5月は陰暦では「皐月(さつき)」ですが、なぜ「さつき」と言うのでしょう?
2017年5月9日 更新

5月は陰暦では「皐月(さつき)」ですが、なぜ「さつき」と言うのでしょう?

5月ですね。ゴールデンウィークが終わり、なんとなく寂しい月曜日にこのコラムを書いております。ところで5月。陰暦では「皐月(さつき)」と言います。なぜ「さつき」と言うのか?というコネタです。ポイントは「さ」という音にあります。

800 view
5月ですね。
ゴールデンウィークが終わり、なんとなく寂しい月曜日にこのコラムを書いております。
ところで5月。
陰暦では「皐月(さつき)」と言います。なぜ「さつき」と言うのか?というコネタです。

「5月=皐月(さつき)」のポイントは「さ」?

稲に関わるモノゴトには「さ」という言葉が

稲に関わるモノゴトには「さ」という言葉が

古代の日本では「田の神(稲の神様)」のことを「サの神」「サ」と表現していたからなんです。
●「桜(さくら)」が咲いたあたりからジワジワと日本各地は農業の準備を迎える。
●田んぼに稲を植えて、お米作りが始まります。田んぼに植える時の苗を「早苗(さなえ)」と言う。
●田んぼに稲を植える神事が各地に残っているが、その神事で稲を植える役目の若い未婚女性を「早乙女(さおとめ)」と言う。
●神事のときの踊りや太鼓などの音楽を取りまとめる人のことを広島のある地域では「さんばい」と呼ぶ。
●田植えの神事自体は各地にあるのですが、その神事での音楽で使われる独特の竹製の楽器がありまして、これを「ささら」と言う。
●ささらのタイプは2つ。「すりざさら」と「びんざさら」。
※すりざさらは刻みのついた竹の棒と竹ヒゴを束ねたようなもので一組とする楽器で、互いをこすり合うことで「ザラザラ」みたいな音を出します。
※びんざさらは竹のプレートを束ねた楽器で、束ねた縄の両端をもって振ると「シャンシャン」あるいは「ジャッジャッ」という音がします。
●梅雨のことは「五月雨(さみだれ)」とも言う。
●稲に付く害虫については、昔は「さのむし」「実盛さま(さねもりさま)」などと呼ばれていた。
もうコレくらいにしておきますが、ええ、そうなのです。稲に関わるモノゴトに「さ」という言葉が関わっていることがお分かりいただけるかと思います。

これ、実はですね・・・古代の日本では「田の神(稲の神様)」のことを「サの神」「サ」と表現していたからなんです。

桜は「サ(田の神)の座(クラ。神様が来る場所)」

桜は「サ(田の神)の座(クラ。神様が来る場所)」。稲作を始める合図です。その由来が5月の古語にも表れています。

「皐月」は「サ(田の神)の月」

「皐月」は「サ(田の神)の月」。稲作をする時期なのです。「皐」という文字自体に「神に捧げる稲」という意味があるため、サという音と合体して「皐月(さつき)」となりました。

お米をこよなく愛してきた日本らしい月

5月というのは、お米をこよなく愛してきた日本らしい時期だったりするんです。現代社会ではコンビニに行けばいつでもオニギリがあるけれど、昔はそんなはずもなく、お米が当たり前に食べれる訳もないので、田の神「サの神」に色々気持ちを尽くし、芸を尽くしてもてなしを尽くし、楽しんでいただいて…そうやってお米の実りを祈ったわけです。

5月5日のこどもの日の鯉のぼりは?

あれ?じゃあ、5月5日のこどもの日の鯉のぼりは何さ?と思われる方もいるかもですね。
こちらは、サの神と全く別の信仰です。元ネタは中国。黄河の上流にある登竜山を切り開いてできた急流「竜門」の急流を登ることができた鯉は竜になるという伝説があり、これが「登竜門」の語源として、また、立身出世伝説として人気のネタでした。そんな中、江戸時代に将軍家では男児が誕生すると家紋のついた幡(はた)を立ててお祝いをする慣わしがあり、それを民間人も真似するようになる中で、この伝説と合体。最初は単純な鯉の幡だったのですが、明治時代に入ると鯉の数がジワジワ増えるわ、空を泳ぐスタイル=吹流し形式になるわ、魔よけの意味で陰陽五行の5色(青=「木」・赤=「火」・黄=「土」・白=「金」・黒=「水」 の5つの元素が邪気を祓う)を使うわで、今のスタイルに。

結果、5月は田の神様と竜になる鯉が混在する独特な月間に変化しました(笑)異国からの文化もすんなり取り入れてきた日本らしい月ですね♪
15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

花見シーズンもそろそろ!「桜×宴」スタイルが定着していった過程について。

花見シーズンもそろそろ!「桜×宴」スタイルが定着していった過程について。

春到来―。そろそろそんな時期になりました。そして、思いつく「花見」。桜が咲く頃になると、宴会を連想する方も多いのはないでしょうか?今回は、花見について。梅ではなく桜が愛でられる花見スタイルが定着していった過程についてです。
山崎敬子 | 406 view
桜は桜では?日本人がもっとも愛する花の一つ「桜(サクラ)」という単語の由来

桜は桜では?日本人がもっとも愛する花の一つ「桜(サクラ)」という単語の由来

民俗学を勉強していると、普段当たり前のように使っている単語の由来に触れることがある。今回はそんな「単語」について。 例えば「桜」。春になれば桜を愛でながら花見をする方もいらっしゃるだろう。
山崎敬子 | 3,109 view
日本の国土はスサノオの体毛に覆われているってどういうこと??

日本の国土はスサノオの体毛に覆われているってどういうこと??

秋になりました。「読書の秋」「食欲の秋」。夏の暑さで心身ともにウンザリしていたところに涼しい風が流れて動きやすくなり、色々な意欲が湧く季節。そんな秋に、日本神話的コネタをば。
山崎敬子 | 187 view
「イロモノ」の由来をご存知ですか?

「イロモノ」の由来をご存知ですか?

9月に入り、秋を意識しだすこの頃。夏の風物詩のひとつ「ビアガーデン」が姿を消してしまう…そんなこの頃。先月、横浜市の「餃子の酔葉」さんで開催されていたビアガーデンに伺いました。このビアガーデンは何と、ビートきよしさんが企画されたものです。
山崎敬子 | 507 view
神様に性交渉のノウハウを教えた鳥が私たちの身近に今もいます。それは…?

神様に性交渉のノウハウを教えた鳥が私たちの身近に今もいます。それは…?

夏といえば思い出すテレビCMがあります。“キンチョーの夏、日本の夏”そう、“金鳥”こと大日本除虫菊株式会社さんのCMです。ミドルエッジ世代にはお馴染みだと思います。今回は、その金鳥さんの商標「鶏」を思い出し、日本神話の鳥のコネタです。
山崎敬子 | 1,890 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト