ファンクを多くの人に知ってもらいたい!とにかく聴いてもらえませんか?!
2020年1月30日 更新

ファンクを多くの人に知ってもらいたい!とにかく聴いてもらえませんか?!

確立されたのは70年代。今なお聴かれ続けているファンク。とは言え、ファンクってよく分からないって方が多いように思えます。そこでこれ。ファンクを知るにはとにかく聴くしかありません。

2,017 view

ファンク

ファンクって何だかわかりますか?ブラック・ミュージックのジャンルだろ?と答えたそこのあなた、そう、あなたにお聞きしたい。それ説明できます?どのような音楽をファンクと呼ぶのでしょう?ファンク・ミュージックといっても幅広いですし、それなりに歴史もありますからねぇ。なかなか説明しづらいのではないでしょうか?しかし、ファンクと呼ばれている音楽を聴くことは容易にできます。ファンク初心者の方に、ぜひ聴いて理解していただきたいと思います。

ファンクと言う言葉は、もともとスラングで「匂い」を表していたといいます。音楽的にはファンクが誕生する以前にファンキー・ジャズ (ソウル・ジャズ)として使われていました。カーティス・フラーの「ファイブ・スポット・アフター・ダーク」などはその代表です。
ブルースエット/カーティス・フラー

ブルースエット/カーティス・フラー

1. ファイブ・スポット・アフター・ダーク
2. アンディサイデッド
3. ブルースエット
4. マイナー・バンプ
5. ラヴ・ユア・スペル・イズ・エヴリホエア
6. 12インチ

1959年5月21日録音
ではファンクはいつ誰の手によって生まれたのか?これに関しては正確なところは分かっていません。一般的にはジェームス・ブラウンによって、その原型が形成されたとされています。そのジェームス・ブラウンによる最初のファンク・ナンバーが1964年の「アウト・オブ・サイト」です。

James Brown performs and dances to "Out of Sight" on the TAMI Show (Live)

ジェームス・ブラウンをよく知らない方、もしくはこの映像を見たことのない方は「な、な、なんだ、これは!」と腰を抜かされたことでしょう。私も腰が抜けました。ある意味、これは正しい反応かもしれません。つまり、ファンクは腰にくる!

それでは、比較的馴染みやすいと思われる70年代のファンクをご紹介します。

スライ&ザ・ファミリー・ストーン

ジェームス・ブラウンの「アウト・オブ・サイト」には多くのミュージシャンがインスパイアされました。中でもブルース・ミュージシャンに大きな影響を与え、「ファンク・ブルース」なる言葉が生まれています。代表的なのはローウェル・フルソンの「トランプ」で、この曲は、ファンク・ブルースの初期の傑作とされています。
トランプ/ローウェル・フルソン

トランプ/ローウェル・フルソン

1. Tramp
2. I’m Sinkin’
3. Get Your Game Up Tight
4. Back Door Key
5. Two Way Wishing
6. Lonely Day
7. Black Nights
8. Year Of 29
9. No Hard Feeling
10. Hustler’s Game
11. Goin’ Home
12. Pico

1967年発売
「トランプ」良いジャケットですねぇ。ローウェル・フルソン、良い笑顔です。

ファンキー・ジャズ に続いてファンク・ブルースなる言葉が出てきましたが、さてさて実際どのような特徴を持った音楽をファンク・ミュージックと呼ぶのでしょう?よく言われるのが、1拍目を強調した16ビートのリズムにフレーズの反復を多用した曲構成であるとか、シンコペーションのリフを奏でるギターで装飾され、オルガンのフィルとホーンが加えられているとかなんとか。これって、何のことやら分からんですよね?そう、こんな時には実際に聴いてみるに限ります。
誰を聴くかといいますと、それはもう、スライ&ザ・ファミリー・ストーンです。
スライ&ザ・ファミリー・ストーン

スライ&ザ・ファミリー・ストーン

スライ・ストーン(ヴォーカル・キーボード・ハーモニカ)
フレディ・ストーン(ヴォーカル・ギター)
ローズ・ストーン(ヴォーカル・キーボード)
シンシア・ロビンソン(ヴォーカル・トランペット)
ラリー・グラハム(ヴォーカル・ベース)
ジェリー・マルティーニ(サックス)
グレッグ・エリコ(ドラム)
スライ&ザ・ファミリー・ストーンがファースト・アルバム「新しい世界」をリリースしたのは1967年。が、ヒットには至らず、商業的に成功するのは1968年2月にリリースされたシングル「ダンス・トゥ・ザ・ミュージック」からです。
60年代後半から70年代前半までファンクと言えばスライ・ストーン率いるスライ&ザ・ファミリー・ストーン。もうファンクの代名詞のような存在ですね。いえ、ファンクの枠をこえたスターか。彼らはファンクにロック的な要素を取り入れ進化させました。メンバーには白人もいました。こうしたことによって、彼らの音楽は幅広く受け入れられるようになったんですね。
そんな彼らの代表曲は、1969年12月にリリースされ全米1位となったシングル「サンキュー」です。

Sly & The Family Stone Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin) HQ Audio

スライ&ザ・ファミリー・ストーンの全盛期とよべるのは僅か3~4年。この間に多くのヒット曲を放ちました。巨大な才能を持ちながら何故短い期間だったかといえば、そう、ご多分に漏れずスライ・ストーンのドラッグです。
しかし、それでも天才は違うんですね。ドラッグでヘロヘロでありながらも1971年11月には「暴動」という歴史的名盤を残しています。
暴動/スライ&ザ・ファミリー・ストーン

暴動/スライ&ザ・ファミリー・ストーン

1. ラヴン・ヘイト
2. 子供のように
3. ポエット
4. ファミリー・アフェア
5. アフリカは君に語りかける(アスファルト・ジャングル)
6. 暴動 (Mono)
7. ブレイヴ&ストロング
8. スマイリン
9. タイム
10. スペース・カウボーイ
11. ランニン・アウェイ
12. サンキュー・フォー・トーキン・トゥ・ミー、アフリカ
「暴動」の後、1973年6月に「フレッシュ」というこれまた素晴らしいアルバムをリリースしますが、スライ&ザ・ファミリー・ストーンが輝きを放ったのはここまで。時代は動きます。

Pファンク

日本でファンクと聞いて多くの人が思い浮かべる曲は、もしかするとジェームス・ブラウンの「セックス・マシーン」ではないでしょうか?この曲がリリースされたのが1970年。バックを務めたのはJBズで、そのメンバーにブーツィ・コリンズ(ベース)とキャットフィッシュ・コリンズ(ギター)がいました。
で、この二人、JBズ脱退後、ジョージ・クリントンのPファンクに合流することになります。時は1972年。参加したアルバムは「アメリカ・イーツ・イッツ・ヤング」です。
アメリカ・イーツ・イッツ・ヤング/ファンカデリック

アメリカ・イーツ・イッツ・ヤング/ファンカデリック

1. You Hit the Nail on the Head
2. If You Don’t Like the Effects, Don’t Produce the Cause
3. Everybody Is Going to Make It This Time
4. Joyful Process
5. We Hurt Too
6. Loose Booty
7. Philmore
8. I Call My Baby Pussycat
9. America Eats Its Young
10. Biological Speculation
11. That Was My Girl
12. Balance
13. Miss Lucifer’s Love
14. Wake Up
70年代のファンクを語る上で欠かすことのできないのがジョージ・クリントンとPファンクです。ん?Pファンク?ファンクじゃないの?と、訳がわからないですよね。えぇ、Pファンクって何かといいますと、ジョージ・クリントンが率いたパーラメントとファンカデリックという2組のバンドのことをいいます。またはこれらのバンドに参加したメンバーたちによる音楽ジャンルでもあります。
ファンクの代表的なミュージシャンであるブーツィ・コリンズとキャットフィッシュ・コリンズが参加したのはファンカデリックの方で、ロック色を強く打ち出しています。
「アメリカ・イーツ・イッツ・ヤング」リリース後、ブーツィ・コリンズはPファンクからいったん離れ、1974年に戻った際にはパーラメントのアルバム「アップ・フォー・ザ・ダウン・ストローク」に参加します。
42 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

昭和「仮面ライダー」シリーズ。第1期、その後半!

昭和「仮面ライダー」シリーズ。第1期、その後半!

昭和時代に放送された仮面ライダーシリーズは一般に第1期~第3期に分けられています。今回は昭和の第1期の後半、仮面ライダーX、仮面ライダーアマゾン、仮面ライダーストロンガーをご紹介します。改めて見ると、仮面ライダーって、やっぱり面白いですよ。
obladioblada | 7,471 view
【五十嵐夕紀】 アイドル文化黎明期・正統派アイドル「五十嵐夕紀」  なぜ引退したの?現在は?

【五十嵐夕紀】 アイドル文化黎明期・正統派アイドル「五十嵐夕紀」  なぜ引退したの?現在は?

アイドル文化が始まった70年代、テレビで毎日のように新しいアイドルが紹介される時代でした。 その中でも全国民が物真似をし、テレビで見ない日が無いくらい爆発的な人気を誇るピンクレディーは皆さんの記憶にも「懐かしい」のではないかと思います。 しかし、光が当たれば色濃くなる陰もあるように、実力はあるがブレイクしなかったアイドルも大勢いました。 今回はルックス歌唱力ともに評判の高かった「五十嵐夕紀」さんについてまとめてみました。
萌2020 | 1,018 view
生き方に憧れる人多し!の高田渡。音楽的絶頂期を飾る70年代のアルバムがこれです。

生き方に憧れる人多し!の高田渡。音楽的絶頂期を飾る70年代のアルバムがこれです。

近年、高田渡の生き方に憧れている人が多くいますね。その高田渡の音楽的な絶頂期は70年代。個性の強い曲ばかりですが、生き方同様に一度聴くと耳に残って忘れられなくなる優しい曲ばかりなんですよ。
obladioblada | 319 view
70年代の代表的なドラマシリーズといえば、それはもう「赤いシリーズ」でしょうよ。

70年代の代表的なドラマシリーズといえば、それはもう「赤いシリーズ」でしょうよ。

70年代のテレビドラマに、忘れようにも忘れられないシリーズがあります。通称「赤いシリーズ」。山口百恵を主演させ、山口百恵と三浦友和を共演させ、山口百恵と三浦友和を結婚させた、あのドラマシリーズですよ。
obladioblada | 928 view
70年代のブルース・スプリングスティーン。売れなかった頃でも魂は常に熱く正しかったのです。

70年代のブルース・スプリングスティーン。売れなかった頃でも魂は常に熱く正しかったのです。

デビュー当時、全く売れなかったブルース・スプリングスティーンは苦悩していた。もっとも世界的なスターとなってからも苦悩の連続。苦悩の人、ブルース・スプリングスティーンなわけですが、売れなくて苦悩していた頃にスポットを当ててみます。
obladioblada | 506 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト