母と仔が築いた夢!アドマイヤベガ
2016年11月25日 更新

母と仔が築いた夢!アドマイヤベガ

アドマイヤベガは二冠牝馬ベガの初年度産駒であり、日本ダービーを制した名馬である。 しかしながら、その道のりは決して平坦ではなかった。 そんなアドマイヤベガの生涯を追っていきたい。

1,465 view

超良血馬

アドマイヤベガの父は言わずと知れたサンデーサイレンス。母は二冠牝馬ベガと
日本競馬史上が誇る最高の血統と言っても過言では無かった。しかしながら
母同様生まれながらに脚が曲がっているなど難点も見えた。
父は言わずと知れたサンデーサイレンス

父は言わずと知れたサンデーサイレンス

母は二冠牝馬ベガ

母は二冠牝馬ベガ

衝撃のデビュー

アドマイヤベガのデビューは2歳の秋、血統もあってか、圧倒的一番人気
それに応え、快勝するのだが、直線、斜行し、4着降着
しかし、アドマイヤベガは次走を未勝利戦ではなく、条件戦のエリカ賞を選択
ここを快勝すると重賞のラジオたんぱ杯も勝利、実質3戦3勝とし
来年のクラシックの主役の一頭となるのであった。
TURF☆DUST: すばらしき名馬達 96~ (1615361)

1998年第6回京都1日目3R 3歳新馬 芝1600 天候晴 芝良 1着 マヤノマタドール 四位 1:35.5

ライバル登場

アドマイヤベガの3歳初戦は弥生賞、ここでも一番人気に支持されるが
ナリタトップロードを交わすことができず、2着敗退。
初めてゴール板を先に譲ることとなった。
続く皐月賞も一番人気に支持されるが、体調不良も重なり
6着敗退。勝ったテイエムオペラオー、3着のナリタトップロードとともに
この後のクラシック戦線を盛り上げていくのであった。
テイエムオペラオーとナリタトップロード

テイエムオペラオーとナリタトップロード

出典 moogry.com

母仔クラシック制覇

続く日本ダービーは人気をナリタトップロードに譲る形となり
アドマイヤベガは2番人気での出走となる。
レースは先に抜け出すテイエムオペラオー、それを捕らえるナリタトップロードを
さらに差し切る形でアドマイヤベガはゴール板を先頭で駆け抜ける。
母ベガがオークスを制してから6年、同じ府中の舞台で息子のアドマイヤベガが
栄冠を手にした瞬間であった。
三強が凌ぎを削った日本ダービー

三強が凌ぎを削った日本ダービー

早すぎる引退

ダービーを制したアドマイヤベガは夏は休養にあて、秋は京都新聞杯から始動する。
人気はナリタトップロードに譲ったものの、勝ったのはアドマイヤベガ
クラシック最後の菊花賞制覇に向け、最高のスタートを切った。
菊花賞では一番人気に支持をされる。しかし、ここでは6着敗退と結果を出せなかった。
この後、休養に入るが、結局、故障し、引退。約1年の競走成績となり
早すぎる引退をファンは惜しんだ。
第60回 菊花賞 (1615365)

種牡馬入り

アドマイヤベガはテイエムドラゴンやメルシーモンサンといった二頭の
障害G1馬を出し、またキストゥヘヴン、ブルーメンブラッドといった
平地のG1馬も出した。しかしながら、8歳の若さで亡くなってしまい
父のようのダービーを制覇する馬は現れなかった。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

競馬界のレジェンド・武豊に初めてのGI勝利をもたらした馬、スーパークリーク

競馬界のレジェンド・武豊に初めてのGI勝利をもたらした馬、スーパークリーク

通算勝利数は4100を超え、GI勝利も地方・海外含め100勝以上挙げている競馬界の生ける伝説・武豊。そんな彼に初めてのGI勝利をもたらした馬がスーパークリークです。天才・武豊が初めて惚れ込み、誰にも渡したくないとまで言った馬。今回は1980年代後半に巻き起こった第二次競馬ブームを牽引した馬・スーパークリークをご紹介します。
concorde | 257 view
颯爽と風のようにターフを駆け抜けたマイルの女王!ノースフライト

颯爽と風のようにターフを駆け抜けたマイルの女王!ノースフライト

みなさんは「ノースフライト」という牝馬をご存知だろうか?彼女の競争生活はわずか1年半。クラシック戦線の真っ只中にひっそりとデビューし、颯爽とターフを駆け抜けたマイルの女王。今回はそんなマイルの女王・ノースフライトをご紹介したいと思います。
concorde | 299 view
GI6勝の武幸四郎騎手が引退。兄・豊とは史上初の「最多勝利新人騎手」を兄弟で受賞!

GI6勝の武幸四郎騎手が引退。兄・豊とは史上初の「最多勝利新人騎手」を兄弟で受賞!

日本中央競馬会(JRA)は、調教師4人、騎手2人が引退すると発表した。その中には武豊騎手(47歳)の弟でGI6勝を挙げた武幸四郎騎手(38)=栗東・フリー=もおり、武は今月末で引退する。
20世紀最後の大スター「オグリキャップ」地方でも中央でも燦燦と輝いた芦毛の怪物!!

20世紀最後の大スター「オグリキャップ」地方でも中央でも燦燦と輝いた芦毛の怪物!!

地方での圧倒的強さをもって中央へ飛躍。ハイセイコー以来の超人気馬として競馬界に君臨し、熱狂的な競馬ブームを巻き起こしたサラブレッド、「オグリキャップ」を振り返る
ナベゲン | 9,048 view
長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

大井競馬場でデビュー後、4歳まで地方で競走馬生活を送り、5歳になってやっと中央入り、その後GⅠ制覇を果たし、オグリキャップ・スーパークリークとともに「平成3強」と呼ばれるまでになった「イナリワン」を振り返る。
ナベゲン | 2,679 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト