デビュー50周年を迎えてもなお色褪せない魅力を誇る歌手『森山良子』
2017年1月17日 更新

デビュー50周年を迎えてもなお色褪せない魅力を誇る歌手『森山良子』

1967年に『この広い野原いっぱい』でデビューしてから現在に至るまで、コンスタントに活躍を続ける歌手「森山良子」さん。その活躍は女優など多岐にわたり、また息子の森山直太朗さんも同じ音楽のジャンルで活躍するなど話題が途切れることがありません。

2,607 view

1967年から活躍する歌手「森山良子」

森山良子

森山良子

生年月日:1948年1月18日
出身地:東京都
東京で1948年1月18日に誕生した森山良子さんは、父親がジャズ・トランぺッターの森山久さん、母親が元ジャズ歌手の浅田陽子さん。同じく、叔父は日本ジャズ界の草分け的存在のティーブ釜萢さん、従兄弟がムッシュかまやつさんという音楽一家で、まさに音楽に囲まれて育ちました。

1967年に荒木一郎さんが作詞作曲したシングル「この広い野原いっぱい」でデビューします。1960年代後半のカレッジ・フォークの中心的な存在として活躍。“日本のジョーン・バエズ”とも称されました。

その後、ミリオンセラー「禁じられた恋」をはじめ「涙そうそう」、「さとうきび畑」、「あなたが好きで」など、数々のヒット曲を生み出します。透明感のある歌声と歌唱力が特徴で、名実ともに日本のトップシンガーになっていきます。

1960年代後半にはカレッジ・フォークの中心的な存在に

デビュー曲『この広い野原いっぱい』からヒットに恵まれます

余談として本来、森山良子さん自身はジャズシンガーを志望していましたが、当時この曲を発表するとヒットソングとなり、その後もジャズ以外の分野でばかりヒットに恵まれてしまう結果になりました。その発端となった曲がこのデビュー曲であったとされています。
この広い野原いっぱい/一番星の歌

この広い野原いっぱい/一番星の歌

1stシングル 1967年1月25日リリース
出典 e.snmc.io

この広い野原いっぱい - 森山良子

音楽の教科書やみんなのうたでもおなじみの曲『今日の日はさようなら』

1973年には高等学校1年生の音楽の教科書に掲載されたほか、1974年にはNHKの『みんなのうた』でも放送、また、キャンプファイヤーの際に歌われるなど、日本人にはお馴染みの曲になりました。
恋はみずいろ/今日の日はさようなら

恋はみずいろ/今日の日はさようなら

3rdシングル 1967年8月25日リリース

今日の日はさようなら 森山良子 1967

紅白初出場でも歌われた曲『禁じられた恋』

オリコンでは8週にわたりシングルチャート1位を獲得。70万枚を超えるヒットを記録し、この年の年末に行われた第20回NHK紅白歌合戦に初出場したときにこの曲を歌いました。
禁じられた恋/心からあなたに

禁じられた恋/心からあなたに

9thシングル 1969年3月25日リリース
出典 e.snmc.io

森山良子 25周年記念コンサート(1990) 「禁じられた恋」

近年、よく歌われるあの曲が収録されたアルバムはこちら

名曲『涙そうそう』は98年のアルバム「TIME IS LONELY」に収録

1990年代に、森山良子さんが、ライブで共演した沖縄県石垣島出身の3人組アコーステックバンド「BEGIN」と意気投合し、沖縄の曲を依頼したことがきっかけでこの曲が生まれました。その後、BEGINから送られたデモテープに書いてあったタイトル”涙そうそう”が沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味であると聞き、森山さんが23歳でこの世を去った実の兄を想う歌詞をつけました。
アルバム「TIME IS LONELY」

アルバム「TIME IS LONELY」

1. TIME IS LONELY
2. ふわふわ
3. 灼熱
4. 夕陽の中に
5. TRY
6. TELL ME WHY
7. SWEET BLUES,LOVE SONG
8. WORDS FLOW
9. 涙そうそう
10. MI・YO・TA
11. あなたが好きで
12. 家路
13. TIME IS LONELY~REPRISE~
47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

今なお色褪せない歌声と美貌で活躍する女性シンガーソングライター『遊佐未森』

今なお色褪せない歌声と美貌で活躍する女性シンガーソングライター『遊佐未森』

日本のバブル真っ只中の1988年にシンガーソングライターとしてデビューを飾った遊佐未森さん。50歳を超えた現在でもコンスタントに活躍される彼女についてまとめました。
gogo-one | 8,108 view
70年代から変わらず活躍し続ける女性シンガーソングライター『矢野顕子』

70年代から変わらず活躍し続ける女性シンガーソングライター『矢野顕子』

1976年にソロデビューを果たしてから、現在に至るまでコンスタントに作品をリリースしライブも精力的に展開する女性シンガーソングライター矢野顕子さんについてまとめました。
gogo-one | 2,802 view
クリスタルボイスと形容された慶応大出身のシンガーソングライター「谷村有美」

クリスタルボイスと形容された慶応大出身のシンガーソングライター「谷村有美」

シンガーソングライターとして1987年にデビューした「谷村有美」さん。音楽活動に加え、ラジオパーソナリティやエッセイの執筆などマルチに活躍していた彼女をまとめました。
gogo-one | 13,541 view
90年代CM・ドラマにタイアップ多数…シンガー・ソングライター陣内大蔵

90年代CM・ドラマにタイアップ多数…シンガー・ソングライター陣内大蔵

80年代後半から00年代前半まで、コンスタントに11枚のオリジナルアルバムをリリースしたシンガーソングライター。当時は数々のTV番組やCMとのタイアップすることも多く、彼の楽曲を耳にする機会が多かった『陣内大蔵』についてご紹介します。
gogo-one | 4,017 view
ケメ=佐藤公彦「フォーク界の貴公子」65歳の生涯、思い出の『あおい君と佐藤クン』

ケメ=佐藤公彦「フォーク界の貴公子」65歳の生涯、思い出の『あおい君と佐藤クン』

1970年代に「ケメ」の愛称で活躍していたシンガーソングライターの佐藤公彦は、中性的な外見と女性ファンの多さから「フォーク界の貴公子」と呼ばれていました。その佐藤公彦さんは、2017年6月に65歳の若さで亡くなりました。ケメの音楽や深夜放送『あおい君と佐藤クン』などを振り返ってみました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト