芦毛伝説を継ぐ名優!メジロマックイーン
2016年11月25日 更新

芦毛伝説を継ぐ名優!メジロマックイーン

1990年、中央競馬を賑わせたオグリキャップが引退した。しかし、その年の菊花賞で新たな芦毛のスターが誕生した。 それがメジロマックイーンである。親子三代天皇賞馬という偉業も達成した彼の軌跡を追いたい。

4,932 view

メジロ牧場の至宝

祖父メジロアサマ、父メジロティターンはともに天皇賞馬
メジロマックイーンはメジロの血を受け継ぐ、まさにメジロ牧場の
至宝と言って良い存在であった。
祖父メジロアサマ

祖父メジロアサマ

父メジロティターン

父メジロティターン

菊花賞制覇まで

メジロマックイーンと言えば典型的な上がり馬である。
春は思うような成績を残せず惜敗続き、夏の北海道で勝ち星を重ねると
3000メートルの条件戦嵐山ステークスで2着に入る。
賞金的に出走は微妙となったが、回避馬も出て、菊花賞に出走すると
4番人気ながらも勝利をおさめる。同期のメジロライアンが人気を集めていた
だけに、メジロはメジロでもマックイーンの方だと言われた。
マックイーンで菊制覇、内田浩一騎手引退 - 競馬ニュース : nikkansports.com (1625719)

親子三代天皇賞馬の偉業を達成

メジロマックイーンは休み明け、年明け初戦の阪神大賞典を
快勝すると、最大の目標である天皇賞春に出走する。
圧倒的人気に応え、勝利し、親子三代天皇賞馬の偉業を達成した。
メジロマックイーンMeijro Mcqueen 「その2 王道編」: TURF☆DUST (1625716)

メジロマックイーン : 【競馬】馬名(名前)の意味由来を調べてみると意外と面白かった!! - NAVER まとめ (1625722)

1991年4月28日 京都 芝3200m メジロマックイーン 牡4 3:18.8 武豊

同じメジロに屈する

メジロマックイーンの同期と言えば、同じメジロのメジロライアンである。
実力はマックイーン、人気はライアンと言われていた。
次走の宝塚記念では、今まで負かしてきたメジロライアンに敗れ2着。
春をG1連勝で飾ることはできなかった。
メジロライアンと横山典弘:日刊競馬珍道中:So-netブログ (1626069)

史上初の屈辱

秋の京都大賞典を快勝すると天皇賞春秋制覇を目指し
メジロマックイーンは天皇賞秋に出走する。メンバーも小粒で
圧倒的人気に応え、5馬身差の圧勝。春秋連覇を成し遂げた。
しかし、まさかの1コーナーでの斜行により、18着降着。
天皇賞春秋制覇は幻となった。

90年代前期の競馬界を大いに盛り上げてくれた千両役者、メジロマックイーンの空前絶後の大立ち回り。 天才武豊も彼の前では主演男優マックイーンを引き立てる脇役にすぎなかったのか!? 当日の臨場感を今に伝える「スーパー競馬」実況中継+深夜のスポーツニュース(パトロールビデオ付き)

噛み合わない歯車

メジロマックイーンは次走はジャパンカップに出走。しかし人気に
応えることができず、4着敗退。グランプリの有馬記念は
ブービー人気のダイユウサクに差し切られ2着に敗れる。
結果、秋はG1レースを勝利することができなかった。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【東京5戦5勝】実は安定して強かったプレクラスニーと江田照男の名コンビ

【東京5戦5勝】実は安定して強かったプレクラスニーと江田照男の名コンビ

メジロマックイーンが降着した時の天皇賞馬、として語られることの多いプレクラスニー。実は、15戦7勝、2着3回、東京コース5戦5勝、GI、GII、GIII各1勝ずつと、安定感抜群の強い馬でした。江田照男が主戦騎手になってからは、特に力を発揮しています。そんな実力馬の足跡を振り返ります。
izaiza347 | 79 view
昭和・平成の競馬ブームの立役者である競走馬たち

昭和・平成の競馬ブームの立役者である競走馬たち

1970年代に起こった第一次競馬ブームと1980年代に起こった第二次競馬ブームの立役者となった競走馬たちを集めてみました。
皇帝の息子は帝王!トウカイテイオー

皇帝の息子は帝王!トウカイテイオー

トウカイテイオーはシンボリルドルフの代表産駒である。 皇帝ルドルフの子が帝王というネーミングとは裏腹にシンボリルドルフの絶対的な強さに比べ、トウカイテイオーは強さと脆さ両方持ち合わせていた。しかし、それがまた彼の人気を高める要因でもあった。
hirokibulk | 30,125 view
武豊と言えばディープ??いやいやスペシャルウィーク!!

武豊と言えばディープ??いやいやスペシャルウィーク!!

武豊が騎乗した馬といえば?誰もがディープインパクトと答えてしまいそうだが 武豊に初めてダービーの栄冠をもたらしたのは、スペシャルウィークである。 ディープに勝るとも劣らない彼の実力を戦歴とともに振り返っていきたい
hirokibulk | 6,118 view
【逆三冠馬!?】ナリタブライアン三冠の裏の記録がすごかった!サムソンビッグ

【逆三冠馬!?】ナリタブライアン三冠の裏の記録がすごかった!サムソンビッグ

ナリタブライアンのクラシック三冠で盛り上がった1994年。実はその裏で、逆三冠馬(最下位の三冠馬)になれそうだった競走馬がいたことはあまり知られていません。皐月賞ブービー、ダービー最下位、菊花賞最下位。最低人気で重賞を勝ってしまったこともある競走馬。その馬こそサムソンビッグです。
izaiza347 | 101 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト