スポーツバラエティ特別番組『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』:宇野ヘディング事件・乱闘・好プレー・歴代「珍プレー名人」ほか
2016年11月25日 更新

スポーツバラエティ特別番組『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』:宇野ヘディング事件・乱闘・好プレー・歴代「珍プレー名人」ほか

『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』は毎回、プロ野球12球団やメジャーリーグの試合の中から激突、乱闘、抗議、審判受難、珍妙な観客乱入、野球選手の取材、最後の数分で好プレーなど1年間のペナントレースを始めキャンプ、オープン戦、日本シリーズ等で起こった「珍プレー・好プレー」を特集していました。みのもんたさんのナレーションと宇野さんの活躍は忘れられません。

3,549 view

スポーツバラエティ特別番組「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」(1983年11月11日~2005年)

スポーツバラエティ特別番組「プロ野球珍プレー・好プレー...

スポーツバラエティ特別番組「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」(1983年11月11日~2005年)

『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』(プロやきゅうちんプレー・こうプレーたいしょう)は、フジテレビで1983~2005年に年2回(7月・11月頃)放送されていたスポーツバラエティ特別番組。

毎回、プロ野球12球団やメジャーリーグの試合の中から激突、乱闘、抗議、審判受難、珍妙な観客乱入、野球選手の取材、最後の数分で好プレーなど1年間のペナントレースを始めキャンプ、オープン戦、日本シリーズ等で起こった「珍プレー・好プレー」を特集する。好プレーは番組の最後に流れる。

『プロ野球ニュース』が始まった1976年(昭和51年)から1980年(昭和55年)までそれ似た前身の特集コーナーがあり、最初は面白いプレーを集めた傑作集でみのもんたのナレーションはなく、字幕付でその字幕は中学校の朝礼のような作文読むような棒読みのような字幕だった。後に、当時プロ野球ニュースキャスターだったみのもんたが、この映像に合わせてふざけ気味に喋っていたところ、ディレクターに「それいけるよ」と判断され、試験的にアテレコ付きのものを放送したところ大反響を呼び、日本版珍プレー好プレーの企画の実現につながった。

1983年11月11日に『決定!!'83第1回プロ野球珍プレー好プレー大賞』として初放送された。この回はタイトルに83となっていたが内容は1981年から1983年の3年間の珍プレー好プレーを特集した。1985年からはプロ野球前半戦終了後の7月(8月)にも放送が開始されたため、年2回放送の企画となった。

司会は当番組のナレーションも行っているみのもんたや『プロ野球ニュース』のキャスターでもある佐々木信也だったが、1987年からは島田紳助と板東英二と女子アナウンサーが務めた。

初放送の1983年から毎年欠かさず放送し、高視聴率をマークするなど人気番組だったが、プロ野球全体の人気の低下などを理由に徐々に視聴率が落ち始め、2005年にの放送では1984年以来11年ぶりに年1回の放送になり、内容も珍プレー以外の企画が出るなど変化していき、2006年から2009年までは特番としての放送はなく事実上打ち切り状態となっていた。

2010年12月29日『たまッチ!プレゼンツ プロ野球珍プレー好プレー大賞 完全復活祭!あの伝説の珍も甦る~中居君も思わず笑っちゃいますSP~』として5年ぶりに復活。以降2014までは12月下旬に放送されていた(但し2013年までは関東ローカルで系列局は放送時間が異なったり、放送されていなかったが2014年は全国放送であった。)。

2015年は2004年以来11年ぶりにゴールデンタイムで放送し、司会は中居正広、山崎弘也で審査員長が徳光和夫、そしてみのもんたが2002年大晦日以来13年ぶりに特別ゲストとして出演する。
(出典:Wikipedia「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」)

1983 激突乱闘抗議偏(第1回珍プレー大賞) - YouTube

スポーツバラエティ特別番組「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」プロ野球好珍プレー ベスト10 その2 - YouTube

スポーツバラエティ特別番組『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』1985(プレー編)part 1 - YouTube

「みのもんたのナレーション」
当番組の売り物でもあるみののナレーションは、初放映時から一貫して務めている他、実は台本を一切貰っておらず、映像は前もって見るだけでその後は全てアドリブで収録を行っている。放送当初は選手名を積極的に連呼していたが、番組が進行するにつれて連呼しなくなり、ナレーションがワンパターン化した。中日ドラゴンズ・山本昌によると、中日監督当時の星野の台詞は、「かなり近い」という。またナレーションに定評があるものの、行き過ぎたナレーションもあり、批判もあった。 ちなみに、好プレーは選手の名前を呼ぶだけである。(例:松井の好プレーが出ると「松井!」連続で出るときは「もういっちょ松井!」という感じでこれに抑揚を多少つける。)
(出典:Wikipedia「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」)

2015年12月5日「中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞~安心してください!33年分ありますよSP~」

2015年12月5日「中居正広のプロ野球珍プレー好プレ...

2015年12月5日「中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞~安心してください!33年分ありますよSP~」

土曜プレミアム
『中居正広の珍プレー好プレー大賞
~安心してください!33年分ありますよSP~』

過去33年の歴史を持つ珍プレー好プレー大賞。歴代の面白珍プレーの中からNo.1を決める。「珍の殿堂」みのもんたに野球界を長年に渡り盛り上げ続けた徳光和夫の夢の競演!さらには、いま話題のゲストも多数出演。侍ジャパンメンバーも福岡から参戦。今年の日本シリーズの最新珍プレーまでを一挙放送!山本昌の最後の1球もスタジオで!
(出典:フジテレビ 番組最新情報「中居正広司会、みのもんた、徳光和夫が一同に顔をそろえる!土曜プレミアム『中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞~安心してください!33年分ありますよSP~』」)

元祖珍プレー名人の元プロ野球選手の宇野勝さんの「宇野ヘディング事件」ほか珍プレーを振り返りましょう

宇野ヘディング事件(1981年(昭和56年)8月26日)

宇野ヘディング事件(1981年(昭和56年)8月26日)

宇野ヘディング事件(うのヘディングじけん)は、1981年(昭和56年)8月26日に後楽園球場で行われた読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ19回戦における、中日の宇野勝のエラーである。

試合は中日の先発の星野仙一の快投の前に巨人打線は沈黙し、7回までわずか2安打で無得点に抑えられていた。中日2-0巨人で迎えた7回裏二死一塁の場面、巨人の藤田元司監督はこの日無安打の1番・松本匡史の打順で山本功児を代打に起用したが、山本の打球は力なくポップフライとなりショート後方へと上がった。ここから「事件」は始まる。

打球を追いかけて後退しながら捕球体勢に入る中日の遊撃手を守っていた宇野勝を見て、球場の誰もがショートフライと思った。左翼手の大島康徳も宇野のすぐ後ろでカバーの態勢を取り、宇野に捕球を任せていた。星野は三塁側ベンチへ引き揚げかけ、観客の中には帰ろうと席を立ちかける者もいた。

しかしここで誰も予想しなかった出来事が発生した。打球を捕球しようとした宇野がナイター照明の光に目がくらみ、目測を誤り捕球に失敗したのである。打球は宇野の右側頭部を直撃、まるでサッカーのヘディングのように大きく放物線を描いて跳ね返り、レフトフェンス際へと転々とした。

宇野は頭を押えてうずくまり、カバーに入っていた大島は大きく後逸したボールを追って大慌てでフェンス際へと走り、二塁手の正岡真二も急いで中継プレーの態勢に入った。星野は突然の出来事に三塁―本塁間で呆然としたのちに慌ててバックアップに本塁裏へと走り、捕手の中尾孝義は一塁走者の動きに青くなっていた。

一塁走者の柳田真宏は二死のためスタートを切っておりホームインし1点差。打者走者の山本も三塁を蹴って本塁に突入したが、大島から正岡へ、正岡から捕手へと必死の中継プレーが実り、山本はアウトとなった。

この突然の事件にスタジアムのファンは大爆笑。同点は防げたが、星野はグラブを地面に叩きつけた。その当時、巨人は前シーズンの1980年(昭和55年)8月4日から連続試合得点記録が158試合続いており、この試合は159試合目であった。星野は「巨人の連続得点記録はオレが止める」と並ならぬ気迫で試合に挑んでおり、宇野のエラーは我慢ならない光景だったのである。

「あれで同点になったら、ヘディングどころか自殺点だ。怒ったのは宇野に対してじゃない。完封がなくなったのが悔しかったんや」と星野は取材には大人の対応をしたが、実は怒った理由がもう一つあった。星野は後輩の小松辰雄と「どちらが先に巨人を完封するか」で10万円の賭けをしており、宇野のエラーで完封を逃したのである。

『あとでカラダ空けとけ!!!』と怒り狂う星野に対し、宇野は『空いてません!!!』と必死に逃げた(実際は、宇野を気遣った星野から「飯でも食いに行くか」と声を掛けられたが、宇野はちょうど家に田舎から兄が来ており、断ったというのが真相であるらしい)。

試合結果は2-1で中日が勝利。なお、4回には宇野が先制点となる二塁打を打っている。星野は前述の通り完封は逃したが、9回3被安打、1失点、自責点無しで勝利投手となった。なお巨人の連続試合得点記録は約1ヶ月後の9月21日、ナゴヤ球場での中日-巨人22回戦で奇しくも先述の賭けの相手であった小松が完封して174試合で止めた。

宇野はこのエラーをきっかけにして一夜で時の人となり、知名度も全国区となった。報道陣に追いかけられ、取材の申し込みが相次ぎ、また地方遠征では子供たちから「ヘディング兄ちゃん」と指差されたりした。皮肉にもこのエラーが多くのファンを喜ばせる形にもなった。

更にこれをきっかけに『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』という番組が定着、宇野本人も50歳過ぎまではこういった特番にも出演して番組を盛り上げていた。

この出来事について、宇野本人は「ヘディング自体は翌日のスポーツ新聞に記事にされることは覚悟していたものの、それよりも『宇野ヘディング事件』。事件と書かれたことには相当堪えた。そもそもの原因は、スパイクのケン(剣=歯)が人工芝に引っかかりそうになったためであり、事件という表現には嫌な響きを感じた」と述べている。
(出典:Wikipedia「宇野ヘディング事件」)

宇野ヘディング事件 - YouTube

宇野ヘディング事件(うのヘディングじけん)は、1981年(昭和56年)8月26日に後楽園球場で行われた読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ19回戦における、中日の宇野勝のエラーである。

20世紀 中日ドラゴンズ、宇野勝の珍プレ- - YouTube

プロ野球珍プレー 珍名人【宇野勝】 - YouTube

懐かしい「好プレー」

プロ野球 懐かし好プレー集 - YouTube

プロ野球「20年分の巧(好)プレー!」 アライバ、福留以前の時代のファインプレー集

歴代「珍プレー名人」

スポーツバラエティ特別番組「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」20年分「珍プレー名人」【達川光男 パンチ佐藤】 - YouTube

達川光男さんの詐欺師デッドボール - YouTube

広島東洋カープ
特にパフォーマンスに優れた野球選手、番組に多大な貢献をした選手は「名人」と呼ばれ、「名人特集」が数回放送されている。

星野仙一 (中日)
宇野勝(中日→ロッテ)
達川光男(広島)
佐藤和弘(オリックス)
市川和正(大洋・横浜)
佐野重樹(近鉄→中日→オリックス)
内藤尚行(ヤクルト→ロッテ→中日)
高津臣吾(ヤクルト)
ドゥエイン・ホージー(ヤクルト)
石井一久 (ヤクルト)

スポーツバラエティ特別番組「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」20年分珍名人【石井一久】 - YouTube

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】前人未到の400勝投手「カネやん」こと金田正一さん死去。

【訃報】前人未到の400勝投手「カネやん」こと金田正一さん死去。

日本のプロ野球投手唯一の400勝投手にして、引退後はロッテ・オリオンズの監督を務めた「カネやん」こと金田正一(かねだ・まさいち)さんが、敗血症のため都内の病院で亡くなりました。86歳でした。
隣人速報 | 824 view
夏の甲子園、歴代投球数ランキングBest10!

夏の甲子園、歴代投球数ランキングBest10!

昨今、高校野球でのピッチャーの球数制限が話題です。未来ある若人のことを思えば、ひと夏の完全燃焼によるリスクとどちらを優先すべきか、真剣に考えるべき議論です。これまでに甲子園で投げぬいた投手についてまとめました。
青春の握り拳 | 5,442 view
あの“三振王”ブライアントが、球史に残る1988年の名勝負「10.19」を振り返るイベントを開催!!

あの“三振王”ブライアントが、球史に残る1988年の名勝負「10.19」を振り返るイベントを開催!!

かつて近鉄バファローズで活躍したラルフ・ブライアントが、球史に残る名勝負「10.19」を振り返るトークショー&イベント「来日イベント@富士通スタジアム川崎(川崎球場)」を開催することが明らかとなりました。日程は8月24日(土)。
隣人速報 | 837 view
【デーブ大久保】がホームランを打つと必ず勝つという「不敗神話」があった!

【デーブ大久保】がホームランを打つと必ず勝つという「不敗神話」があった!

1992年にトレードで西武から巨人に移籍したデーブ大久保さん。その時「大久保が打てば負けない」という「不敗神話」があったといいます。一体どんな内容だったのでしょうか?さっそく振り返ってみたいと思います!
つきねこ | 908 view
華麗なる転身!?プロ野球選手と結婚した【1980年代・1990年代】アイドルたちの現在は?

華麗なる転身!?プロ野球選手と結婚した【1980年代・1990年代】アイドルたちの現在は?

ファンにとっては残念ですが、人気アイドルが結婚を機に芸能界を去ることもありましたね。1980年代・1990年代に活躍した”人気アイドル”から、プロ野球得選手の奥様へ転身して、第二の人生を送っている6名のアイドルを紹介します。
ガチャまま | 10,221 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト