動乱の1968年、ポスト・ビートルズを虎視眈々と狙って異色に満ちたグループが結成される。イエスもその最大の一つ
2016年10月26日 更新

動乱の1968年、ポスト・ビートルズを虎視眈々と狙って異色に満ちたグループが結成される。イエスもその最大の一つ

世界的な学生動乱期にあたる1968年は、ビートルズの晩年期にあたり、「ポスト・ビートルズ」を目指して、英国では非常に多くのバンドが独自のサウンドを創りだし競争をしていた。 イエスはメンバーの出入りも多く、アンダーソンを中心に置いたセッションバンドである色彩が強い。同業プログレのキング・クリムゾンが、オーナー=ロバート・フィリップをコアにしたバンドで、アルバムごとに、面子が入れ替わったのと同じように。

1,503 view

イエスの誕生から黄金期まで

イエス誕生

イエスのファースト・アルバム

イエスのファースト・アルバム

1968年、ウォーリアーズというバンドでボーカルをやっていたアンダーソンが、ベースのクリス・スクワイアに、ギターのピーター・バンクスとキーボードのトニー・ケイが加わったところに、ドラムスのビル・ブラッフォードが合流して、イエスが産声を挙げた。
幸運なことは、1968年の秋、当時のイギリスツアーをキャンセルしたスライ・アンド・ファミリー・ストーンの空きを丸々埋めてイギリス国内の各クラブに出演できたことがあげられる。
加えて当時のロック・スーパー・トリオのクリーム解散コンサートの前座を務めたことも幸いした。おかげでイエスの知名度とその独特なサウンド造りは有名になり、メジャーの米アトランティックレコード社と契約。
セカンドアルバム;時間と言葉

セカンドアルバム;時間と言葉

出典 wmg.jp

黄金時代に向けた豪華メンバーの集結

ウェイクマン/スクワイア/ハウ//ブラッフォード/アンダーソン

イエスのスーパーメンバー

イエスのスーパーメンバー

1970年には、ギターのスティーブ・ハウが、また続いて1971年には、キーボードのリック・ウェイクマンが参入。そして同年に名作でかつ大ヒット曲「ラウンナ・バウト」が収録されている「こわれもの-Fragile」が発売された。
ついで翌1972年にはイエス代表作との評価を受ける「危機-Close eo the Edge」がリリースされる。1971年から1972年はバンドとしても充実しており、2回のイギリスツアーや全米ツアーが敢行され、「サード・アルバム」と「こわれもの」が米国において「ゴールド・ディスク」を受賞した。
こわれもの-Hragile

こわれもの-Hragile

イエス Roundabout

危機-Closeto the Edge

危機-Closeto the Edge

イエス黄金期のメンバーもここまで

1972年に「危機」の録音終了直後、看板ドラムスのビル・ブラッフォードがキング・クリムゾンに突如加入した。「プログレッシブ・ロック4天王」感での電撃移籍で、当時は大きな話題を提供した。
因みに、当のキング・クリムゾンもメンバーの出入りが激しく、ブラッフォードは、キング・クリムゾンのオーナにしてギターでリーダーのロバート・フィリップにくわえ、ベースでボーカルのジョン・ウェットンなどと「暗黒の世界」や「RED」を生んだ。
イエスのドラムス=ブラッフォードはキングクリムゾンの名...

イエスのドラムス=ブラッフォードはキングクリムゾンの名作に参入

出典 omp-s.com

大作志向の果てに

海洋地形学の物語

海洋地形学の物語

1972年の「危機」は、LP1枚でわずか3曲という構成だったが、1973年のコンセプトアルバム「海洋地形学の物語」は、LP2枚たった4曲というイエスの大作主義の象徴的ともいえる存在である。1曲が25分から30分。
しかもこの「海洋地形学はの物語」は、リーダー=アンダーソンが当時傾倒しいたヒンズー教の書籍からヒントを得た、一種宗教的神秘主義の影響も見てとれる。この志向に嫌気がさしたウェイクマンが1974年に脱退した。

英国での人気上昇

リレイヤー ツアー

リレイヤー ツアー

51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

革新的な音楽と共に幻想的なアルバム・ジャケットが魅力のイエス

革新的な音楽と共に幻想的なアルバム・ジャケットが魅力のイエス

革新的な音楽スタイルで一世を風靡したイエス。時代とともにその音楽は変化してきましたが、今なお変わらないのがアルバムジャケット等を担当するロジャー・ディーンのアートワークです。今では音楽よりもアルバム・ジャケットの方が楽しみなくらいです。
obladioblada | 1,237 view
高校時代に嗚咽涙した「エピタフ」は、キングクリムゾンのデビューアルバムから

高校時代に嗚咽涙した「エピタフ」は、キングクリムゾンのデビューアルバムから

キング・クリムゾンは、ELPやイエス、ピンク・フロイドとならんで「プログレッシブ四天王」の一角を形成。 結成から半世紀が経とうとしているが一貫してオリジナルメンバーはギタリストのロバート・フィリップただ一人。 つまり実は、ロバート・フィリップがオーナーの前衛ロック・セッション・バンドが正体ではないか。
Leon | 3,969 view
80年代の幕開けを華々しく飾ったバンド、バグルス。

80年代の幕開けを華々しく飾ったバンド、バグルス。

大ヒット曲「ラジオ・スターの悲劇」で知られるバグルス。この曲を聴くと80年代の華やかなイメージが蘇ります。音楽にも日本経済にも勢いがあった華々し80年代を思い出すにピッタリのバグルスをご紹介します。
obladioblada | 2,291 view
とっつきにくく小難しいプログレをポップに昇華!エイジア(Asia)が1980年代にもたらした意識改革とは??

とっつきにくく小難しいプログレをポップに昇華!エイジア(Asia)が1980年代にもたらした意識改革とは??

1970年代に一時代を築いたイギリスのプログレッシブ・ロック。 その重鎮バンドであった、イエスやキングクリムゾン、ELPなどのメンバーであった面々が集まって結成当初から「スーパーバンド」として、1982年に音楽シーンに颯爽と現れたのがエイジア(Asia)です。 今もまだ活動を続ける彼らですが、その1980年代当時の活躍を振り返り、彼らが後の音楽シーンに与えた影響や意義などを考察していきたいと思います。
tenpuo4 | 2,635 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト