17年間も中日の主軸で活躍した男!【谷沢健一】の凄さとは・・・。
2016年11月25日 更新

17年間も中日の主軸で活躍した男!【谷沢健一】の凄さとは・・・。

1970年代から80年代まで、中日ドラゴンズの中心選手として活躍し続けた男、谷沢健一は中距離打者としてチャンスに強い打撃とバットコントロールが生み出す安打で、走者をどんどん本塁に返していくバッティングで活躍した男です。 そんな、谷沢健一のプロに入る前から今までの軌跡をご紹介いたします。

5,042 view

あの張本勲と首位打者争いを行った男。谷沢健一

谷沢健一(やざわ けんいち)

谷沢健一(やざわ けんいち)

1947年9月22日生まれ
身長 179㎝、体重 75㎏
左投げ、左打ち
ポジション:一塁手、左翼手

中日ドラゴンズの主砲として17年間活躍し続けた日本球界が誇る中距離打者。日本タイ記録にもなる4打席連続本塁打を放つ名古屋の主砲は大人気のスター選手である。

谷沢健一の獲得タイトルや主な表彰と記録

首位打者:2回 (1976年、1980年)
最多出塁数:1回 (1984年)
最多安打(当時連盟表彰なし):1回 (1984年) ※1994年より表彰


新人王 (1970年)
ベストナイン:5回 (1976年、1980年、1982年~1984年)1976年は外野手、それ以外は一塁手として受賞
月間MVP:3回 (1980年4月、1982年4月、1984年5月)
カムバック賞:1回 (1980年)


オールスターゲーム出場:9回 (1970年 - 1973年、1976年、1980年、1981年、1983年 - 1984年)
4打数連続本塁打 (1981.9.20 - 9.21)

谷沢健一のプレースタイル

安打を打ち続けた主砲の姿

安打を打ち続けた主砲の姿

バットコントロールが巧く、長距離というよりも、巧打を放つ選手でしょう。4番打者というよりも3番、6番といった打順が得意な感じがします。
本塁打や打点はあまり多い選手ではありませんでした。

あの巨人の10連覇を阻止したチームは中日でして、そのチームのリーグ優勝に大きく貢献し、7年目の1976年には、あの日本が誇る安打製造機、張本勲に驚異的な追い上げで逆転し、首位打者に輝いたことも有名な話である。

壁が高ければ高いほど、闘志がみなぎるタイプのようです。

カムバック賞を獲るほどの返り咲きを見せてくれたのも谷沢健一の不屈の闘志があればでしょう。

谷沢健一の生い立ちとプロに入るまでの軌跡

千葉県の今の柏市に生まれ、当時の習志野高等学校で2年生でレギュラー。控えの投手にも選ばれる選手でした。

くしくも、甲子園には行けずに地方大会で涙をのんだ選手です。

ドラフトには選ばれず、一般入試で早稲田大学の文学部に入学。大学2年でレギュラー入りし、春季リーグで首位打者を獲るなどの活躍を見せ、東京6大学を代表する左の強打者として有名になる。
大学通算打率は.360を記録し、ベストナインにも6度選ばれるスター選手の一人だった。同期の荒川選手と二人で早稲田のON砲と呼ばれるほどの打者である。
早稲田時代の谷沢健一

早稲田時代の谷沢健一

そして、1969年のドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。その年の早稲田からは計7人がプロに入る結果となったプロ養成所のような早稲田野球部でした。

中日に入り、プロとしての活躍ぶり・・・

1年目からレフトのレギュラーとなり新人王に輝く。1973年からは主に一塁を守るようになった。巧打の中距離打者として活躍し、1974年の巨人のリーグ10連覇を阻止するチームのリーグ優勝に大きく貢献。
しかし、1978年頃から大学時代からの持病のアキレス腱痛が悪化しシーズン途中で二軍落ち。有効な治療法が無く選手生命が危ぶまれたが、酒マッサージの創始者の小山田秀雄に出会い、日本酒を患部に塗ってマッサージする療法に出会って治療を続け、ついには回復する(小山田はかつて黄金時代の西鉄ライオンズでトレーナー的な役割を担っていたことがあった)。ヤクルトが初優勝を決めた1978年10月4日の試合では9回に併殺打を打ちこの試合の最後の打者となっている。1979年9月23日対横浜大洋ホエールズ戦(ナゴヤ球場)の7回に代打で登場してファンの大声援を浴びヒットを放って谷沢健在をアピールした[4]。

中日谷沢健一のホームラン巨人の江川から - YouTube

ドラゴンズ4番が読売ジャイアンツの江川から同点本塁打。
出典 youtu.be
そして翌1980年には打率.369の高打率で2度目の首位打者、カムバック賞を受賞して見事復活を遂げた。ただしこの年チームは谷沢の活躍にもかかわらず最下位に低迷し勝率は.372だった。

その後1981年にはプロ野球タイ記録となる4打席連続本塁打[5]を放ち、1982年の優勝に4番として貢献。1984年には打率.329、本塁打34本、99打点を記録。1985年10月23日に対広島戦(広島市民球場)で2000本安打を達成し名球会入り(後に退会)。1986年シーズンオフ後に39歳で引退。
2000本安打達成

2000本安打達成

引退後の谷沢健一は、今もご存知の解説ぶり。

1987年から1993年までフジテレビ、ニッポン放送解説者、また1988年から1989年まではプロ野球ニュースの週末キャスターを務める。1994年から1995年の2年間、森祇晶監督、東尾修監督の下で西武ライオンズ二軍打撃コーチ、一軍打撃コーチを歴任。その後はフジテレビ・東海テレビ(J SPORTSで放映されるTHK制作の中継の解説も担当)・東海ラジオ解説者、東京中日スポーツ評論家となり現在に至る。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ジェントルマンといった言葉が似合う男、【田尾安志】は真摯な野球選手だった。

ジェントルマンといった言葉が似合う男、【田尾安志】は真摯な野球選手だった。

中日ドラゴンズ時代から、甘いマスクと華麗なプレー。真直ぐな仕草に若い人から年配の方まで様々な人から愛される選手だった田尾安志は、円月打法を引っ提げて、左へ右へと打ち分けて、安打を量産する安打製造機だった。そんな田尾の現役時代から引退後までの軌跡をご紹介します。
takaboo | 7,825 view
名参謀【男・森繁和】一度はプロへの入団を拒否したが西武ライオンズ黄金期を支えたストッパー

名参謀【男・森繁和】一度はプロへの入団を拒否したが西武ライオンズ黄金期を支えたストッパー

中日ドラゴンズ監督落合博道の右腕としてリーグ制覇や日本一に導いた男・森繁和。大学卒業後にドラフト一位指名されるも入団拒否。自分を貫き社会人で日本一。新生西武ライオンズに入団に抑えのエースとして、西武ライオンズ黄金期を支えたストッパー。引退後はコーチ業を渡り歩き、名参謀として君臨し、満を時して中日ドラゴンズの監督まで上り詰めました。
takezoh0804 | 507 view
70年代は速球派、80年代は技巧派、リリーフで最優秀防御率を獲った男【鈴木孝政】

70年代は速球派、80年代は技巧派、リリーフで最優秀防御率を獲った男【鈴木孝政】

1972年中日ドラフト1位鈴木孝政。リリーフピッチャーながら最優秀防御率と最優秀救援投手の二冠を獲得した。当時は160キロは出ていたのではないかと言われるほどの速球派でした。登板過多により肘を壊し、80年代には技巧派に転向し88球で初完封を成し遂げたり、1984年には16勝をあげカムバック賞を獲得した。栄子と挫折の影には奥様や星野仙一がいた。
takezoh0804 | 1,610 view
【若虎四天王・藤田平】阪神一筋積み上げた安打は2064本!監督解任時には籠城

【若虎四天王・藤田平】阪神一筋積み上げた安打は2064本!監督解任時には籠城

阪神一筋19年で名球会入りをした藤田平選手。江夏や田淵とともにリーグ優勝を目指し、ライバル巨人に肉薄するも優勝はできずに終わった選手生活。1995年中村監督の休養で監督代理に就任。1996年より正式に監督に就任。しかし成績不振の責任を取らされ解任も納得せずに籠城した藤田平とは。
takezoh0804 | 436 view
中日ファンは必見!?大阪桐蔭の根尾昂の愛読書『思考の整理学』が東大・京大生に絶大な支持を受けている理由とは?

中日ファンは必見!?大阪桐蔭の根尾昂の愛読書『思考の整理学』が東大・京大生に絶大な支持を受けている理由とは?

10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、中日が交渉権を獲得した大阪桐蔭・根尾昂。根尾は文武両道として知られ、寮に父親が毎月20冊の本を送ってくるほどの読書家でもあります。そんな彼の愛読書「思考の整理学」が、現在巷で大きな話題となっています。
隣人速報 | 1,458 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト