夏の海の代名詞“エア・サプライ”。さわやかでロマンチックな歌声は永遠です
2016年11月21日 更新

夏の海の代名詞“エア・サプライ”。さわやかでロマンチックな歌声は永遠です

夏の海のイメージが強いエア・サプライですが、曲名やアルバムタイトルの原題をみると日本独自に夏のイメージが作られたことがわかります。しかし、エア・サプライのさわやかな歌声を聴くと夏のイメージにぴったりです。なんともロマンチックな気分になること請け合いですよ。

1,568 view

Air Supply

エア・サプライ

エア・サプライ

エア・サプライはオーストラリア のAORを代表するバンドのひとつです。1976年にデビューし、一旦1988年に活動を中止しますが、1991年からオリジナル・メンバーであるグラハム・ラッセル(ギター、ピアノ、ボーカル)とラッセル・ヒッチコック(ボーカル、パーカッション)の二人で再結成し現在に至っています。

エア・サプライが世界的にヒットを飛ばすようになるのは80年代に入ってからで、その当時のメンバーはグラハム・ラッセルとラッセル・ヒッチコック以外に
フランク・エスラー・スミス(キーボード)
ラルフ・クーパー(ドラム)
デヴィッド・モイス(リードギター)
レックス・ゴー(リードギター)
デビッド・グリーン(ベースギター)
の7人組でした。

それでは、エア・サプライの全盛期だった80年代を振り返ります。

Lost in Love

1976年にデビュー・アルバム「 Air Supply」を発売してから、1977年 「The Whole Thing Started」、1977年「 Love & Other Bruises」、1979年 「Life Support」と70年代に4枚のアルバムを発売していたものの大きな成功を上げられずにいたエア・サプライが80年代に入り一躍世界的なスターとなるきっかけとなったのが1980年発売のアルバム「ロスト・イン・ラヴ」です。

エア・サプライの真骨頂である、伸びのあるハイトーンボイスとドラマチックなバラードは本作でも既に完成されています。
ロスト・イン・ラヴ

ロスト・イン・ラヴ

1980年リリース

【収録曲】
1 ロスト・イン・ラヴ
2 オール・アウト・オブ・ラヴ
3 ときめきの愛を
4 ジャスト・アナザー・ウーマン
5 ハヴィング・ユー・ニア・ミー
6 アメリカン・ハーツ
7 チャンセズ
8 オールド・ハビッツ・ダイ・ハード
9 燃えない心
10 マイ・ベスト・フレンド
日本版のジャケットは夏のイメージで売ろうというレコード会社側の意図がダイレクトに表れたデザインとなっていますが、オリジナル・ジャケットはちょっと印象が違います。
面白いですね。
Lost in Love

Lost in Love

 作曲家のグラハム・ラッセルと,甘く伸びのある高音が魅力のシンガー,ラッセル・ヒッチコックの2人が出会って生まれたオーストラリアのロック・バンド,エア・サプライ。彼らの出世作が79年に発表された本作。久しぶりに聴きましたが,今聴いても真夏の青空と海を思わせる爽快なサウンドが気持ち良いですね。
 冒頭の3曲はシングル・ヒット曲。この中では,何といっても「Lost In Love」ですね。アルペジオの優しい音色に導かれ,徐々に盛り上がって行く明るく爽やかなバラード。ラッセルの甘い歌声も魅力的です。「All Out of Love」は,爽やかなメロディーの中にもどこか感傷的な雰囲気が漂うナンバー。ストリングスも交えた豊穣なサウンドが印象的です。

Air Supply - Lost In Love [ Original Australian Version - FULL AUDIO HD ] [ A Tribute Video ]

The One That You Love

前作「ロスト・イン・ラヴ」がアルバム、シングル共に大ヒットし勢いに乗ったエア・サプライが1981年に発売したアルバム「シーサイド・ラヴ」です。
アルバムは全米10位とヒットし、シングル・カットされた「シーサイド・ラヴ」が全米1位、「ヒア・アイ・アム」が全米5位、「スウィート・ドリームス」が全米5位と軒並み大ヒットしています。

そして、エア・サプライのジャケットといえば気球です。何故だか分かりませんが、もうイメージが定着してしまってますよね。
シーサイド・ラヴ

シーサイド・ラヴ

1981年リリース

【収録曲】
1. ドント・ターン・ミー・アウェイ
2. ヒア・アイ・アム
3. 愛をうたにのせて
4. シーサイド・ラヴ
5. マイ・ラヴ
6. スウィート・ドリームス
7. ギヴ・イット・オール
8. あなたのいない朝
9. 僕のメモリアル・ソング
10. アイヴ・ガット・ユア・ラヴ
このアルバムを聴くと、きっと一人一人が昔を想い、それぞれ違った場所や時間へとタイムスリップが出来るものと思います。
自分だけのタイムマシンなんていかがでしょうか?

もちろん昔聴いていなくとも、今でもこれ単独で十分輝いていると断言できます。

Air Supply - The One That You Love

シーサイド・ラブ

Now and Forever

1980年にエア・サプライが米国進出して以来3作目にあたる「ナウ・アンド・フォーエヴァー」は最高傑作との評価を受けており、エア・サプライを代表するアルバムです。

そして、ジャケットがいろいろあって楽しいです。イメージ戦略というやつでしょう。日本での立ち位置がジャケットに表れています。
ナウ・アンド・フォーエヴァー

ナウ・アンド・フォーエヴァー

1982年リリース

【収録曲】
1 ナウ・アンド・フォーエヴァー
2 さよならロンリー・ラヴ
3 ヤング・ラヴ
4 夜明けのふたり
5 テイキング・ザ・チャンス
6 ラヴ・ビリーヴァー
7 ワン・ステップ・クローサー
8 ドント・ビー・アフレイド
9 残された言葉
10 あの娘はどんな娘!?
出典 ameblo.jp
Now & Forever

Now & Forever

Now and Forever

Now and Forever

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

昭和の頃、台風の気圧の単位ってヘクトパスカルじゃなくて「ミリバール」でしたよね。

昭和の頃、台風の気圧の単位ってヘクトパスカルじゃなくて「ミリバール」でしたよね。

夏から秋にかけて日本列島をたびたび襲う台風。日本人としては勘弁してくれと思うことも多いかと思います。そんな台風のニュースを見るたびに「hPa(ヘクトパスカル)」という気圧の単位を耳にすることが多いかと思いますが、昔は「mbar(ミリバール)」と呼ばれていたのを覚えていますでしょうか?
あなたの好きな曲は何位?夏に関するアンケートランキング!夏の曲第1位は「少年時代」に!

あなたの好きな曲は何位?夏に関するアンケートランキング!夏の曲第1位は「少年時代」に!

株式会社ヤマハミュージックジャパンは、ヤマハミュージックメンバーズの会員を対象に「夏」をテーマとしたウェブアンケートを行い、「夏に一番行きたい場所」「夏に楽しみたいこと」「夏になると聴きたくなる曲」のランキングを集計しました。
隣人速報 | 784 view
夏の終わりに聴きたい【オメガトライブ】の名曲「Super Chance」

夏の終わりに聴きたい【オメガトライブ】の名曲「Super Chance」

1986年にリリースされた【オメガトライブ】の「Super Chance」は、夏の終わりにピッタリな名曲です。オメガトライブの粋なサウンドに、カルロス・トシキの甘い歌声が絶妙にマッチしています。
つきねこ | 772 view
猛暑は嫌でも、夏は去ってほしくないあなたに。夏に聴きたいJ-POPだけをセレクトしたCD-BOXが登場!

猛暑は嫌でも、夏は去ってほしくないあなたに。夏に聴きたいJ-POPだけをセレクトしたCD-BOXが登場!

あの夏の日の記憶を思い出させてくれる力を持つ「夏歌」。そんな夏に聴きたいJ-POPだけをセレクトした4枚組CD-BOX「夏の歌~J-サマー~」が現在好評発売中です。
隣人速報 | 669 view
「昔の夏は涼しかった」は本当なのか!?かつて猛暑になった年を振り返る!!

「昔の夏は涼しかった」は本当なのか!?かつて猛暑になった年を振り返る!!

ありえないレベルの猛暑となっている今年の日本の夏。「日傘男子」という言葉も登場し、男性でも日傘をさす人が出てくるなど暑さ対策になりふり構っていられない状況が続いています。一方で、かつての日本の夏はどのくらいの暑さだったのでしょうか?この記事では、昔の猛暑を振り返ってみたいと思います。
となりきんじょ | 11,448 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト