引退試合」「引退セレモニー」を行える選手などはごく一部。そんな特別な選手の特別な試合をどうぞご覧ください
和尚 | 3,317 view
ファミスタ30周年!「きたへふ」モデル等のアパレルが渋谷パルコに登場!

ファミスタ30周年!「きたへふ」モデル等のアパレルが渋谷パルコに登場!

ゲーム「ファミリースタジアム(ファミスタ)」シリーズの30周年を記念し、渋谷パルコで限定ショップ&展示イベントが7月15日(金)まで開催されます。また、ファミスタの思い出を書く掲示板や野球部の部室をイメージした空間で展開されます。
【佐々木主浩投手】「名前がコールされた時点で試合終了」とまで言われたハマの大魔神。

【佐々木主浩投手】「名前がコールされた時点で試合終了」とまで言われたハマの大魔神。

9回・彼の名前がコールされただけで、相手チームのファン・選手は敗戦を覚悟した、佐々木主浩投手。「ハマの大魔神」は海を渡り、アメリカでも"DAIMAJIN"という異名で呼ばれた。日米通算で381セーブを記録した最強のストッパーは、引退後・・・。
和尚 | 19,522 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト