ドラフト外入団・雑草【西本聖】の”怪物・江川”との因縁
2016年11月25日 更新

ドラフト外入団・雑草【西本聖】の”怪物・江川”との因縁

巨人という同じチームでライバル関係にあった西本聖と江川卓。高校時代、無名の投手から沢村賞投手となった西本と怪物だった江川。同じチームにエースは二人並び立たない。果たしてそうだったのだろうか?

17,941 view

江川との出会い

西本が江川と初めて出会ったのは、松山商業高校時代だった。江川は甲子園にも出場しており、全国的にも注目を集めていた。西本は実際にナマの江川を目の当たりにして、驚きよりも感激をしたと語っている。西本が江川に対しての意識が芽生えたのはこの時からであった。
実は両者は、プロ入り以前に邂逅を果たしている。西本が高校2年の時、栃木に遠征し、練習試合で江川と投げ合った。試合は松山商が江川の前に16三振、完封負けを喫した。
 江川さんを意識したのは、松山商業時代からでした。江川さんは作新学院で甲子園にも出ていて、僕よりも1学年上なんですが、「甲子園に出たら当たるだろう」と、監督さんが考えていて、僕らは栃木県まで行って、練習試合をしているんです。甲子園の中継を見ただけでも、「すごいな。本当に1学年しか違わないのか!?」と感じていましたが、実際にバッターボックスで江川さんのボールを見たら、驚きというより、感激しましたよ。よく江川さんの投球に関して、「ボールが浮き上がってくる」という表現を聞いていたんですけど、本当に浮き上がってきたんですからね(笑)。
「怪物」たちの真実(2) 雨と奇策に散った江川卓:KOSHIEN新世紀:スポーツ:中日スポーツ(CHUNICHI Web) (1552020)

「こんな高校生がいるのかと思った。打席ではボールが浮き上がってきましたからね。今思うと、人生に偶然はなく、起こるべくして起こった出会いだったのでしょう」(西本)

ドラフト外で巨人へ入団 ドラフト1位は定岡正二

1974年のドラフト会議で、巨人が1位指名をしたのは鹿児島実業の定岡正二だった。定岡は3年生の時エースとして原辰徳がいた東海大相模を延長15回の末破り、鹿児島県勢で初となる甲子園ベスト4を果たしていた。甘いマスクと実力もともない女子中高生のアイドルだった。

松山商業の西本は、エースとなった3年生の県予選で、南海へドラフト1位で入団した南宇和の藤田学と投げ合い0−2で敗れ、甲子園出場はできなかった。
西本はドラフト外で巨人へ入団したが、投手としてでなく内野手へ転向という見方もされていた。
写真特集:長嶋茂雄の軌跡 - 毎日新聞 (1551296)

ひな壇中央には定岡が座り、後列に西本がうつむきかげんに立っている。
同期入団のドラフト1位の定岡をライバルとしていたが、西本は入団3年目の77年にプロ入り初勝利をあげこの年8勝をした。対して定岡は、80年に初勝利をあげるまでは長らく2軍暮らしが続いていた。
西本 聖  オフィシャルサイト (1551291)

江川入団

江川卓は、78年11月22日開催のドラフト会議前日の21日に、巨人と電撃契約を結んだ。いわゆる「空白の1日」である。しかし、ドラフト会議では阪神が江川を1位指名し交渉権を獲得した。この問題はこじれにこじれたが、金子コミッショナーの要望により、79年の1月31日に、江川は阪神と一旦契約を結んだ上で巨人へトレードする形をとり、巨人へ移籍することになった。このトレードの相手が小林繁だった。
江川さんが巨人に入団するという第一報を聞いたのは、羽田空港でした。春季キャンプで宮崎に向かうところで、「小林繁さんが来ない」っていうんで、ざわついていた。その時は「来るな!」って思いましたね。
江川卓 VS 西本聖 前編|スポーツ観戦の達人 (1551304)

出典 ameblo.jp
1人の力ある投手が入ってくるということは、その分、先発ローテーションの枠がなくなるわけですよ。自分はプロ5年目で、実績のない、これから実績を作ろうとしていた時でしたから、当然、「(先発枠から)外れるのは自分だろう」って思っていました。そう考えれば考えるほど、「来るな!」って思いましたね。
コラム・世にも不思議な変化球の話 | 週刊ベースボールONLINE (1551277)

僕は「エースは1人しかいない」と、ずっと思ってました。右のエース、左のエースなんてのもないと思ってました。エースとは、基本的に周りが評価をするものだと思うんです。そのためにも、シーズンの勝ち星で江川さんに勝ちたいと思っていました。

巨人-阪神 西本聖 完投 2/2 - YouTube

1979年
そう、江川がストレートなら西本はシュートである。江川は言う。
「僕が現役時代、他の投手の球ですごいと思ったのはただ1つ、西本のシュートだけだった。」
56 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

怪物【江川卓】が世の中を騒がせた事件あれこれ!!

怪物【江川卓】が世の中を騒がせた事件あれこれ!!

「空白の1日」「江川問題」は世間を騒動に巻き込み、「江川る(えがわる)」という言葉をも生んだ。並外れた投手・江川は、怪物として甲子園に登場した時から世の中を騒がし続けた。そんな江川が引き起こした事件を選んでみた。
tiro | 12,023 view
【平松政次】ミスターG・長嶋茂雄をメッタ斬りした男

【平松政次】ミスターG・長嶋茂雄をメッタ斬りした男

凄まじい切れ味の「カミソリシュート」を武器に、大洋ホエールズのエースとして通算201勝を挙げた平松政次。その201勝のうち51勝が巨人からの勝利であり、長嶋茂雄が最も苦手としていた投手だった。
tiro | 8,704 view
【松本匡史選手】青い稲妻と呼ばれた巨人軍不動のトップバッター

【松本匡史選手】青い稲妻と呼ばれた巨人軍不動のトップバッター

俊足巧打、そして守備も抜群に上手い。青い手袋を身につけていた事から 「青い稲妻」と呼ばれた松本匡史選手は、正に理想的な一番打者だった。 1980年代の巨人軍を支えた松本選手の球歴を振り返る。
和尚 | 25,619 view
【鹿取義隆選手】かっての守護神が宿敵となって巨人ナインに立ちはだかった!

【鹿取義隆選手】かっての守護神が宿敵となって巨人ナインに立ちはだかった!

1980年代、無類の安定感を誇り巨人のリリーフエースとして君臨した鹿取義隆選手。だが、トレードによって西武に移籍。そしてかっての守護神が1990年の日本シリーズにおいて、今度は宿敵の一員として、巨人ナインの前に立ちはだかったのである。
和尚 | 20,336 view
【駒田徳広選手】「満塁男・駒田」が起こした球史に残る「二つの事件」を振り返る。

【駒田徳広選手】「満塁男・駒田」が起こした球史に残る「二つの事件」を振り返る。

満塁の際、無類の強さを誇った「満塁男」・駒田選手。巨人のスター選手だった彼は選手生活の晩年・FA宣言をして横浜に移籍する。「来る選手はいても、FAで巨人を出る選手などいない」そう思われていた球界の常識を変えた選手だった。
和尚 | 50,873 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト