青春の甘酸っぱさを表現させたら右に出る者なし!70年代に発表した あいざき進也のシングル。
2019年1月10日 更新

青春の甘酸っぱさを表現させたら右に出る者なし!70年代に発表した あいざき進也のシングル。

あいざき進也というと、どうしても二番手というイメージがあり、多くを語られることが少ないように感じます。勿体ない。彼が70年代に発表したシングルは青春の香りがする名曲揃いなんです。

488 view
何がスゴイかというと、レコードで言うところのA面です。ほとんどカバーで構成されているのですが、聴きどころは1曲目から5曲目で、順にキング・クリムゾン、グランド・ファンク・レイルロード、ヴァニラ・ファッジ、スティービー・ワンダー、ユーライア・ヒープときます。プログレ好きなんですかね?それにしてもアイドルがクリムゾンとは。スティービー・ワンダーも一緒にやるとは。しかもその後は陽水ですか、ありえないですよね。

因みに、バックを務めているのはビート・オブ・パワーで、彼らはその後キャンディーズのバックMMPになり、さらにその後にはスペクトラムになるという強者たちなのです。

ミッドナイト急行

1975年は「恋のペンダント」の後に「君のハートに火をつけて」を発売し終わるのですが、アイドルとしてはここがピークと言っていいでしょう。
とは言え、1976年に入っても楽曲は魅力的です。5月10日「愛の舟 」8月10日「真夏の感触」10月10日「青春物語」と3作連続でヒットメーカー筒美京平 を迎えたシングルを発売しています。

明けて1977年。新年早々の1月25日発売の「ミッドナイト急行」では作詞に松本隆 を迎えています。
ミッドナイト急行

ミッドナイト急行

B面:早春にはばたけ
勝負の年、勝負をかけた、そういってよいでしょう。決意も新た、そんな感じがひしひしと伝わってきます。

あいざき進也「ミッドナイト急行」

作曲は三木たかし です。悪くない。いえ、良い曲ではないですか!しかし、当時は地味な、とういうか大人になったという印象が強かったのではないかと思います。ここで筒美京平だったら面白かったのではないでしょうかねぇ。まぁ、いつまでもアイドルではいられないということですね。
1977年はこの曲を含めシングルとして発売されたのは3枚。1978年は2枚。1979年には1枚となり表舞台から姿を消します。
復活は1992年。驚いたのはあの魅力的な声が変わっていないということです。それは現在でもそうなんですよね。あいざき進也の最大の武器は楽曲ではなく声なんです。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

70年代に安井かずみが作詞を担当した小柳ルミ子の名曲たち

70年代に安井かずみが作詞を担当した小柳ルミ子の名曲たち

70年代、小柳ルミ子はアイドルでした。そして、その当時の安井かずみといえば、アイドルに作詞を提供する超売れっ子。ただ、小柳ルミ子は演歌を歌うんですね。安井かずみと演歌は結びつかない。しかし曲を聴いてみると相性は良かったようですよ。
obladioblada | 554 view
絶対的な美人といえる70年代の夏木マリ。その色気はハンパなしっ!です。

絶対的な美人といえる70年代の夏木マリ。その色気はハンパなしっ!です。

1973年の「絹の靴下」でブレイクした夏木マリは、お色気全開!ハンパないほどエロチックだったのですが、なんと、当時まだ21歳!今振り返ってみると、そのエロさ、美しさは驚異的だなぁと改めて思う次第です。
obladioblada | 9,578 view
70年代のアイドルといえば、森昌子、桜田淳子、山口百恵の3人。花の中三トリオと高三トリオを比べてみました。

70年代のアイドルといえば、森昌子、桜田淳子、山口百恵の3人。花の中三トリオと高三トリオを比べてみました。

花の中三トリオとして華々しい活躍をした森昌子、桜田淳子、山口百恵の3人。その後も高1トリオ、高2トリオと続き、高校卒業時に花の高3トリオをもってトリオとしての活動を解消してしまいますが、3人の活躍は日本の音楽史に大きな足跡を残しました。
obladioblada | 2,610 view
「シェイプUPガールズ」の中島史恵(51)が限界ギリギリの水着姿に挑戦!スリーサイズが変わってないと話題に!!

「シェイプUPガールズ」の中島史恵(51)が限界ギリギリの水着姿に挑戦!スリーサイズが変わってないと話題に!!

かつて「シェイプUPガールズ」としてグラビア界を席巻した中島史恵(51)が、新作DVD「中島史恵 fumie51」の発売を決定しました。発売予定日は5月31日。
隣人速報 | 5,641 view
あの悲劇から33年…平成最後の4月8日、岡田有希子の墓前には今でも多くのファンが訪れていた!!

あの悲劇から33年…平成最後の4月8日、岡田有希子の墓前には今でも多くのファンが訪れていた!!

80年代を代表するアイドルにして、悲劇のヒロインでもある岡田有希子。1986年4月8日に彼女が亡くなってから、今年で実に33年が経過しました。彼女の命日には、今でも墓前に多くのファンが訪れています。
隣人速報 | 12,356 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト