2016年12月17日 更新

YMO史上、最も売れた『君に、胸キュン。』アイドル風のPVに驚きを隠せなかった!

1978年に結成された日本のテクノ・ポップ・グループYMO。彼らの1983年にリリースされた『君に、胸キュン。』。オリコン第1位を目指した楽曲で、それまでのイメージとは異なったアイドル風のPVも斬新だった。槇原敬之らもカバーしている名曲だ。

732 view

YMO史上、最も売れた『君に、胸キュン。』

YMO(Yellow Magic Orchestra)は、1978年に結成された日本のテクノ・ポップ・グループ。
1980年をピークに、クラフトワークなどと共に、世界規模でテクノ・ブームを巻き起こしました。

メンバーは、細野晴臣(エレクトリック・ベース、シンセベース)、坂本龍一(キーボード)、
高橋幸宏(ドラムス・ヴォーカル)の3人で、サポートメンバーとして、矢野顕子(Key)、渡辺香津美(Gt)、
大村憲司(Gt)、松武秀樹(プログラミング)などがいました。
YMO

YMO

始めのうちは、「TECHNOPOLIS」や「RYDEEN」など、正統派テクノでヒットを飛ばしていましたが、
83年頃から「君に、胸キュン。」などの、歌謡曲っぽい日本語テクノに路線変更します。

メンバーはこの頃、すでに「散開」(解散)を決めていたそうですが、
皮肉にも、この曲がYMOとして最大のヒットとなり、オリコン2位という成果を残しました。
『君に、胸キュン。』

『君に、胸キュン。』

これまでのイメージを覆した楽曲だった『君に、胸キュン。』

コンセプトは「かわいいおじさんたち」だった。
それまでの無機質でスタイリッシュなイメージとは一線を画した演出で、まるでアイドルを思わせる爽やかな出で立ちの3人が、PVでパフォーマンスを披露している。
YMOと言えば、こんな具合に未来的で、洗練されたイメー...

YMOと言えば、こんな具合に未来的で、洗練されたイメージがあるが・・・。

YMO

YMO

YMO

YMO

PVの監督は、テクノポップバンド「プラスチックス」のギターとして活躍し、グラフィックデザイナーでもあった立花ハジメが起用された。
ちなみに立花は、前年の1982年にYMOの高橋幸宏をプロデューサーに迎え、自身のソロアルバム
『H』を制作している。

以下が『君に、胸キュン。』のPVとなる。

『君に、胸キュン。』

立花ハジメ『Hm〜エイチマイナー』

立花ハジメ『Hm〜エイチマイナー』

1983年、高橋幸宏と細野晴臣が共同プロデュースした。

楽曲データ

1983年3月25日にアルファレコード(Y.M.O.レーベル)よりリリースされた。売り上げは34.7万枚。

ジャンルはもちろんテクノ。
作詞は細野晴臣のバンド「はっぴいえんど」時代のメンバー・松本隆が担当している。作曲は細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏が担当。ただし、実際には大部分を坂本が作曲している。

B面は『ケイオス・パニック (Chaos Panic)』。収録アルバムは『浮気なぼくら』。
細野晴臣と松本隆

細野晴臣と松本隆

表題曲はカネボウ化粧品のCMソングに使用された。CMのキャッチ・コピーである「胸キュン」というキーワードをそのまま使用した。

テレビCMとこの曲のヒットによって、当時「胸キュン」という単語が一般化され、現在も死語にならず、平成生まれの若者にも通用する、もしくは彼らも恋愛に関する会話などで積極的に使用している。

カネボウ化粧品 TゾーンエッセンスCM 80年代

様々なジャンルの歌手にカバーされている!

『君に、胸キュン。』をカバーする歌手は多く、様々なタイプの歌手によってまた違った楽曲に生まれ変わっている。
日本を代表するシンガーソングライターであり、恋愛ソングを手掛けたら右に出る者はいないであろう槇原敬之は、1998年10月リリースのカバーアルバム『Listen To The Music』でカバーしている。
槇原はまだデビュー前、坂本龍一のラジオ番組「サウンドストリート」(NHK-FM)にデモテープを送り高く評価され、後にミュージシャンになった人物でもある。

1986年に高橋幸宏、鈴木慶一主催の「究極のバンド」オーディションに出場し、見事合格した高野寛。その彼もアルバム『カメレオン・ポップ』でかばーしている。2011年には、野外音楽イベント「WORLD HAPPINESS」で『君に、胸キュン。』を披露している。
若い頃の槇原敬之

若い頃の槇原敬之

高野寛

高野寛

他には90年代後半からヒップホップグループ・KICK THE CAN CREW (キック ザ カン クルー)として活躍したKREVAや1997年にバンド「Cymbals」のリードシンガーとしてデビューした土岐麻子、透明感のある柔らかな歌声が魅力の安藤裕子ら錚々たる面子がカバーしている。

KREVA 君に、胸キュン。-浮気なバカンス-

エピソード

このシングルで、オリコンチャートや『ザ・ベストテン』などの歌番組などでランキング1位の獲得を目指したが、オリコンチャートでは最高位2位、『ザ・ベストテン』では最高位3位という結果であった。

TVやライヴでは高橋幸宏はドラムではなく、ギターを持つ(演奏はしない)。ドラムパートは打ち込み機材(LM-2)をそのままTVスタジオに持ち込んで使用していた。
松田聖子『天国のキッス』

松田聖子『天国のキッス』

『君に、胸キュン。』を抑え、堂々のオリコン第1位に輝いたのは、松田聖子だった。

皮肉にもこの曲は細野晴臣が作曲しており、両曲のリリース時期には1ヶ月ほど間があるが、自身の作曲で目標のオリコン第1位を阻まれる形となった。
当時、YMOは休止状態であったが、タイアップの話があって急遽録音を行った。同時にアルバムを作る必要があるという雰囲気となり『浮気なぼくら』の作成へとつながった。
YMOの7作目のアルバム『浮気なぼくら』

YMOの7作目のアルバム『浮気なぼくら』

2013年、NHK朝ドラ『あまちゃん』でも『君に、胸キュン。』が使用されており、時代を超えて未だに愛されている。
当時、初めて聴いた際、アイドル風なイメージという戦略もあってか新鮮に聴こえたが、不思議と今聴き返してもどこか新鮮で色褪せない。さすがYMOである。
30 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

テクノブームを巻き起こしたYMOの世界

テクノブームを巻き起こしたYMOの世界

当時シンセサイザーを駆使して演奏する音楽に憧れました。
BMイワ王 | 1,590 view
YMO「君に、胸キュン。」は一番売れたシングルなのに、リリース時には解散が決まっていた!?

YMO「君に、胸キュン。」は一番売れたシングルなのに、リリース時には解散が決まっていた!?

日本を代表するテクノミュージックのグループと言えばYMO(イエローマジックオーケストラ)ですよね!数々の名曲がある中で一番売れたシングルは、カネボウ化粧品のCMソングとして作られた「君に、胸キュン。」でした。それなのに、リリースされた時には解散が決まっていたってどういう事なのでしょうか!?この曲について当時のメンバーの心境と共に振り返ってみましょう。
キヌガサダケ | 3,598 view
YMO登場とその背景

YMO登場とその背景

言わずと知れたモンスターテクノユニットYellow Magic Orchestra YMOが誕生した時代背景などについてまとめていきます
takamix1 | 8,164 view
矢野顕子、1992年のドキュメンタリー映画から名曲のMVレストア版が期間限定で公開中!

矢野顕子、1992年のドキュメンタリー映画から名曲のMVレストア版が期間限定で公開中!

1992年に公開されたドキュメンタリー・フィルム『SUPER FOLK SONG ~ピアノが愛した女。 ~』からピックアップされた矢野顕子の楽曲「SUPER FOLK SONG」のMVが、最新技術で修復処理を施したレストア版として期間限定で公開されている。
細野晴臣・忌野清志郎・坂本冬美のユニット“HIS”、W記念に『日本の人』の高音質のスペシャルCD&アナログ盤を発売!!

細野晴臣・忌野清志郎・坂本冬美のユニット“HIS”、W記念に『日本の人』の高音質のスペシャルCD&アナログ盤を発売!!

演歌の坂本冬美、ロックの忌野清志郎、テクノの細野晴臣の3名からなるユニット“HIS”のアルバム『日本の人』が、坂本冬美のデビュー30周年を記念して高音質SHM-CDとアナログ盤が発売された。また、『日本の人』も2016年に発売25周年を迎え、坂本とのW記念となっている。
red | 298 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

懐かしい!記憶をくすぐる商品

(PR)アマゾンで購入可能