60年代から70年代に異彩を放ったフィル・スペクターのウォール・オブ・サウンド
2017年4月12日 更新

60年代から70年代に異彩を放ったフィル・スペクターのウォール・オブ・サウンド

フィル・スペクターといえばウォール・オブ・サウンドと呼ばれる独特のサウンドを作り上げたことで知られています。その特徴的なサウンドは、多くのミュージシャンを虜にし、フィル・スペクターはビートルズからパンク・バンドまで幅広くプロデュースを手掛けた今や伝説のプロデューサーです!

3,055 view

Phillip Spector

フィル・スペクターは「ウォール・オブ・サウンド」と称される独特の音作りで有名な音楽プロデューサーです。
フィル・スペクターが作り出した音は、世界各国の様々なミュージシャンに影響を与えており、ブルース・スプリングスティーンが出世作であるアルバム「明日なき暴走」を制作する際には「ボブ・ディランのような詩、フィル・スペクターのような音作り、デュアン・エディのようなギター、ロイ・オービソンのような歌唱」を目指したという話は広く知られています。
フィル・スペクター

フィル・スペクター

出生名:Harvey Phillip Spector
生年月日:1940年12月26日
出身地:アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
活動期間:1958年~2009年
フィル・スペクターが「ウォール・オブ・サウンド」による緻密なアレンジによるサウンドで一世を風靡したのは60年代前半で、その斬新なプロデュースによりヒット曲を連発しました。

70年代に入ってからも賛否両論あったものの様々な大物ミュージシャンをプロデュースしています。その一方で、もともと奇行が目立っていたのですが、それがエスカレートしてきます。
フィル・スペクター

フィル・スペクター

あまりにもやりすぎな髪型が話題となりました。
そして遂に、2003年には恋人を射殺した罪で禁固19年の判決を受け、現在はカリフォルニア州立刑務所の薬物中毒治療施設に収監されています。
フィル・スペクター

フィル・スペクター

刑務所の中での1枚
あまりにも激しい変貌ぶりに驚いてしまいますが、フィル・スペクターが作り出したサウンドは嘘偽りなく素晴らしいものです。

「ウォール・オブ・サウンド」の完成形というと、ニューヨークで結成されたアメリカの女性ボーカル・グループ「ザ・クリスタルズ」の「ハイ・ロン・ロン」でしょう。全米第3位となる大ヒットを記録しています。
因みにタイトルの「Da Doo Ron Ron(原題)」とは、当初歌詞ができていなくて仮でDa Doo Ron Ronとしていたものをフィル・スペクターが気に入ってそのまま使用したのだそうです。

The Crystals - Da Doo Ron Ron - new stereo remix versions

そして「ウォール・オブ・サウンド」の最高傑作といえるのが、ロネッツが1964年に発表した唯一のオリジナル・アルバムであり、天下の名曲「ビー・マイ・ベイビー」です。
プレゼンティング・ザ・ファビュラス・ロネッツ・フィーチ...

プレゼンティング・ザ・ファビュラス・ロネッツ・フィーチャリング・ヴェロニカ

【収録曲】

1. 恋の雨音
2. 恋しているかしら
3. ソー・ヤング
4. ブレイキン・アップ
5. アイ・ワンダー
6. ホワッド・アイ・セイ
7. ビー・マイ・ベイビー
8. ユー・ベイビー
9. ベイビー、アイ・ラヴ・ユー
10. ハウ・ダズ・イット・フィール
11. ホエン・アイ・ソウ・ユー
12. チャペル・オブ・ラヴ

The Ronettes - Be My Baby - live [HQ]

いかがです?いついかなる時に聴いても心が躍る素晴らしい曲、サウンドですよね。

当時はまだ録音技術が発達していなかったので、いくつもの音を重ねていくという録音作業はかなりの時間と労力を要していますが、フィル・スペクターは偏執的なまでにこだわりぬいて理想とするサウンドを作り上げています。

Let It Be_1970

70年代に入ると録音技術も大幅に進歩し、何よりフィル・スペクターの「ウォール・オブ・サウンド」は時代に即さないようになってしまいました。

しかし、それでも60年代に作り上げたフィル・スペクターのサウンドに魅了されたミュージシャンがプロデュースを依頼します。誰あろう、ビートルズです。

当時のビートルズは解散目前の険悪な状況であり、映画と並行して制作されていたレコーディングは散漫なものとなっていました。メンバーもお手上げとなっていた膨大な時間の録音テープにオーケストラやコーラスなどのオーヴァー・ダビングを施し、フィル・スペクターはビートルズのラスト・アルバム「レット・イット・ビー」を完成させています。

しかし、本来とはまったく違ったコンセプトとなったことでポール・マッカートニーは大いに不満を抱え、2003年にはついにメンバー同意のもと「レット・イット・ビー...ネイキッド」としてフィル・スペクターの装飾的な部分を取り除き当初の計画にあったシンプルなアレンジに作り直して発表しています。
レット・イット・ビー

レット・イット・ビー

【収録曲】

  1. トゥ・オブ・アス
  2. ディグ・ア・ポニー
  3. アクロス・ザ・ユニバース
  4. アイ・ミー・マイン
  5. ディグ・イット
  6. レット・イット・ビー
  7. マギー・メイ
  8. アイヴ・ガッタ・フィーリング
  9. ワン・アフター・909
  10. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
  11. フォー・ユー・ブルー
  12. ゲット・バック
鬼才フィルは天下のビートルズでも決して遠慮しなかった。ビートルズの出したテープが酷いと判断し、容赦なくウォールオブサウンドをふんだんに使い、不要と思ったパート(Dig It)も大幅にカットした。

ザ・ビートルズ - レット・イット・ビー

ポール・マッカートニーはフィル・スペクターの仕事を評価しなかったものの、ジョン・レノンとジョージ・ハリスンは、短期間でアルバムとしてまとめあげたフィル・スペクターの能力を高く評価し、それぞれのソロ作品にプロデューサーとして迎え入れています。

ジョージ・ハリスンは、実質的なソロ・ファースト・アルバムとなった「オール・シングス・マスト・パス」にフィル・スペクターを起用しています。「ウォール・オブ・サウンド」が全体を覆いつくしたこのアルバムはレコードで3枚組であるにも関わらず記録的な大ヒットとなり、シングル・カットされた「マイ・スウィート・ロード」ともども70年代の幕開けを飾るロックの金字塔と言われています。

George Harrison-My Sweet Lord (Studio Version) Original

31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

デビュー当時のようにオーバーダビングを極力行わずシンプルなアルバムを作ろうということで始められたレコーディング。ビートルズ最後のアルバムとなった「レット・イット・ビー」は、極端にオーバーダビングされメンバーの思惑を外れたものとなりました。なぜそんなことになったのか時系列で足跡を辿ります。
obladioblada | 7,059 view
映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!

映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!

9月22日から、ザ・ビートルズの公式ライヴ・ドキュメンタリー映画が遂に全国ロードショー!この機会に、ライヴ・バンドとしてのThe Beatlesの魅力を味わってみませんか?映画だけでなく、当時のライヴの模様を伝えてくれるレコードやCD、動画、DVD、なども併せてご紹介します。
Gaffa | 1,953 view
ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

世界いたるところで、それこそ星の数ほどビートルズの楽曲はカバーされていることでしょう。しかし、そのビートルズもまた多くの曲をカバーし公式に残しています。それにしても余りにカバーが上手すぎてオリジナルかと思ってしまうほどです。
obladioblada | 3,877 view
95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』

95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』

1970年に解散したビートルズ。それから25年後の1995年に、『フリー・アズ・ア・バード』という新曲が発表されました。既にジョンがこの世にいない状況で、果たして、残された3人はどのように曲を完成させたのでしょうか?そんな「奇跡の一曲」が出来上がるまでの顛末を紹介していきます。
こじへい | 1,747 view
ロック史上初の大規模なチャリティー・コンサートを知ってますか?それはバングラディシュ・コンサートです!

ロック史上初の大規模なチャリティー・コンサートを知ってますか?それはバングラディシュ・コンサートです!

1971年8月1日にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでジョージ・ハリスンが企画したロック史上初めての大規模なチャリティーコンサートがバングラデシュ・コンサートです。コンサートは大成功を収め、これ以降に行われたライブエイドなどといったチャリティーコンサートに大きな影響を与えています。そして何よりも映画化及びレコード化されたことでジョージ・ハリスンは勿論のこと、エリック・クラプトンやボブ・ディランといった今やレジェンドとなった出演者たちの若かりし頃の演奏が見れることは大きな喜びです!しかし、当時の舞台裏は大変だったみたいですよ。
obladioblada | 1,044 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト