あいつと一緒に鍛えた末脚!友への優しさこそが正義のシルクジャスティス
2016年11月25日 更新

あいつと一緒に鍛えた末脚!友への優しさこそが正義のシルクジャスティス

シルクジャスティスと言えばその戦績よりも、エリモダンディーとの友情秘話に心動かされる競馬ファンが多いのではないだろうか。稀代の癖馬がもがき苦しみながら、ついにグランプリホースに輝くまでを追っていこう。

8,590 view

ジャスティス誕生

シルクジャスティスは1994年3月18日北海道の早田牧場新冠支場で産まれた。
父はアメリカのG1フロリダダービーを制したブライアンズタイム。
母はJRAで4勝をあげたユーワメルド。
三冠馬・ナリタブライアンを管理した大久保正陽厩舎に入厩することになる。
父・ブライアンズタイム

父・ブライアンズタイム

大久保正陽調教師

大久保正陽調教師

エリモジョージ、メジロパーマー、ナリタタイシンなどの名馬を手がけた

問題児ジャスティス

素質の欠片を見せていたものの、シルクジャスティスは気性に問題を抱えていた。
人を乗せることを嫌がり、時には調教助手をも振り落とす。
気に入らないことがあると怒って暴れだす。
走り出しても本気で走ってくれず、厩舎のスタッフをおおいに手こずらせた。

そんな気性が災いして、初勝利をあげたのは5か月後。
実に7戦目のことであった。

開き出した才能

しかしシルクジャスティスの能力を信じていた大久保調教師は、目線をクラシックに
据えていた。

重賞初挑戦は1997年3月23日毎日杯。
前走1着とはいえダートの未勝利戦。12番人気という低評価は仕方のないものだった。
しかしこのレースを不利を受けながら追い込んで0.2秒差の3着。

そして4月の若草ステークス、5月の京都4歳特別を連勝。
日本ダービーへ勢い充分に駒を進めた。

シルクジャスティスの強烈な末脚が炸裂。画質は悪いですがご覧ください。

勝ち馬:シルクジャスティス

届かなかった末脚

そして迎えた1997年6月1日第64回日本ダービー。
ダートの未勝利戦で勝ちあぐねていたシルクジャスティスは、3番人気に
推されるまでになっていた。

しかしレースでは逃げるサニーブライアンと大西直宏に幻惑される。
ジャスティスは大外から驚異的な末脚を繰り出すも、届かず2着。
鞍上の藤田伸二騎手は
「自分の馬が一番強い競馬をした」
とコメントし、秋の飛躍へと思いをつないだ。

1997.06.01 東京9R

出せぬ結果 非難の声

秋初戦の神戸新聞杯。
シルクジャスティスは3番人気におされるも、見せ場なく8着に敗れた。
しかし続く京都大賞典で古馬相手に勝利したことが評価され、菊花賞では1番人気。
ところがレース中、進路をカットされる不利もあり5着。
中2週で挑んだジャパンカップでも、猛然と追い込んだが5着。

「騎手を変えろ」
「戦法が間違っているのでは」
非難の声が、鞍上・藤田伸二騎手に集まっていた。

京都大賞典1着

京都大賞典1着

1997.11.02 京都10R

第17回 ジャパンカップ ピルサドスキー 1997年11月23日(祝) 5回東京8日 天候: 晴 馬場状態: 良 10R 3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝 2400m 14頭立 1 ピルサドスキー 2 エアグルーヴ 3 バブルガムフェロー 4 カイタノ 5 シルクジャスティス 6 アスタラバ...
藤田伸二騎手

藤田伸二騎手

36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

G1競馬2017【有馬記念】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

G1競馬2017【有馬記念】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

1956年に、「中山グランプリ」という名称で創設。創設者の有馬理事長功績を称えて第2回から「有馬記念」に改称。ファン投票で出走馬を選出する年末大人気のレース【有馬記念】!第62回を迎える2017年の日程は12月24日(日)のクリスマスイブ!みんなの勝ち馬予想アンケートを見て、レースの参考にしてみて下さい!(クイズは第1回~第61回までの結果から出題)
安値の市場取引馬から賞金王へ~テイエムオペラオーが見せてくれた夢

安値の市場取引馬から賞金王へ~テイエムオペラオーが見せてくれた夢

1000万でセリで買われた馬が世界最高の賞金王になる…そんなおとぎ話みたいな事が、実際にあったんです。無名の牧場から誕生し、セリでは誰にでも買うチャンスがあった、史上最強馬・テイムオペラオーの足跡を辿ってみましょう。
starsky82138 | 2,561 view
20世紀最後の大スター「オグリキャップ」地方でも中央でも燦燦と輝いた芦毛の怪物!!

20世紀最後の大スター「オグリキャップ」地方でも中央でも燦燦と輝いた芦毛の怪物!!

地方での圧倒的強さをもって中央へ飛躍。ハイセイコー以来の超人気馬として競馬界に君臨し、熱狂的な競馬ブームを巻き起こしたサラブレッド、「オグリキャップ」を振り返る
ナベゲン | 9,297 view
長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

大井競馬場でデビュー後、4歳まで地方で競走馬生活を送り、5歳になってやっと中央入り、その後GⅠ制覇を果たし、オグリキャップ・スーパークリークとともに「平成3強」と呼ばれるまでになった「イナリワン」を振り返る。
ナベゲン | 2,775 view
南関東の雄から年度代表馬へ!イナリワンの小さな身体に秘めた底力

南関東の雄から年度代表馬へ!イナリワンの小さな身体に秘めた底力

地方から転厩してたった1年の間に、中央G1のタイトルを3つも獲得。オグリキャップ、スーパークリークと共に平成三強として第2次競馬ブームを引っ張った。そんなシンデレラボーイの戦績を振り返っていこう。
はるころん | 2,097 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト