ホームランキング 王貞治の1本足打法   Flamingo Style Butting of Homerun King Sadaharu Oh.
2017年3月30日 更新

ホームランキング 王貞治の1本足打法 Flamingo Style Butting of Homerun King Sadaharu Oh.

王貞治の澄んだ瞳と誠実さは尋常ではない。 個性とバカ話が渦巻く野球界にあって、ひと際、異彩を放っている。 しかし単なるお人好しじゃない。 鉄拳制裁や、、道場通い、刀を握っての練習などは、まさに鬼の所業だった。 三振王からホームラン王に、さらに世界の王となった現役時代の王貞治の軌跡を、一本足打法を中心にまとめてみました。

8,100 view

奇策 王シフト誕生

バッキー荒川事件

【最強助っ人】あの王貞治とも仲良しだった!?知る人ぞ知る、本当のバッキー列伝 - Baseball Crix(ベースボールクリックス) (1850259)

阪神のジーン・バッキーから危険球を投げつけられ、王はバッキーに詰め寄った。
そして荒川がバッキーと乱闘。
2人が退場となった。
更に交代した権藤正利の投球が王の頭を直撃。
その後、長嶋が権藤からレフトスタンドに3ランを叩き込んだ。
王は頭部陥没骨折の重傷を負ったが、懸命の治療で大事に至らず、2試合欠場しただけで復帰。
復帰した試合では2本の本塁打を放った。
バッキーは荒川との乱闘で、指を骨折し、投手生命を絶たれた。

プロ野球乱闘伝説

868号

 (1850264)

かつてはベーブ・ルースの通算714号がホームランの世界記録だった。
1974年にハンク・アーロンが、715号を放ち、その記録は引退までに、755本に伸びた。
1977年8月31日、王はアーロンに並ぶ755号を放ち、引退までに、868本まで記録を伸ばした。
1本足打法は、アメリカでは「フラミンゴ打法」といわれた。
1970年の日米野球では1試合2本のホームランを放ち、敬遠さえされた。
1976年には、アメリカのスポーツ雑誌:スポーツ・イラストレイテッドに、日本のプロ野球選手として初めての表紙を飾った。
一方、日本では「世界のホームラン王」だったが、世界では「Japanese homerun king Sadaharu Oh.」といわれ、あくまでも日本のホームラン王だった。
その理由は、日本の球場の狭さにあった。

1974 Sadaharu OH vs Hank Aaron

 (1850265)

868号を放ったバットは、徳光和夫が所有している。
徳光はそのバットが868号を打ったバットとは思わずに、自宅で青竹踏み代わりに使っていた。

鉄拳

 (1849674)

あるとき、試合のため来ていた名古屋の宿舎でのことである。
そのときチームの調子が悪く、選手たちは、自主的に遊びを自粛しようということになった。
だからその夜、外出したのはわずかだった。
堀内恒夫もその中にいた。
堀内は、門限の1、2分前に帰り、玄関で
「俺は門限を破らなかったぞ!」
と大声で言った。
そしてその後、ロビーで長電話を始めた。
現在のようにホテルではなく、3階建ての旅館だったため、堀内の話し声は館内に響いた。
『いい加減にしろ』と、舌打ちや咳払いをする者もいた。
やがて
「俺がいってくる。」
といって立ち上がった先輩を王は止めた。
「いや、私が行ってきます。」
そしてロビーに降りていき、堀内の電話が終わるのを待った。
そして堀内が受話器を置いた途端、胸倉をつかみ、大部屋へ引きずり込み、いきなり殴った。

野村克也

 (1850269)

野村克也と王が偶然、銀座で会って、一緒に飲んでいたとき、王は、
「荒川さんと練習があるから失礼します。」
と帰ろうとした。
引き止めても行ってしまった王をみて野村は思った。
「いつかこいつに抜かれるなあ…」

王貞治&野村克也 試合前挨拶

松井秀喜

 (1850273)

82 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【吉田孝司】一軍ベンチ入り試合数は巨人歴代4位!川上巨人、長嶋巨人の黄金期を支えた名捕手

【吉田孝司】一軍ベンチ入り試合数は巨人歴代4位!川上巨人、長嶋巨人の黄金期を支えた名捕手

第一次長嶋巨人でV2に貢献した正捕手と言ったらこの人、吉田孝司捕手。川上監督のV9時代は、森昌彦捕手の二番手でしたが、その頃から常にベンチ入りし、"一軍ベンチ入り試合数"においては、なんと巨人歴代4位です。引退後も長きにわたり、巨人でバッテリーコーチを務め、チームの躍進に貢献しました。そんな吉田孝司捕手の活躍を振り返ります。
izaiza347 | 327 view
清原和博  愛と笑いと涙の巨人時代

清原和博 愛と笑いと涙の巨人時代

ドラフト会議で裏切られたと感じた巨人への移籍。 合理的でクールな関東の最強球団を関西系の番長が盛り上げた。
RAOH | 6,647 view
清原和博!  甲子園の怪物!! 史上最強のバッター!!!

清原和博! 甲子園の怪物!! 史上最強のバッター!!!

清原和博は、小学3年生で入ったリトルリーグから甲子園まで、野球の記録を破り続けた。
RAOH | 4,141 view
今の巨人にこそ必要?…79年に行われた「地獄の伊東キャンプ」

今の巨人にこそ必要?…79年に行われた「地獄の伊東キャンプ」

1979年秋に行われた読売ジャイアンツの「地獄の伊東キャンプ」。長嶋茂雄監督によって行われた、連日、練習終了と同時に倒れこむほどの過酷過ぎるトレーニングは、当時若手だった江川卓や篠塚和典を鍛え上げ、一流選手へと成長させました。
こじへい | 4,700 view
巨人と台湾のOB選抜戦で、王貞治が「一本足打法」を披露!両軍ナインはベンチ前で整列、球場のファンは総立ち!

巨人と台湾のOB選抜戦で、王貞治が「一本足打法」を披露!両軍ナインはベンチ前で整列、球場のファンは総立ち!

両国のレジェンドが集まった巨人と台湾のOB選抜戦は15-11で巨人OB選抜が逆転勝ちした。試合では”世界のホームラン王”の王貞治氏が1968年の台湾キャンプ以来、48年ぶりに故郷で打席に入り、豪快なスイングを披露した。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト