ジダン【サッカー】の輝かしい栄光と衝撃の引退試合を振り返る!
2020年10月13日 更新

ジダン【サッカー】の輝かしい栄光と衝撃の引退試合を振り返る!

天才の名を欲しいままにしたフランスのジネディーヌ・ジダン。彼の輝かしい栄光の数々を振り返りつつ、世界的に話題となってしまった衝撃の引退試合に起きた事件の真相を振り返ります。

404 view

ジダン【元サッカー選手】のプロフィール

ジネディーヌ・ジダン - Wikipedia (2228227)

ジネディーヌ・ヤジッド・ジダン(一般的にはジダンの名で親しまれる)

生年月日:1972年6月23日
出身地 :フランス マルセイユ
身長  :185cm
利き足 :右足(ただし左足でのプレイも多い)
ポジション:MF(攻撃的ミッドフィルダー、現代サッカーではトップ下とも呼ばれる)

1989年~2006年まで長期に渡り攻撃的ミッドフィルダーで活躍。
愛称はジズーで、そのプレイは多くのファンだけでなく一流選手たちも一目置いていた伝説的プレイヤー。

ジダンの現役時代をまとめて振りかえる

 (2228230)

ジダンは1988年にフランスリーグ(リーグ・アン)のASカンヌでプロデビューを果たしています。

最終的には2006年に着たフランス代表のユニフォームを最後に、現役を引退しましたが

・フランスリーグ(リーグ・アン)
・イタリアリーグ(セリエA)
・スペインリーグ(プリメーラ・ディビジョン)
・フランス代表(W杯)

このように、長い現役生活の中でヨーロッパの一流リーグを股にかけて活躍した選手です。

各時代ごとの成績や評価・エピソードなどを簡単に振り返ってみましょう。

ジダン現役時代~ユースからフランスリーグ時代~

ジダンが初めて所属したサッカークラブは、地元マルセイユのASフォレスタというチームでした。

その後隣町にあるUSサン・タンリへ、翌年11歳の時にはSOセプテーム・レ・ヴァロンへと在籍します。

その後、遠征演習をしていた時にASカンヌのスカウトによってユースへの誘いを受けて、14歳で家族と離れ単身カンヌでユースチームに所属する事になりました。

1988年にASカンヌのトップチームとプロ契約、ここからプロとしての人生を歩み出します。

ASカンヌ時代(1988-1992)

16歳という若さでプロとなったジダンですが、出場機会にはあまり恵まれないプロ生活を3年ほど経験しています。

1990年頃から活躍の場を与えられるようになり頭角を現し始め、ジダンという選手の名がフランス国内で少しずつ認知されていくようになります。

フランスのサッカー紙で「最も才能に恵まれた選手」と評されるなど、徐々に天才がその資質を開花し始めたのがASカンヌ時代だったと言えます。

ボルドー時代(1992-1996)

ASカンヌからボルドーへと移籍したジダンは、守備的MFとして移籍後初シーズンからチームの躍進に貢献。

移籍2年目となる1944年にはフランスリーグの最優秀若手選手にも選ばれています。

ボルドー在籍中に、優勝などの大きな成績は残せなかったものの、その輝きは強豪チームの目に留まることになります。

ジダン現役時代~セリエA時代~

ミシェル・プラティニ

ミシェル・プラティニ

画像はユベントス往年の名プレイヤー「ミシェル・プラティニ」。
セリエAでは強豪の古参クラブとして人気のチーム
1966年にイタリアリーグの古豪「ユヴェントス」へと移籍。

ボルドー時代の活躍が目に留まり、1992年に惜しまれながらも引退したミシェル・プラティニの後継者候補としてジダンの獲得へと踏み切りました。

一流クラブチームへと移籍を果たしたジダンですが、移籍後しばらくは期待に応える事が出来ずチームも低迷してしまいます。

サポーターや専門誌から痛烈な批判を浴び、監督の起用についても疑問視する声が多く挙がりますが、当時ユヴェントスを率いていたマルチェロ氏はジダンを使い続けチームとの融合を図ります。

結果が出始めたのは、ジダンを攻撃的MFに起用した頃から。
これ以降ジダンのポジションは定着する事になっていきます。

移籍当初は、ジダンが加入した年にUEFA連覇を逃した事から不吉の象徴と揶揄される事もありましたが
アレッサンドロ・デル・ピエロ - Wikipedia (2228238)

ファンタジスタと称されるエースストライカー「デル・ピエロ」と
フィリッポ・インザーギ - Wikipedia (2228240)

「点取り屋」のインザーギという2トップと共に機能するようになり、在籍中にユヴェントスを2度のリーグ優勝へと導くなどチームの主軸として活躍するようになっていきます。

ジダン現役時代~スペインリーグ時代~

 (2228243)

2001年、ジダンは新天地スペインリーグへと移籍を果たします。

移籍先はスペインリーグで最も人気があると言っても過言ではない、レアル・マドリードで当時史上最高金額の移籍金(9000万ユーロ)で大きな話題となりました。

ロベルト。カルロス、フィーゴらを擁するレアルにジダンが加入したレアルは当時

「銀河系軍団」

「スーパースター軍団」

などと呼ばれ、余りにもスーパースターを集めすぎる事から批判的な意見が飛び交う程でした。

ジダンの加入は、こうした意見を加速させ【勝って当たり前】という世間のイメージは、大きなプレッシャーとしてジダンを襲います。

移籍当初、ジダンは周囲に「引退したい」と漏らすほど常勝軍団での期待に苦しんでいたようです。

しかし、チームへと徐々に馴染み新しい生活にも慣れてくるとその才能を如何なく発揮していきます。

2002年から2003年にかけて
・リーガエスパニョーラ
・UEFAスーパーカップ
・インターコンチネンタル杯
を総なめにする3冠達成に貢献。

他にもUEFAチャンピオンズリーグ制覇や自身の最優秀選手賞の受賞など、輝かしいレアル黄金期を支えました。

ジダン引退試合~衝撃のアノ事件の真相~

フランス・イタリア・スペインと、サッカーの有名リーグで活躍を果たしてきたジダンですが、ユニフォームを脱いだ最後の試合はW杯でフランス代表選手としてでした。

2006年にドイツで開催されたW杯の決勝戦。

それが、ジダン現役最後となる試合で記憶に残っている方も多い「頭突き事件」が起きてしまった試合でもあります。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

”オフサイドポジションで生まれた男”インザーギ!裏への飛び出しで得点王!

”オフサイドポジションで生まれた男”インザーギ!裏への飛び出しで得点王!

イタリア代表FWであり、ユベントスやACミランで活躍したフィリッポ・インザーギ。弟のシモーネ・インザーギとはイタリア代表で同時出場を果たしている。裏への飛び出しに長けたインザーギの現役時代を振り返る。
ひで語録 | 6,611 view
多彩なパスで魅了したベロン!仏W杯で日本と対戦!ラツィオで活躍!

多彩なパスで魅了したベロン!仏W杯で日本と対戦!ラツィオで活躍!

アルゼンチン代表として3大会に出場したファン・セバスチャン・ベロン。父親も名選手だった。セリエAのパルマ、ラツィオで活躍した。長短織り交ぜたパスで世界中のサッカーファンを魅了し続けた。
ひで語録 | 2,393 view
ACミランでホンダの先輩10番!クロアチアの英雄・ボバン!’98W杯では大活躍!

ACミランでホンダの先輩10番!クロアチアの英雄・ボバン!’98W杯では大活躍!

クロアチア・イモツキ出身のズボニミール・ボバン。キングカズこと三浦知良も所属していた「ディナモ・ザグレブ」でプロデビュー。暴動での暴力行為で出場停止処分を受けるが、ACミランやフランスワールドカップで大活躍した。そんなボバンを特集!!
ひで語録 | 4,275 view
僕らの世代はミランの10番と言えば、本田圭佑ではなく「マヌエル・ルイ・コスタ」だ!!

僕らの世代はミランの10番と言えば、本田圭佑ではなく「マヌエル・ルイ・コスタ」だ!!

「マヌエル・ルイ・コスタ」。 ポルトガル黄金世代の中心人物の一人。また、アイデア豊かなパスで状況を打開したパサーでもありました。セリエAのフィオレンティーナやACミランでも活躍した名選手であり、誠実な人柄も愛される偉大な選手でした。
長友佑都  前進しか知らなかったアスリートが東日本大震災 から学んだ境地「心に余裕をもつこと」

長友佑都 前進しか知らなかったアスリートが東日本大震災 から学んだ境地「心に余裕をもつこと」

抜群のスピード、運動量、1対1で絶対に負けない強さを持ち、「僕から努力をとったら何も残らない 」と語る長友佑都は、インテルという超ビッグクラブに入った。人々は「シンデレラストーリー」と称えた。そしてイタリアで日本で大地震と津波が起きたことを知った長友佑都は、傷ついた人たちを勇気づけられたらと必死にプレーしたが、逆に彼らから人間の強さを学ばされた。その後、インテルでお辞儀パフォーマンスを定着させ、キャプテンにまでなった。
RAOH | 85 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト