この共演を機に明石家さんまと大竹しのぶが結婚した名ドラマ【男女7人夏物語】のあらすじ&最終回って?<ネタばれ>
2017年1月31日 更新

この共演を機に明石家さんまと大竹しのぶが結婚した名ドラマ【男女7人夏物語】のあらすじ&最終回って?<ネタばれ>

1986年7月からTBS系で放映され、最高視聴率31.7%と爆発的人気を博した『男女7人夏物語』。 もはや伝説とも呼ぶべき、明石家さんまVS大竹しのぶの掛け合い、個性豊かな7人が織りなす恋模様は“トレンディ・ドラマ”の出発点というべき作品。鎌田敏夫脚本による恋愛ドラマの傑作。

13,296 view

男女7人夏物語

 (1500181)

『男女7人夏物語』(だんじょしちにんなつものがたり)は、1986年7月25日から9月26日まで毎週金曜日21:00 - 21:54に、TBS系で放送された日本のテレビドラマ。主演は明石家さんま。
明石家さんまと大竹しのぶを引き合わせ、後に結婚(IMALU誕生、その後離婚)に至ったドラマとして有名。さんまと大竹の掛け合いの面白さが話題となり、最高視聴率は31%を越え、続編『男女7人秋物語』も制作された。
トレンディドラマの元祖であるとも言われる。

あらすじ

旅行代理店に勤める良介(明石家さんま)は、30歳・独身、気楽な一人暮らし。ある朝目覚めると、見知らぬ女性がベッドで寝ていた。
 (1498967)

彼女の名は桃子(大竹しのぶ)。
二人とも昨晩の記憶は全くない。最悪の出会いだったが、二人は思いがけず再会を果たす。
 (1498962)

学生時代の友人・貞九郎(片岡鶴太郎)の紹介で、野上(奥田瑛二)とビアホールを訪れた良介らを待っていたのは・・・
 (1498963)

キャンペーンガール時代の親友・千明(池上季実子)、香里(賀来千香子)、美和子(小川みどり)を誘って来ていた桃子だった。
<男が3人、女が4人。今、男女7人の夏が始まる・・・。>

良介と桃子の再会。野上にのめりこむ香里。両親の不仲の影響で女性を真剣に愛せない野上。そして香里を心配しながらも野上と同じ傷を持つ千明。その千明の孤独を心配する貞九郎。会えば喧嘩ばかりしている良介と桃子。
 (1498994)

それは近所のスーパーでも食堂でもコインランドリーでも、さまざまな場で繰り返されるが、驚くほど2人の好みはそっくりだった・・・。
不器用な千明は良介の明るさと、人に対する肯定的な思いに惹かれる。やがて2人は一夜を共にするが、何かが違うという思いがすぐに2人の間に広がっていく。

「彼女はかわいそうな子なんだぞ」野上に言われた良介は言うのだった。
「一番好きな人が誰なんか、やっとわかったんや」。
嵐の夜、良介の告白がきっかけで、良介と桃子は結ばれる。

結ばれた良介と桃子だが・・・
千明と貞九郎、香里と野上、それぞれの関係はどうなるのか??

キャスト

今井良介(30歳) - 明石家さんま

今井良介(30歳) - 明石家さんま

ツアーコンダクター。兵庫県加古川出身。

一見、ちゃらちゃらして軽く見えるが、人の気持ちの分かる優しい人物。
神崎桃子(27歳) - 大竹しのぶ

神崎桃子(27歳) - 大竹しのぶ

フリーライター。岐阜県出身。

自由奔放で、周りが見えずに行動することもしばしば。良介とは会うたびに口げんかをしながらも、何かとかまう。
浅倉千明(28歳) - 池上季実子

浅倉千明(28歳) - 池上季実子

カストマディーラー。東京都出身。

幼い頃の家庭環境のせいで、素直に人が好きになれない。奔放に生きる桃子をうらやましく思う。そんな彼女が良介を好きになり、初めて自分から男の人に告白した。
その後、良介と付き合うようになるのだが、どうもうまくいかず・・。
貞九郎は彼女にとって唯一本音の悩みを話せる存在。
大沢貞九郎(31歳) - 片岡鶴太郎

大沢貞九郎(31歳) - 片岡鶴太郎

結婚式場のフロア・マネージャー。千葉県印旛沼出身。

半年同棲していた恋人に出ていかれ、いじけてばかり。
千明に思いを寄せているが、ずっと告白できずにいた貞九郎が、勇気を振り絞っていったセリフは印象的だった。
「千明さんにとって僕は男じゃないかもしれないけど、僕にとって千明さんは女だ!」
沢田香里(26歳) - 賀来千香子

沢田香里(26歳) - 賀来千香子

照明設計室勤務。神奈川県金沢八景出身。

男の人にすぐのめり込んでしまい、男がいないと生きていけないようなタイプ。ずるずる付き合っていた不倫相手と別れるため、桃子に野上たちを紹介してもらったが、今度は女性を心から愛せない野上にのめり込んでしまう。
椎名美和子(26歳) - 小川みどり

椎名美和子(26歳) - 小川みどり

球場アナウンス。埼玉県飯能出身。

男関係のことになると、いつも知らない間に他の3人だけが話が進んでいて、のけ者になっている損な存在。そのことを自分でも自覚していて、よく「やっぱり私お見合い結婚なのかな」といった発言をする。結局その言葉通り、お見合い結婚をすることに。
野上君章(32歳) - 奥田瑛二

野上君章(32歳) - 奥田瑛二

商社マン。東京都出身。

モテるのだが、過保護の母親に育てられたため、女とは距離をおいて付き合おうとする。
香里に対しても、最初はうっとおしく感じるが・・・。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

TBSドラマ【男女7人秋物語】について語ろう! さんまと大竹しのぶの息の合った掛け合いが見れるドラマ

TBSドラマ【男女7人秋物語】について語ろう! さんまと大竹しのぶの息の合った掛け合いが見れるドラマ

TBSドラマ【男女7人秋物語】放送は1987年10月~12月、主な出演者は明石家さんま/大竹しのぶ、主題歌は森川由加里の「SHOW ME」 【男女7人秋物語】ついて語ろう!
【ドラマ最終回シリーズ!】男女7人秋物語【ネタバレしてます】

【ドラマ最終回シリーズ!】男女7人秋物語【ネタバレしてます】

明石家さんまと大竹しのぶの掛け合いが最高でした!当時としては珍しい恋愛ドラマで、「トレンディー」の火付け役となりました。 そんな『男女7人秋物語』の最終回をチェック! 
ななこ撫子 | 24,257 view
【男女7人対決!】あなたはどっち?「男女7人夏物語 V.S. 男女7人秋物語」

【男女7人対決!】あなたはどっち?「男女7人夏物語 V.S. 男女7人秋物語」

トレンディドラマの原点と言われる、鎌田敏夫脚本による恋愛ドラマの傑作“男女7人”シリーズ。「夏物語」と「秋物語」がありますが、あなたはどっちが好きでしたか?
石井明美「CHA -CHA -CHA」を聞くと思い出す『男女7人夏物語』

石井明美「CHA -CHA -CHA」を聞くと思い出す『男女7人夏物語』

1980年代のバブルと呼ばれた時代にヒットした、石井明美のCHA -CHA -CHA。 当時の人気ドラマ『男女7人夏物語』の主題歌だった。恋に憧れていたあの頃を思い出してみたい。
バラエティ『鶴ちゃんのプッツン5』片岡鶴太郎が司会。石田ひかりと西田ひかるのコンビが話題だった!

バラエティ『鶴ちゃんのプッツン5』片岡鶴太郎が司会。石田ひかりと西田ひかるのコンビが話題だった!

バラエティ『鶴ちゃんのプッツン5』は、1986年10月4日から1992年9月26日まで放送された片岡鶴太郎が司会を務めたバラエティ番組でした。石田ひかりと西田ひかるは、“リー&ルーコンビ”で番組に出演していました。
星ゾラ | 4,597 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト