爆音ギターをかき鳴らす後期ルースターズ。これがまた初期に負けず劣らずカッコイイんだな。
2018年11月7日 更新

爆音ギターをかき鳴らす後期ルースターズ。これがまた初期に負けず劣らずカッコイイんだな。

メインボーカルが花田裕之に変わってからのルースターズ。初期の大江慎也在籍時に比べると評価が低いように感じますが、いえいえメチャクチャカッコイイんですよ。もう初期とは別のバンドです。爆音、轟音のツインギター。日本の音楽史に刻まれたこの音は、一聴の価値ありありです。

571 view

SOS

バンドにとってボーカリストを失うことは致命的といっていいでしょう。そのボーカリストがコンポーザーでもあったのであれば尚更です。
ルースターズのボーカル大江慎也が脱退するのは1985年3月。大江慎也在籍時、最後となるアルバムは1984年12月21日にリリースされた「φ(PHY)」でした。
φ(PHY)

φ(PHY)

1. VENUS
2. COME ON
3. DOWN DOWN
4. HEAVY WAVY
5. BROKEN HEART
6. FEMME FATALE
7. STREET IN THE DARKNESS
8. MESSAGE FROM.....
9. LAST SOUL
10. MUSIC FROM ORIGINAL MOTION PICTURE “PUNISHMENT”
アルバムタイトルが示すように誰の追随も許さない大傑作アルバム。この時点でのメンバーは、大江慎也 (ボーカル、ギター)、花田裕之 (ボーカル、ギター)、下山淳 (ギター・ベース)、灘友正幸 (ドラムス)、安藤広一 (キーボード)というベーシスト不在の5人編成です。
ベースに柞山一彦が加わるものの、大江慎也、そして安藤広一が立て続けに脱退し、ルースターズは4人組として再始動します。
その最初のシングルが1985年7月21日リリースの「SOS」です。
SOS

SOS

1.SOS
2.SUNDAY
3.OASIS
作曲者でもある花田裕之によるとこの曲は「大江が歌うものとして書いた」のだそうです。急遽メインボーカルとなり花田裕之はさぞかし戸惑ったことでしょう。プレッシャーも感じたことでしょう。
と思いきや、花田裕之曰く「大江はそのうち戻ってくるだろう」ということで軽く考えていたのだとか。こののんびりとした感じ、なんともルースターズ的です。

The Roosterz - SOS

なんにせよ、花田裕之がメインボーカルとなる新生ルースターズは不安定な船出を余儀なくされたのでした。

NEON BOY

結局、大江慎也が戻ってくることはなく、花田裕之と下山淳の二頭体制となったルースターズ最初のアルバム「NEON BOY」が1985年9月21日にリリースされます。
NEON BOY

NEON BOY

1.ネオンボーイ
2.ストレンジャー・イン・タウン
3.UNEPETITE HISTOIRE
4.ハーレム・ノクターン
5.OUT LAND
6.あの娘はミステリー
7. DON'T YOU CRY
8.Lブ・Sイート・Dリーム
9.マイ・ファニー・フェイス
10.白日夢
ジャケット酷過ぎないか?!と思わず突っ込みたくなるほどの悪ふざけが印象的なこのアルバム。下山淳によると「以前のメンバーを想定したアルバムだったので無理があった」ということになります。
なるほど、確かにしっくりこない感じではありますね。前作の「φ(PHY)」が統一感のある素晴らしい作品だっただけに尚更ですね。しかし、シングルとなった「Stranger In Town」などハッとする曲もあります。

THE ROOSTERZ / Stranger In Town

しかし、これじゃイカン!と思ったのでしょうね。次作で方向転換し、一気にルースターズのイメージを塗り替え、新生ルースターズのサウンドを確立するのでした。

KAMINARI

「φ(PHY)」というアルバムは本当に素晴らしく、誰にも真似のできないものでした。そして、1986年11月1日にリリースされた「KAMINARI」、これがまた大傑作。とても同じバンドの作品とは思えませんが、どちらも孤高のバンドと呼ぶにふさわしい作品です。
KAMINARI

KAMINARI

1. OH! MY GOD
2. CRIMINAL ROCK
3. CRAZY ROMANCE
4. PRECIOUS
5. WARM JETTY
6. BLUE NIGHT
7. GIRL
8. NO NO NO
9. SEARCHIN’
10. DARK CRISTAL
このアルバムを一言で表現すると「爆音」でしょう。花田裕之と下山淳のギターバトル!骨太です。ぶっといです。何故これほどまでに音楽性を変えることが出来るんだ?!と不思議に思えますが、そこが、そうルースターズなんですよね。

NO NO NO / THE ROOSTERZ

「KAMINARI」からはシングルカットされていなんですよね。この年、シングルはナシ。勢いからして出して良かったんでしょうけどねぇ。結局、ブレイクするチャンスを逃してしまうことに。。。
しかし、まぁ、それでもルースターズは心に残るバンドへと成長していくのでした。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ルースターズの初代ボーカリストだった大江慎也。脱退後のソロワークがこれだぁ!

ルースターズの初代ボーカリストだった大江慎也。脱退後のソロワークがこれだぁ!

今でもカリスマ的な人気を誇るルースターズ。ボーカルだった大江慎也のソロアルバムは大きな期待を持って迎え入れられましたが、多くの人たちの感想は「歌が異常なほどヘタ」というものでした。そして、その歌に中毒を起こしたのです。
obladioblada | 922 view
音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第2弾!まるでカセットテープのような「J-POP BEST  女性アーティスト編」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第2弾!まるでカセットテープのような「J-POP BEST 女性アーティスト編」をご紹介!

音楽配信サイト「AWA」の公式プレイリスターの「マツドデラックス」こと「山本圭亮」がお送りする「まるでカセットテープのような」シリーズ!それを皆様に聴いて欲しいのでこんな企画をやっちゃったわ!どうかアクセスして聴いて頂戴ね!
根底に流れるRock'n Roll魂!明大教授、堀田秀吾先生のロックな半生。

根底に流れるRock'n Roll魂!明大教授、堀田秀吾先生のロックな半生。

好奇心、行動力。突き詰める情熱。言葉にするとなんだか説教じみたワードもこの人が話すと笑いと驚きをもって聴き入ってしまう。明治大学法学部教授、堀田秀吾先生。一言でいうならば「異端児な教授」しかしながらその多連続なスピード感溢れる半生は、聴く者を魅了する力に溢れています。
オールナイトフジの初代司会者として知られる鳥越マリは、歌も歌っておりました。

オールナイトフジの初代司会者として知られる鳥越マリは、歌も歌っておりました。

オールナイトフジの司会者。その後は女優へと転身する鳥越マリですが、その間に歌手としても活動していました。愛くるしい笑顔に成熟したナイスバディ。そりゃぁ、もう、オジサマ達をとりこにしたものです。
obladioblada | 1,687 view
日本の矢沢から世界のYAZAWAへ。世界に挑み続けた80年代の矢沢永吉。

日本の矢沢から世界のYAZAWAへ。世界に挑み続けた80年代の矢沢永吉。

80年代初頭、日本では向かうところ敵なしで絶頂だった矢沢永吉。次に彼が目指したのはアメリカ進出でしたが、それは思いのほか険しいものでした。世界に挑んだ戦いの歴史。それを刻みこんだ4枚のアルバムがこれです。
obladioblada | 3,198 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト