【大相撲】横綱二人が大関を兼任!?過去に一度だけあった!大関不在の珍しい番付
2022年10月26日 更新

【大相撲】横綱二人が大関を兼任!?過去に一度だけあった!大関不在の珍しい番付

大相撲の番付では、三役(大関・関脇・小結)は、各2名以上いる決まりになっています。ところが、関脇・小結なら調整可能ですが、大関の場合、2名に満たないことがあります。かつては、大関が0名だった非常事態も!?そんな時、番付はどうなるのでしょうか?

6,055 view

番付のルール

大相撲の番付には、定員があります。幕内力士全体では42名、大関・関脇・小結に至っては、最低2名以上置くという決まりになっています。ところが、関脇・小結は問題ないものの、大関は2名に満たないケースがあり、そのままでは番付のルールに反することに。そこで例外的に用意されているのが、"横綱大関" という兼任の地位です。一人大関や大関不在の場合に、横綱が大関を兼任し、番付上で "横綱大関" と名乗るというものです。

横綱大関は、年6場所制になった1958年以降、13場所で発生。記憶に新しいところでは、2020年3月場所に貴景勝が一人大関となり、横綱・鶴竜が横綱大関を名乗りました。これは、1982年1月場所に北の湖が横綱大関になって以来、38年ぶりの出来事です。

そして、今回紹介する超レアケースが1981年9月場所。なんと、一人大関の千代の富士が横綱に昇進したことで、大関不在になってしまったのです。その時の番付はどうなったのでしょうか?前後の推移から、詳しく見てみましょう。
番付表の一例

番付表の一例

めまぐるしい大関の入れ替わり

1979年9月場所から1982年3月場所にかけての2年半、大関がめまぐるしく入れ替わりました。この短期間であった入れ替わりは次の通り。

・新大関になった力士:4名(増位山、千代の富士、琴風、隆の里)
・大関で引退した力士:3名(旭國、貴ノ花、増位山)
・横綱に昇進した力士:1名(千代の富士)


その推移を時系列で見てみましょう。

◆1979年9月場所

大関2名:貴ノ花、旭國

旭國は、三重ノ海との対戦で負傷し、右肩関節挫傷のため途中休場。再起困難と判断し、現役を引退しました。これで、翌場所から貴ノ花の一人大関です。

◆1979年11月場所〜1980年1月場所

大関1名:貴ノ花

1975年1月場所以来一人大関で、前回の一人大関も貴ノ花でした。
大関は2名以上の在位が必要なため、番付に "横綱大関" が登場します。
1979年11月場所の横綱大関は三重ノ海、
1980年1月場所の横綱大関は若乃花でした。
場所後に、増位山大関に昇進。翌場所から二人大関に戻ります。

◆1980年3月場所〜1981年1月場所

大関2名:貴ノ花、増位山

二人大関にはなったものの、史上最高齢で大関になった増位山は、昇進後いきなり怪我で休場。貴ノ花は限界説が囁かれ、いつ一人大関になっても不思議のない状況でした。

そして、1980年11月場所、貴ノ花は、大関候補の千代の富士に一方的に敗れ、ついに引退を決意。翌1981年1月場所、ちょうど大関在位50場所を迎えた場所の7日目に現役を引退しました。皮肉にも同じ場所、関脇・千代の富士が優勝し、大関昇進を決めています。

◆1981年3月場所

大関2名:増位山、千代の富士

貴ノ花の引退、千代の富士の昇進で一人大関は免れたものの、今度は、増位山が左ヒジ痛の悪化により、5日目で現役を引退します。二場所続けての大関引退。千代の富士は昇進して早々、一人大関となってしまいます。

◆1981年5月場所〜1981年7月場所

大関1名:千代の富士

前年に続き二年連続で、一人大関が発生。
1981年5月場所、7月場所いずれも、横綱大関は若乃花でした。

千代の富士は、大関昇進後も好調で、1981年7月場所は二度目の優勝大関はわずか3場所で通過し、横綱昇進を決めます。ところが、一人大関が横綱に昇進する一方、新たな大関昇進はなし。翌場所はついに、大関不在の場所となってしまいます。

◆1981年9月場所

大関0名:(不在)

年6場所制になって以降初めてとなる、大関不在の場所です。
この場所については、詳しく後述します。
場所後に、琴風大関に昇進。翌場所から一人大関に戻ります。

◆1981年11月場所〜1982年1月場所

大関1名:琴風

琴風は、大関昇進早々、一人大関となります。
翌年まで続き、これで一人大関は三年連続で発生。
1981年11月場所、1982年1月場所いずれも横綱大関は北の湖でした。
場所後に、隆の里大関に昇進。翌場所から二人大関に戻ります。

◆1982年3月場所

32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

98年以降、長らく日本出身”最後の横綱”だった若乃花!実は横綱昇進の口上で引退を表明するつもりだった!

98年以降、長らく日本出身”最後の横綱”だった若乃花!実は横綱昇進の口上で引退を表明するつもりだった!

2017年1月25日、大関・稀勢の里が横綱昇進を決定させた。19年ぶりの日本出身力士の横綱誕生となったが、20世紀最後の日本出身横綱は若貴ブームで有名な若乃花だった。また、稀勢の里が2016年に年間最多勝を獲得するまで、日本出身力士としては若乃花が最後に受賞していた。
ひで語録 | 12,993 view
【元小結・大潮】通算出場1891番!40歳まで現役を続けた驚異のレコードホルダー!

【元小結・大潮】通算出場1891番!40歳まで現役を続けた驚異のレコードホルダー!

大相撲の記録というと、優勝回数やスピード昇進が注目されがちですが、現役力士として "長く" 活躍した実績もまた同等以上の記録と言えるでしょう。その第一人者が、今回紹介する大潮。40歳まで現役を続け、数多の歴代1位を記録しています。そんな大潮の "スゴい記録" を振り返ります。
izaiza347 | 366 view
【11勝4敗で優勝!?】過去に本当にあった!史上最も勝ち星の少ない幕内優勝

【11勝4敗で優勝!?】過去に本当にあった!史上最も勝ち星の少ない幕内優勝

大相撲の幕内優勝というと、15戦全勝、14勝1敗、13勝2敗あたりの勝敗が多く、12勝3敗になると少し勝ち星が少ない印象があります。ところが、過去にはもっと少ない "11勝4敗" で優勝した力士がいました。1場所15日制が定着した1949年以降に三度だけあった、珍しい場所を振り返ってみましょう。
izaiza347 | 1,884 view
実現しなかった千代の富士の「プロレス転向」!大日本プロレスのエース抜擢計画!

実現しなかった千代の富士の「プロレス転向」!大日本プロレスのエース抜擢計画!

漫画原作者の梶原一騎が自ら出資者となり設立を計画していたプロレス団体「大日本プロレス」。エース候補として、当時相撲界の人気力士だった高見山と千代の富士に白羽の矢が立ったというのが定説となっています。しかし、団体の設立目前で頓挫し、実現は叶ませんでした...。
大相撲・元大関『貴ノ浪』ホテルで倒れお亡くなりに、死因・結婚・子供等、総まとめ!!

大相撲・元大関『貴ノ浪』ホテルで倒れお亡くなりに、死因・結婚・子供等、総まとめ!!

平成の名大関と言われた大相撲力士の貴ノ浪さん。引退後も音羽山親方として活躍され期待されていたのですが、2015年6月20日に大阪市内のホテルの一室でお亡くなりになりました。そんな貴ノ浪(音羽山親方)さんをまとめてみました。
ギャング | 44,985 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト