“ナスターシャ・キンスキーの背中”目当てでもいいが、結局は、『パリ、テキサス』はすべての人の物語なのだ。
2016年7月19日 更新

“ナスターシャ・キンスキーの背中”目当てでもいいが、結局は、『パリ、テキサス』はすべての人の物語なのだ。

別に入口はなんだっていい。“ナスターシャ・キンスキーの背中”目当てでもいいし、ライ・クーダーのギターに魅せられるのでもいい。ヴィム・ヴェンダースの最高傑作だからもう一度観ておこう、みたいな感じでもいい。結局は、さまざまな愛の再生の物語に心が引き取られ、落ち着かされ、なだめられていく。年齢を重ねたからこそ感じられる発見もある。僕らはいつ主人公トラヴィスのように生きることになってもおかしくない、と気づく。いい意味でも悪い意味でも。

3,331 view

『パリ、テキサス』とは?

ロードムービーの最高傑作と言われる『パリ、テキサス』は、1984年に制作された西ドイツ・フランス合作映画だ。監督はヴィム・ヴェンダース。脚本にサム・シェパードとL・M・キット・カーソン。原作はサム・シェパードのエッセイ『モーテル・クロニクルズ』。音楽はライ・クーダー。出演にはハリー・ディーン・スタントン、ナスターシャ・キンスキー。第37回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞している。

ヴィム・ヴェンダースがこの映画で描いているのは、ハリウッド的な過剰な愛ではない。肩を強く抱いて多くの愛の言葉を語ってみせる、わかりやすいだけのものではないのだ。背中にそっと手を添えるか添えないか、それでいて愛がどんなものだったかに気づかせてくれるような、そんな物語を描いている。兄弟愛、夫婦愛、親子愛、さまざまな愛の再生を、アメリカの街や風景を独特な間合いで切り取りながら表現した。
 (1711199)

タイトルは、主人公トラヴィスが “心” に抱き続けている場所、「テキサス州パリス」のことをさす。

<ストーリー>

テキサスの荒涼とした砂漠を彷徨う男トラヴィス。ポリタンクの水を飲みほし、水を求めて砂漠沿いの店に入るが力尽き倒れてしまう。トラヴィスの弟ウォルトが連絡を受け、引き取りに向かう。だが、目を離すと逃げ出そうとするトラヴィスをたしなめながら、ウォルトは妻アンと引き取っていたトラヴィスの息子のいるロサンゼルスへ車を走らせる。

トラヴィスは初めは何もしゃべろうとしない。ただ、「パリ、テキサス」という、自分がかつて買った土地のことを話す。テキサスの荒地で、父と母が初めて愛を交わした場所だと。

トラヴィスはウォルトの家で息子のハンターと再会する。ある日、ウォルトの妻のアンがヒューストンにいるトラヴィスの妻ジェーンからハンターに送金があると告げられる。トラヴィスは中古車を買い、ハンターと一緒にヒューストンへ向かうのだった・・・。
 (1705654)

主人公トラヴィスの視線はどこに向いてるのだろうか・・・。
 (1705661)

そして、彼はどこに向かおうとしているのか。
 (1705659)

彼の目に “生きる” ことへの希望はないように見える。
 (1711200)

街や風景の切り取り方はピカイチ。美しく切ない日常がそこにある。
 (1705655)

息子ハンターを演じているのは、脚本のキット・カーソンの息子、ハンター・カーソン。ハンターの存在が、トラヴィスだけでなく、映画を観る人間すべての希望のように思う。
 (1705669)

この二人の関係がなんとも良いのである。
 (1705666)

トラヴィスは、マジックミラー越しに妻ジェーンに過去の過ちとその愛を語る。ジェーンからトラヴィスの姿は見えない。触れることもできず、お互いの想いだけに寄り添う愛のシーンはどこまでも切ない。

では、超印象的なオープニングシーンを。今すぐなにかを脱ぎ捨てたくなります。ライ・クーダ―の音楽も素敵すぎる。

ああ、ナスターシャ・キンスキーの背中・・・。

ナスターシャ・キンスキーである。美しいのである。そして、その背中。観る価値大なのである。というわけで、ヴィム・ヴェンダース・コーナーの前に登場。旧西ドイツ、ベルリン生まれ。13歳でヴィム・ヴェンダースに見出され、『まわり道』に出演。1979年、ロマン・ポランスキー監督の『テス』でゴールデングローブ賞新人女優賞を受賞。80年代から90年代にかけてとくに印象的な活躍をした。『キャット・ピープル』『ワン・フロム・ザ・ハート』『溝の中の月』『時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!』『ターミナル・ベロシティ』などに出演している。
 (1705657)

こんなふうに振り返られ、笑顔を見せられたら、イチコロだ(死語・・・)。
 (1710899)

妖しい魅力・・・。
 (1705658)

少し乱れた髪と鏡に映る感じがさらに妖しい。またも背中が・・・。
 (1711220)

どんな表情でもひたすら美しいのである。

いよいよ、次ページよりヴィム・ヴェンダース・コーナーに!

52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

選定者はミドル世代?フランスの新聞「ル・モンド」が選んだ「日本の傑作漫画20選」の年代が偏っていると話題に!!

選定者はミドル世代?フランスの新聞「ル・モンド」が選んだ「日本の傑作漫画20選」の年代が偏っていると話題に!!

フランスの夕刊紙「ル・モンド」が、パリで開催されたジャパンエキスポ 2019にて「日本の傑作漫画20選」を選定しました。その20作品の年代が「70年代から90年代に偏っている」と話題になっています。
隣人速報 | 2,384 view
70年代のミッシェル・ポルナレフは日本独自の売られ方をしていたんですよねぇ。

70年代のミッシェル・ポルナレフは日本独自の売られ方をしていたんですよねぇ。

母国では今でも国民的歌手として人気の高いミッシェル・ポルナレフ。日本でも70年代は絶大な人気を誇っていたのですが、日本とフランスでは受け入れられ方が違い、違う曲がヒットしていました。日本オリジナルのジャケットやタイトル曲で本国とは少し違うイメージ作りをして、それが成功したんですね。
obladioblada | 1,400 view
東西ドイツの国境にあった!?「ベルリンの壁」がどこにあったのか、勘違いしている人が意外に多いと話題に!!

東西ドイツの国境にあった!?「ベルリンの壁」がどこにあったのか、勘違いしている人が意外に多いと話題に!!

ドイツにかつて存在した「ベルリンの壁」。ミドルエッジ世代であればリアルタイムで壁が崩壊する様子をテレビで見ていた方も多いと思います。しかし「ベルリンの壁がどこにあったのか?」正確な位置がわかる方が意外に少ないことが今ネットで話題となっています。
隣人速報 | 9,662 view
日本人ブンデスリーガー第1号・奥寺康彦の凄さをおさらいしてみよう!

日本人ブンデスリーガー第1号・奥寺康彦の凄さをおさらいしてみよう!

1977年に、名将ヘネス・バイスバイラー監督に見いだされ、25歳でドイツ・ブンデスリーガ1部・FCケルンに入団した奥寺康彦。入団1年目でリーグ・カップ戦の優勝に貢献し、2年目にはUEFAチャンピオンズリーグの前身・チャンピオンズカップ準決勝で値千金のゴールを決めるなど、その目覚ましい活躍ぶりを紹介します。
こじへい | 1,527 view
映画「パリのめぐり逢い」自由の国フランスの三角関係を学びましょう。

映画「パリのめぐり逢い」自由の国フランスの三角関係を学びましょう。

浮気症の夫と妻、不倫をする若い女性のストーリーです。1967年に発表された古い映画ですが、単なる三角関係に終わらないところが、自由の国フランスの映画です。原題の意味は、生きるために生きる。登場人物それそれの生き方や人生の課題への取り組み方を学びましょう。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト