空を駆ける芦毛の逃亡者!セイウンスカイ
2016年11月25日 更新

空を駆ける芦毛の逃亡者!セイウンスカイ

1998年クラシック世代は非常にハイレベルだった。 その中で三強と呼ばれたのがキングヘイロー、スペシャルウィーク そしてセイウンスカイである。 血統は地味、デビュー前の期待は薄かったセイウンスカイだが ハイレベルの世代で二冠を制した力強い逃げ馬だった。

1,918 view

デビューからの連勝

セイウンスカイの父シェリフズスターは西山牧場へ輸入されるも
産駒は全く走らず、セイウンスカイのデビュー前に廃用となっていた。
血統の良くないセイウンスカイはさほど期待をかけられずデビューしたが
新馬戦、ジュニアカップと連勝し、弥生賞でも2着に入ると
主役候補としてクラシックに挑むこととなる。
父シェリフズスター母の父ミルジョージという重厚な血統を...

父シェリフズスター母の父ミルジョージという重厚な血統を持つセイウンスカイはデビューから2連勝を飾る

皐月賞制覇

クラシック第一弾は皐月賞、セイウンスカイがデビューからずっと
走っている中山コースである。人気はスペシャルウィークに譲ったものの
セイウンスカイは積極的な競馬でスペシャルウィークもキングヘイローも
寄せ付けず皐月賞制覇。
サンデーサイレンス産駒もダンシングブレーヴとグッバイヘイローの産駒という
超良血馬を下し、一冠目を制した。
2冠馬セイウンスカイ心臓発作で死す - 競馬ニュース : nikkansports.com (1619552)

1998年4月19日(日) 3回中山8日 第58回 皐月賞(GI) サラ系4歳 2000m 芝・右 牡・牝(指定)オープン 定量 天候:晴 芝:良 1番人気 18番スペシャルウィーク(武豊) 2番人気 3番セイウンスカイ(横山典弘) 3番人気 12番キングヘイロー(福永祐一) レース結果 着差 人気 1着③セイウ...

ライバルの影も踏めず

皐月賞を制したセイウンスカイは日本ダービーに出走する。
皐月賞よりも当然人気を集めると思いきや、スペシャルウィーク、キングヘイローに
次ぐ、3番人気。直線では一度先頭に立つも、スペシャルウィークに並ぶ間もなく交わされ
後続にも差されて4着敗退。二冠制覇はならなかった。

38年ぶりの快挙

秋初戦、セイウンスカイは京都大賞典を選択する。
古馬に交じった一戦、4番人気だったが、天皇賞馬メジロブライトを相手に
逃げ切り勝ち。続く菊花賞はスペシャルウィークに次ぐ2番人気。
レースは常に主導権を握り、結果、後続を寄せ付けず、逃げ切り勝ち。
菊花賞を制した逃げ馬は実に38年ぶりの快挙だった。
古馬に混じっての京都大賞典制覇!!

古馬に混じっての京都大賞典制覇!!

実況:ラジオたんぱ・広瀬伸一アナ(ノーカット) 芝・右・外 2400m サラ系4歳上 オープン (混合)(指定) 別定 晴/良 1 セイウンスカイ 2 メジロブライト 3 シルクジャスティス 4歳馬セイウンスカイが横山典弘とのコンビで大逃げ!緩急をつけた老獪な逃げで古馬を翻弄! 動画も貼れる競馬SNS掲示板 競馬...
菊花賞を逃げ切り勝ち!!

菊花賞を逃げ切り勝ち!!

1998年11月8日(日) 6回京都2日 第59回 菊花賞(GI) サラ系4歳 3000m 芝・右 外 牡・牝(指定)オープン 定量 天候:晴 芝:良 1番人気 17番スペシャルウィーク(武 豊) 2番人気 4番セイウンスカイ(横山典弘) 3番人気 9番キングヘイロー(福永祐一) レース結果 着差 人気 1着④セ...

怪物を前に屈する

世代最強を手にしたセイウンスカイは暮れの有馬記念に出走する。
前走の圧勝、相性の良い中山ということもあり、古馬を抑えて
自身初の1番人気に支持される。しかし、同じ世代のグラスワンダーの前に
なすすべ無く、4着に敗れる。ここで成果を出せず、二冠を制したが、JRA賞は
エルコンドルパサーに譲ってしまう結果となった。

三強対決

年が明けて、セイウンスカイは天皇賞の前哨戦、日経賞を5馬身差で快勝。
天皇賞はスペシャルウィーク、メジロブライトとともに三強対決となる。
菊花賞のように逃げ切れるか、しかし、武豊とスペシャルウィークに徹底的にマークされ
直線ではメジロブライトにも交わされ、3着を死守するのが精一杯だった。
日経賞は楽に制するものの…

日経賞は楽に制するものの…

36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

90年代空前の競馬ブームを作った一人・天才ジョッキー武豊

90年代空前の競馬ブームを作った一人・天才ジョッキー武豊

現在も、有馬記念やに日本ダービーなどビックレースでは、10万人以上の観客を集め、人気が高い競馬。ただ、1990年代は今と比べ物にならないほどブームとなっていました。そのブームを牽引していたのが天才ジョッキーと言われている武豊だ。
yt-united | 53 view
影をも踏ませぬ逃走劇!坂路の申し子『ミホノブルボン』

影をも踏ませぬ逃走劇!坂路の申し子『ミホノブルボン』

戸山調教師のスパルタ調教により『坂路の申し子』として皐月賞、日本ダービーを無敗で制したミホノブルボン。 その衝撃的な逃げ馬の伝説を振り返ります。
taketake | 2,692 view
武豊と言えばディープ??いやいやスペシャルウィーク!!

武豊と言えばディープ??いやいやスペシャルウィーク!!

武豊が騎乗した馬といえば?誰もがディープインパクトと答えてしまいそうだが 武豊に初めてダービーの栄冠をもたらしたのは、スペシャルウィークである。 ディープに勝るとも劣らない彼の実力を戦歴とともに振り返っていきたい
hirokibulk | 3,058 view
昭和期の競馬界で活躍した伝説のジョッキーを特集した『昭和の名騎手』が発売決定!!

昭和期の競馬界で活躍した伝説のジョッキーを特集した『昭和の名騎手』が発売決定!!

三賢社より、昭和期の競馬界で活躍した騎手にスポットを当てた書籍『昭和の名騎手』の発売が決定しました。発売予定日は2020年4月27日。
隣人速報 | 281 view
マイルの皇帝ニホンピロウイナーの最高傑作・ヤマニンゼファー

マイルの皇帝ニホンピロウイナーの最高傑作・ヤマニンゼファー

類稀なる勝負根性でGIを3勝した馬・ヤマニンゼファー。彼の父はマイルの皇帝と呼ばれたニホンピロウイナー。そんな父の最高傑作との呼び声も高いヤマニンゼファーは、それまでGIレースを勝ったことのなかった2人のジョッキーを男にしたことでも知られています。今回はマイルの皇帝ニホンピロウイナーの最高傑作・ヤマニンゼファーをご紹介します。
concorde | 232 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト