安値の市場取引馬から賞金王へ~テイエムオペラオーが見せてくれた夢
2017年4月3日 更新

安値の市場取引馬から賞金王へ~テイエムオペラオーが見せてくれた夢

1000万でセリで買われた馬が世界最高の賞金王になる…そんなおとぎ話みたいな事が、実際にあったんです。無名の牧場から誕生し、セリでは誰にでも買うチャンスがあった、史上最強馬・テイムオペラオーの足跡を辿ってみましょう。

3,653 view

超お買い得だった市場取引馬

テイエムオペラオーは、1996年杵臼牧場で生まれました。姉に短距離路線で活躍していたチャンネルフォーがいます。特別大物はいないけれどコンスタントに走る、といった牝系。
父親は当時まだ日本での実績が無かった、欧州のステイヤー血統のサドラーズウェルズ系のオペラハウスで、正直どんな馬に育つか全くわからない、といった感じの、どこにでもいる普通の幼駒だったそうです。
テイエムオペラオー(1999年10月10日、京都競馬場)

テイエムオペラオー(1999年10月10日、京都競馬場)

しかしオーナーとなるテイエム軍団の竹園氏は「輝いて見えた」と語るほどひと目で気に入り、1997年のセリ市場で1000万円で落札します。
当時の競走馬の市場取引は現在とは違い、あまり活気があるとは言えませんでした。いわゆる「良血馬」は生産者と買い手の庭先取引で決まる事が多く、あまり市場取引馬には高額な馬が回ってくる事は多くなかったようで、当時のJRAのレースでは、市場取引馬が出走する場合は、出走手当や入賞賞金での、資金の優遇があったものです。
現在では超大手の牧場が積極的に幼駒をセリに出すので、非常に活気があり、2016年の最高額は、ディープインパクト産駒の2億6000万円でした。因みに史上最高額の市場取引馬は6億円ですが、デビューできなかったので、1円も稼ぐ事はできませんでした。
 (1851615)

市場取引(セリ)の様子
画像は2016年の最高価格馬
その点テイエムオペラオーは1000万円ですから、後に数多くの勝利をあげる事になるので、超お買い得だったと言えるでしょう。

デビュー直後の骨折からクラシックへ

一見、普通の馬に見えたオペラオーは、デビュー前の調教で非凡な動きを見せ始めます。しかし、若手のホープ和田騎手を背に迎えた2歳夏のデビュー戦でいきなり骨折。長期休養を余儀なくされます。
年明け復帰2戦目で初勝利。その後3連勝でGⅢ毎日杯を圧勝します。オーナーが初見で感じた輝きが、現実のものになってきたわけです。

追加登録料を払って

3歳時のクラシックレースに出場するには、あらかじめ出場登録をしておく必要があります。3回に分けて登録時期があり、1回目が2歳の秋に1万円、第2回が3歳1月に3万円、3回目がレースの2週間前に36万円、3回合わせると40万円。1つのクラシックレースに出場登録するのに40万円掛かるわけです。
いわば掛け捨てみたいなもので、出場するのに賞金が足りなかったり、直前に怪我をしたりすると全てオジャンになってしまいます。
しかし事前に登録してないと出場資格がなく、直前になってどうしても出たいとなると、高額な追加登録料を払わなければならないのです。その額なんと200万円。
テイエムオペラーの場合、デビュー直後の骨折もあったためか、事前に登録料を払っていませんでした。皐月賞直前、オーナーはダービー1本でいいと言うし、調教師は絶対皐月賞勝てると言い、ぎりぎりまで揉めたそうです。
「何なら200万は自分が出してもいい」とまで岩元調教師は言い、結局皐月賞に出走する運びとなります。

三つ巴の三冠

5番人気で迎えた小雨の煙る皐月賞。
特に積極的な逃げ馬はいませんでしたが、前半1000mは60秒1と淀みのない締まった展開で一団で進みます。
オペラオーは後方から、終始外々を回る展開。そして3コーナー過ぎから、ナリタロップロード、アドマイヤベガと並んで押上げ、4コーナーは一番外を回って直線へ。
内から伸びるオースミブライト、馬場の真中から差すトップロードを、大外から直線の急坂を豪脚で差し切ったところがゴールでした。

1999 皐月賞

上がりタイムは3着のトップロードと同タイムでしたが、ナタの斬れ味とでも言うのでしょうか、一際外を回って長い距離を走ってきた事といい、坂を駆け上がる時の破壊力といい、別格の豪脚だったと言えるでしょう。
46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

大井競馬場でデビュー後、4歳まで地方で競走馬生活を送り、5歳になってやっと中央入り、その後GⅠ制覇を果たし、オグリキャップ・スーパークリークとともに「平成3強」と呼ばれるまでになった「イナリワン」を振り返る。
ナベゲン | 4,032 view
フジコ・へミングの数奇な人生・無国籍になった理由

フジコ・へミングの数奇な人生・無国籍になった理由

2024年4月21日に亡くなったフジコ・へミングさんの運命に翻弄された数奇な人生や、40歳まで無国籍だった経緯。唯一無二な生き様を追う。
【逆三冠馬!?】ナリタブライアン三冠の裏の記録がすごかった!サムソンビッグ

【逆三冠馬!?】ナリタブライアン三冠の裏の記録がすごかった!サムソンビッグ

ナリタブライアンのクラシック三冠で盛り上がった1994年。実はその裏で、逆三冠馬(最下位の三冠馬)になれそうだった競走馬がいたことはあまり知られていません。皐月賞ブービー、ダービー最下位、菊花賞最下位。最低人気で重賞を勝ってしまったこともある競走馬。その馬こそサムソンビッグです。
izaiza347 | 755 view
【東京5戦5勝】実は安定して強かったプレクラスニーと江田照男の名コンビ

【東京5戦5勝】実は安定して強かったプレクラスニーと江田照男の名コンビ

メジロマックイーンが降着した時の天皇賞馬、として語られることの多いプレクラスニー。実は、15戦7勝、2着3回、東京コース5戦5勝、GI、GII、GIII各1勝ずつと、安定感抜群の強い馬でした。江田照男が主戦騎手になってからは、特に力を発揮しています。そんな実力馬の足跡を振り返ります。
izaiza347 | 270 view
【名曲サンプリング】クラシックの有名曲を使用してヒットした洋楽5選

【名曲サンプリング】クラシックの有名曲を使用してヒットした洋楽5選

いつの時代も色褪せることのないクラシック音楽。時代やトレンドに左右されない普遍性から、ポピュラーソングでは、クラシックのフレーズを曲のエッセンスとして使用することがあります。今回は、クラシックの有名曲をサンプリングしてヒットした洋楽5選ご紹介します。
izaiza347 | 2,145 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト